新車価格(税込)

1542.01999.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

1228.01848.0万円

中古車を検索

グレード情報EQS SUV

歴代モデル1件EQS SUV

中古車相場 EQS SUV

平均値を表示しています。

EQS SUV

EQS SUVの中古車平均本体価格

1465.0万円

平均走行距離2,634km

買取情報EQS SUV

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!
愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

あなたの愛車、今いくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

このクルマについて EQS SUV

2023年5月

■2023年5月
メルセデス・ベンツ日本は、ラグジュアリーSUV電気自動車(EV)の新型となる「EQS SUV」を2023年5月29日に発売した。

今回発売された「EQS SUV」は、すでに発売されている「EQS」と同様に、メルセデス・ベンツが長年培ってきたラグジュアリーと快適性の理想を実現したと謳うEVだ。新たにEV専用のプラットフォームを設計・開発しただけではなく、内外装に機能性とデザイン性を兼ね備えた装備をあしらっている。

エクステリアデザインは、「センシュアルピュリティ(官能的純粋)」をコンセプトに、ライトバンドでつながっている左右のヘッドライトと、ディープブラックのフロントグリルによって、EQシリーズならではのフロントフェイスを形成。デイタイムランニングライトは、EQSが 3つの光の点となっているのに対して、EQS SUVでは3つの小さな三角形となっているのが特徴。また、バックライト付きの光モジュールの表面構造も特徴だ。ブラックパネルユニットは外観上のデザインに加えて、裏側に備わる超音波センサーやカメラ、レーダーなど、運転支援システムのさまざまなセンサーのカバーとしての機能性も備えている。

インテリアデザインにもEQSと同様のモチーフでまとめられ、EQS450 4マチック SUVにオプション、EQS580 4マチック SUV スポーツに標準で設定されるMBUX ハイパースクリーンは、3枚の高精細パネル(コックピットディスプレイや有機ELメディアディスプレイ、有機EL フロントディスプレイ[助手席])とダッシュボード全体を1枚のガラスで覆うワイドスクリーンで構成。そのまわりを細いシルバーのフレームやエアアウトレットを組み込んだルーバー状のトリムなどが囲んでいる。エアアウトレットはジェットエンジンのタービンを模したデザインで、複雑な形状を持つタービンブレードは、エアコンの空気を効率よく配分する。センターコンソールの前部はダッシュボードにつながり、下側は宙に浮いたような構造となっている。なおMBUX ハイパースクリーン非装着時のEQS450 4マチック SUVのセンターコンソールはデザインが若干異なり、ウッドトリムが装着される。また、すべてのシートにヒーターを内蔵。2列目シートは電動スライド機能を標準装備していて、バックレストは40:20:40分割可倒式となっている。

サスペンションはフロントに4 リンク式、リアにマルチリンク式を採用。また、連続可変ダンピングシステム ADS+とエアサスペンションを組み合わせたAIRMATIC を標準装備している。

パワートレーンには「eATS」と名付けられた電気駆動システムを採用。電動パワートレーンは前後アクスルに搭載され、電気モーターにはともに永久磁石同期モーター(PSM)を採用した。EQS450 4マチック SUVの最高出力は360PS(265kW)、最大トルクは800Nmを発生して、WLTCモードでの一充電走行距離は593Km。もう一方のEQS580 4マチック SUV スポーツの最高出力は 544PS(400kW)、最大トルクは858Nmで、WLTCモードでの一充電走行距離は589Kmと公表されている。

安全装備・運転支援システムも充実しており、ステレオマルチパーパスカメラとレーダーセンサーの働きにより周囲の交通状況を的確に把握して乗員をサポートするアクティブディスタンスアシスト・ディストロニック (再発進機能付)やアクティブステアリングアシストなどを装備。さらに、渋滞時緊急ブレーキ機能やアクティブレーンチェンジングアシスト、アクティブエマージェンシーストップアシスト、アクティブブレーキアシスト(歩行者/飛び出し/右折時対向車検知機能付)、 ドライブアウェイアシスト、 メモリーパーキングアシストなどを標準で備えている。

※ 掲載しているすべての情報について保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格のため、掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。詳細は、メーカーまたは取扱販売店にてお問い合わせください。