日産 エルグランド のみんなの質問

回答受付終了
回答数:
4
4
閲覧数:
414
0

なぜスバルレヴォーグは375Nmという高トルクをCVTでしっかりと受け止められるのですか?

361Nmの日産エルグランドと比べるとわかりやすいですが、エルグランドは滑っている感じがあり、ATにしないのが謎ですね。トヨタも低トルクではCVTを盛んに採用していますが、高トルクでは滑らないようにするためかATにしています。一般的にCVTは高トルクが苦手ですが、レヴォーグは高トルクで滑っていませんよね?なぜでしょう?

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。

回答一覧 (4件)

  • https://www.youtube.com/watch?v=3vAkHwVM-l0

    https://www.youtube.com/watch?v=banEZRizmCU

  • スバルのリニアトロニックCVTは他社が採用している金属ベルトではなくドイツのルーク社製金属チェーンを採用しています。金属チェーンのメリットは伝達効率が高く滑りが発生し難い、耐久性が高く高出力にも対応できます。デメリットはコストが高いのと金属ベルトに比べると音が発生します。
    先代レヴォーグやS4では400N・m出てますが問題なく受け止めています。高出力向けスポーツリニアトロニックは3モードの切り替えができ、siドライブシステムでi(インテリジェント)/s(スポーツ)/s#(スポーツシャープ)と切り替えることが出来ます。iは穏やかに加速し、s#は鋭く吹け上がります。CVTの制御はiとsはオートでマニュアルモードにすると6速になります、s#にすると8速ステップ制御になります。初代レヴォーグとS4にはマニュアルに載ってない裏モード(ローンチモード)が搭載されてました。

  • そのミッションはスバルではCVTとは言わず、スバルパフォーマンストランスミッションと呼んでいます。
    という訳で、それなりの作りだからだと思います。

  • スバルのレヴォーグが高トルクでもCVTで滑らない理由は、スバルが開発した「高トルク対応CVT」を採用しているからです。このCVTは、チェーンの接触面積を増やすことでトルク伝達能力を向上させています。また、油圧制御を最適化することで、滑りを抑制しています。

    一方、日産のエルグランドやトヨタの車種が高トルクでCVTを採用しない理由は、CVTの特性上、高トルクに対応するためには特殊な設計や制御が必要となり、それがコストアップにつながるからです。そのため、高トルク車種では伝統的なATを採用することが多いです。

    ただし、これは一般的な傾向であり、各メーカーの技術力や設計方針により異なります。

    ※この回答はOpenAIのGPT-4で作成されており、最新の情報や完全な正確性等を保証するものではありません。

    ※この回答はOpenAIのGPT-4で作成されており、最新の情報や完全な正確性等を保証するものではありません。

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の
「自動車」カテゴリとデータを共有しています。

あわせて知りたい

日産 エルグランド 新型・現行モデル

査定を依頼する

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!
愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離

※ 掲載しているすべての情報について保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格のため、掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。詳細は、メーカーまたは取扱販売店にてお問い合わせください。

ログイン

中古車探しをもっと便利に

  • 中古車お気に入り管理
  • おすすめ中古車の表示

日産 エルグランドのみんなの質問ランキング

あなたにおすすめのサービス

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離