新車価格(税込)

2575.03427.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

530.01590.0万円

中古車を検索

グレード情報Sクラス

マイナーチェンジ一覧2件2017年8月〜マイナーチェンジ Sクラス

所有者データSクラス

  • グレード所有ランキング上位3位

    1. メルセデスAMG S63 4マチック+ ロング_LHD_4WD(AT_4.0)
    2. メルセデスAMG S63 ロング_RHD(AT_4.0)
    3. S63 ロング_RHD(AT_5.5)
  • 人気の駆動方式

    AWD
    全輪駆動
    FF
    前輪駆動
    FR
    後輪駆動
    MR
    後輪駆動(ミッドシップエンジン)
    RR
    後輪駆動(リアエンジン)
    AWD
    44.8%
  • 男女比

    男性
    90.6%
    女性
    6.2%

    その他 3.1%

  • 人気の乗車人数

  • 居住エリア

    1. 関東地方 48.3%
    2. 近畿地方 16.1%
    3. 九州・沖縄地方 12.9%
  • 年代

  • 年収

車両データと所有者データの数値はマイカーデータとPayPayカードのデータのデータを集計したもの。無回答を除く。

中古車相場 Sクラス

平均値を表示しています。

Sクラス

Sクラスの中古車平均本体価格

1081.0万円

平均走行距離31,344km

買取情報Sクラス

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!
愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

あなたの愛車、今いくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

このクルマについて Sクラス

2017年8月

■2017年8月
メルセデス・ベンツ日本は、「メルセデス・ベンツSクラス」を2017年8月9日にマイナーチェンジ、同年9月上旬より順次納車を開始する(S560ロング、S600ロング、メルセデスAMG S63ロング、メルセデスAMG S65ロングは同年12月頃の納車を予定)。

今回のマイナーチェンジでは内外装をリニューアルするとともに、安全性と快適性、効率性を高める「インテリジェントドライブ」の機能を進化、通信機能(テレマティクスサービス)によって利便性を向上させる「メルセデスミーコネクト」の導入、新開発パワートレインの導入などが行われた。

エクステリアはメルセデスのフラッグシップサルーンとしての威厳はそのままに、フロントデザインは光ファイバーによる3本のラインが特徴的なヘッドライト、全車ツインルーバーとなったフロントグリル、ワイドなエアインテークを採用。リヤは「クリスタルルック」を採用したLEDリヤコンビランプ、左右のエクゾーストエンドを結ぶクロームトリムが採用され、新しさを印象づけるデザインとした

インテリアでは大型の「コクピットディスプレイ」、タッチコントロールボタン付きのマルチファンクションステアリング、カラーがゆっくりと変化し続けるマルチカラーアニメーションを搭載したアンビエントライト(64色)を装着。新たにシルクベージュのシートに3種のサブカラー(チタニウムグレーパール、ディープシーブルー、サテンレッド)を備え、全5種のインテリアトリムとのコンビネーションから選択可能な「designoスタイルパッケージ」を新たにオプション設定した。

複合的なセンサーシステムで高度な安全性能をもたらす「インテリジェントドライブ」は機能の強化と新機能の設定が行われている。「アクティブディスタンスアシスト・ディストロニック」には自動発進機能が備わり、高速道路では自動停止した際に30秒以内に先行車が発進した際にはドライバーがアクセルを踏まなくても自動で再発進する(一般道は3秒以内)。また、高速道路走行時にアクティブステアリングアシストが起動している際、ドライバーがウインカーを点滅させると自動で車線を変更する「アクティブレーンチェンジングアシスト」、ドライバーが一定時間ステアリング操作を行わない場合、警告灯と警報音でステアリングを握るように促し、何の操作も行われない場合は緩やかに減速して停止する「アクティブエマージェンシーストップアシスト」、歩行者などとの衝突の危険を察知するとドライバーのステアリング操作をアシストし、回避後の車線復帰もサポートする「緊急回避補助システム」、カメラが制限速度などの標識を読み取り、制限速度を超えた際に警告音を出して注意を促す「トラフィックサインアシスト」などの新機能が追加された。

先進的なテレマティクスサービス「メルセデスミーコネクト」は、「安心安全サービス」、「快適サービス」、「おもてなしサービス」の3つで構成されている。

「安心安全サービス」は事故検知時または車内の通報ボタンでコールセンターが消防に連絡。また、故障時などにもBコールボタンを押すことでツーリングサポートセンターと連絡を取ることができる。いずれも24時間の通報サービスだ。「快適サービス」はスマートフォンの操作でリモートドアロック&アンロック、駐車した場所の検索、運転手が車外から車両の車庫入れ&車庫出しを行うことが可能。「おもてなしサービス」は専門のオペレーターがナビゲーションの目的地設定、レストランやホテルなどの検索&予約などを行う24時間コンシェルジュサービス(2017年8月14日サービス開始予定)だ。

ラインアップは3.0リッターV6直噴ツインターボを搭載する「S400」、気筒休止機構を備えた新型4.0リッターV8直噴ツインターボの「S560ロング/S560ロング4マチック」、6.0リッターV12気筒エンジンを搭載した「S600ロング」、さらに「AMGシリンダーマネジメント」を採用した新型V8直噴ツインターボを搭載した「メルセデスAMG S63ロング/メルセデスAMG S63 4マチック+ロング」、V12エンジン搭載のトップパフォーマンスモデル「メルセデスAMG S65ロング」を設定する。

※ 掲載しているすべての情報について保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格のため、掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。詳細は、メーカーまたは取扱販売店にてお問い合わせください。