日産 シーマ のみんなの質問

解決済み
回答数:
1
1
閲覧数:
16,043
0

日産 50シーマの見分け方

シーマの前期・中期・後期(XL/XV/VIP)の見分け方についてお聞きしたいです。
外観だけで見分ける方法はありますか?
気づいたのは、ヘッドライトのアクティブAFSの部分、リアテールの長さ、グリル

また、内装での違いはどのようになるのでしょうか?
ビルドインETC、クルーズコントロール、オットマン機構など。

中古車情報サイトなどを見ても、見た目は中期のXVでもETCが付いてたり付いてなかったりとバラバラです。

どなたかわかる方、ご回答よろしくお願いします。

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。

ベストアンサーに選ばれた回答

F50、前期型4.5XVに乗っています。私も購入前は沢山調べて検討を重ねましたので、参考になれば。
先ず、外装について。
中期型以降にはヘッドライトにアクティブAFSが装着され、フロントグリルの
線が細く、多くなっています。また、17インチ純正アルミのデザインが変わっています。後期(現行)型になると全長が5mを超え、フロントグリルとリアテールのデザインが変わり、フロントフォグランプが標準装備となります。その中でグレードの判別は純正アルミが17インチがXV、それ以外は16インチが標準でデザインも異なります。

次に内装の違いです。
中期型以降、集中コントロールスイッチにクロームの追加、ATコントロールの部分のデザインの質感が良くなり、センターコンソールの収納量が大きくなっています。
ビルトインETC→中期型までオプション、後期型のみ標準
クルーズコントロール→前期型はVIP、XVのみオプション、中期型以降はVIP、XVに標準でXLはオプション
オットマン→基本VIPには装着されません。前期は途中の一部改良でVIP以外には装備されています。中期以降も標準です。

細かなことはまだまだ沢山ありますが、大まかに言えることは、中期と後期は外装の違いが殆どで、ETCの標準、本革車検証、スクラッチシールドが内装面での違いでしょうか。前期型は年式によって一部改良前、後によって、またグレードによって違いが多いですので注意してください。
あとは、ご質問者様が何処を重視するかです。

質問者からのお礼コメント

2010.3.2 23:46

わかりやすい説明ありがとうございました!

前期・中期・後期とオプションや標準装備などで変わってくるんですね。
ありがとうございました!

その他の回答 (0件)

その他の回答はまだありません

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の
「自動車」カテゴリとデータを共有しています。
日産 シーマ 新型・現行モデル

日産 シーマのみんなの質問ランキング