現在位置: carview! > カタログ > マツダ > MAZDA6 セダン > レビュー・評価一覧 > アテンザも変わりました

マツダ MAZDA6 セダン 「アテンザも変わりました」のレビュー

かずまる6 かずまる6さん

マツダ MAZDA6 セダン

グレード:XD プロアクティブ(AT_2.2) 2019年式

乗車形式:マイカー

評価

5

走行性能
-
乗り心地
-
燃費
-
デザイン
-
積載性
-
価格
-

アテンザも変わりました

2020.3.1

総評
購入にあたっては様々なクルマを検討しました。嫁がSUV嫌い(座った際に足が下に降りるクルマは我慢できないそうで・・・)なので、CX-5は無しとなり、セダン・ハッチバックから選んだ結果のMazda6には満足しています。
デザインは個人的に現行の車で最も気に入っており、乗り降りする度に嬉しくなってしまいます。
取り回しには気を遣いますが、フラットな路面を滑るように走る乗り味がとても好きです。
しかし、乗り心地は相応に固いので、この種の高級セダンを求める層はマッチしないかもしれませんね。我が家は(嫁は)、カムリハイブリッドではふわふわして酔う、というちょっと珍しい感覚なので、このサスはベストマッチなのですが。
それから・・・Mazda3の外への音漏れの少なさは驚きましたが、Mazda6はそれには及びません。オーディオを一人でやや爆音で聞くことが好きな私としては、第7世代のクォリティが羨ましいです。
GG、GHもとても好きで乗り倒してきましたが、車格等は大幅に変わったものの、良いクルマだと思います。
満足している点
スタイル。GJの中期のデザインもとても好きで、何て格好いいクルマかと思っていたが、後期のグリルとデザインは自分的にそれを上回りました。
高速安定性は素晴らしく、相当な速度(自主規制)を出しても不安感が無い。
ディーゼルのパワーと燃費は特筆もので、この大型車としては満足以上。
不満な点
デカい。決して取り回しが苦手なほうではないと思っている(アルファードくらいなら苦でもない)が、それでも狭い道、すれ違いにはものすごく気を遣うようになった。この車を購入するにあたり、Mazda3のXと迷ったが、Mazda3は車格がベストなものの後席が狭く長距離移動には少々使いにくい。消去法込みでこの6になったが、室内空間は確保できたものの、5mに迫る全長は自分の使い方には必須ではなかった。マツダさん、昔のGGやGHのようなスタイルとユーティリティ、大きさを両立できる車を検討してください。
デザイン

-

走行性能

-

ディーゼルのパワーは私には充分以上です。高速巡行性能は言わずもがなです。サスが固めなので、高速カーブやワインディングでもぐらつくことなく走ります。Gベクタリングコントロール+の効果は、自分には分かりづらいですね。
乗り心地

-

固い。GJは前から固い固い言われているので、何とか改善しようと努力していることは伝わるが、他のこのクラスのセダンと比べたら何事かと思う突き上げでしょうね。欧州車はどうなんでしょうか?乗ったことが無いので分かりません。
ちなみに我が家では、この固さを愛していますが。
静粛性は相当です。高速走行時でもディーゼルであることは全く意識させません。
特筆すべき点ですが、マツダはシートが良いです。長距離でも疲れません。嫁が許可を出した数少ないシートです(嫁がOKとしたのは、他にはアウディのRSシートだけです。勘弁して)。
積載性

-

セダンにしては良いと思います。ゴルフはしないですが、75ℓのスーツケースと、50ℓのスーツケースが余裕で乗って、更にスペースがあるトランクです。
燃費

-

巷で聞かれる燃費に比較して、あんまりよくないですね。街乗り14.2km/ℓ程度です。
でも軽油が安いので、2000ccのくせに8.5程度しか走らなかったGHセダンと比べたら、倍以上の燃費換算ですが。
価格

-

故障経験
買ったばっかりなので流石に無いですね。

下記のリンクから「みんカラ」に遷移して、違反報告ができます。

「みんカラ」から、違反報告をする

マツダ MAZDA6 セダン レビュー・評価一覧

マイカー登録
マツダ MAZDA6 セダン 新型・現行モデル