三菱 パジェロ 「国民的クロカン」の専門家レビュー ※掲載内容は執筆日時点の情報です。

伊藤 梓
伊藤 梓
自動車ジャーナリスト
評価

4

デザイン
4
走行性能
4
乗り心地
4
積載性
5
燃費
3
価格
4

国民的クロカン

2021.9.30

年式
2006年10月〜モデル
総評
日本のクロカン代表として愛されてきたパジェロ。生産は終了してしまったが、いまだにオフロードをしっかり走れる走行性能やウィンタースポーツ、アウトドアなど、アクティブなシーンで輝く1台。古さは感じるが、それがまた良い味になって、家族や友人と過ごす時間にさらに思い出を作ってくれそうなモデルだ。
満足している点
古き良きクロカンを現代でもっとも楽しめるモデル。悪路走破性は折り紙付きで、シートや荷室が上手く使えるように工夫されていて、アウトドアやアクティビティをたっぷり楽しめそうな「わくわく」が詰まっている。
不満な点
プラットフォームやディーゼルエンジンがやや古いため、走行性能や静粛性、トルク感などでは、どうしても近年のモデルには劣ってしまう。それを気にせず、パジェロの良さをしっかり理解できている人であれば、そういったところも愛せるモデルになるはず。
デザイン

4

クルマ好きからそうでない人まで、これだけ名前が知れ渡ったクロカンはパジェロくらいかもしれない。デザインは、昔ながらの無骨なクロカンをそのまま体現したようなスタイルを貫いていて、ある意味ホッとする。すでに生産は終了しているが、ファイナルエディションにはスカッフプレートにはシリアルナンバーなどが刻まれて、少し豪華な仕様になっている。
走行性能

4

プラットフォーム が20年以上変わっていないこともあり、乗ってみると「古い!」と口にしてしまうほど、クルマの振る舞いが近代のクルマとは違って懐かしい感じがする。でも、それがいい。ふんわりふんわり浮き上がるような足取りで、ディーゼルエンジンは踏み込んでもなかなかパワーが出なくてやきもきするが、少しネジが外れたようなそのゆとりが、運転する人を楽しくさせる。
乗り心地

4

サスペンションがよく動くこともあって、ふわふわしていて乗り心地は良い。足回りがただ柔らかいだけなのかと思ったが、高速道路などでの直進安定性も高く、思いのほか運転がしやすいので、乗り心地と走行性能のバランスがよく取れているモデルだと思う。
積載性

5

パジェロには、5人乗りと7人乗りモデルがある。3列シートを必要のない時に折りたためば、荷室はしっかりフラットに使えるし、2列目シートも跳ね上げてもっと荷室を広くすることもできる。家族でも使いやすいし、アウトドアなどアクティブな遊びにもしっかり使えそうなモデルだ。
燃費

3

実用燃費は、10km/L前後。燃費は良くないが、悪路走破性の高い4輪駆動システムを搭載していたり、ディーゼルエンジンなので燃料代は少しお得だったりと、利点もあることをお忘れなきよう。
価格

4

もう販売されていないが、新車の車両価格は約430万円前後。プラットフォームなどに古さは感じるが、サイズ感や悪路走破性、使い勝手など、全てひっくるめてこれだけ個性が強い日本のクロカンはほとんどない。ライバルであるトヨタのランドクルーザーと比較すると、パジェロは昔懐かしいモデル感はあるが、価格では圧倒的に安い。
伊藤 梓
伊藤 梓
自動車ジャーナリスト
クルマ好きが高じて、グラフィックデザイナーからカーグラフィックの編集者へと転身。より幅広くクルマの魅力を伝えるため、2018年に独立してフリーランスに。現在は自動車ライターのほか、イラストレーターとしても活動中。パーソナリティを務めた経験を活かし、自動車関係の動画やトークショーなどにも出演している。
三菱 パジェロ 新型・現行モデル