現在位置: > > > > > 通好みのスポーティセダン

カタログ情報は「カーセンサー.net」から情報提供を受けています。

『通好みのスポーティセダン』の口コミ

  • 通好みのスポーティセダン

    総合評価:10点満点中10点

    投稿日:2019年3月17日

    投稿者:Herman 038 さん

    乗車形式:試乗

    メーカー・モデル:ホンダ レジェンド
    グレード:レジェンド_4WD(AT_3.5) (2004年式)

    総評
    この車は上辺だけで判断する様な、食わず嫌いの人には良さは分からないだろう。
    何故ならば、見えない中身を先進技術で武装し、車の本質的部分で勝負をかけた車だから。
    今は底値で買えるとオーナーは話していたが、+20万30万と出して同年式のクラウン等を買うのなら、素直にレジェンドをお勧めしたい。
    安定した走る楽しさ、胸のすく加速、そして機敏過ぎず逆に鈍重過ぎもしない、メリハリのある爽快なハンドリング。
    どれをとっても、他社には真似のできないラグジュアリードライバーズサルーンだと思う。
    同セグメントの他国籍車を含めて見てみても、運転して楽しい高級車の1つではないだろうか。
    余裕をもって高速域でも楽しく安心して走らせられるいかにもホンダの車、ホンダらしい高級車だと思う。
    確かに内装に高級車としては粗削りな部分も垣間見えるが、それはそれで良い。
    この車にとっては、そんな目に見える上辺のことなんぞ、大した問題ではないのだから。
    満足している点
    発進から加速まで、流石は300psを誇るVTECエンジン。
    ストレスなく、そして軽々と1700kgオーバーの車体を100km/h以上に加速させる。
    VTECエンジン搭載車だからこそのカムが切り替わる瞬間は“あ、この瞬間がホンダ車だね”という流石はエンジン屋の造った高級車。
    SH-AWDによる安心感とVTECの組み合わせは、こんなにも安心感と走らせる楽しさを与えてくれるのか、という程に素晴らしいドライブフィールを感じられる。
    大きな車体を有しているにもかかわらず、決して俗にいう“直線番長”ではなく、高い旋回性能と機動性を高次元で両立していることが数回ハンドルを切り、アクセルを踏み込むことで直ぐに分かる。
    また、内装もブルーの間接照明が配されていたり、コックピットのようなドライバーズシート等、ただの高級車ではなく、あくまでも“走れる高級車”として、エンジン屋ホンダの旗艦として、他のそれとは一線を画するコンセプト。
    また、BOSE製オーディオはとてもクリアで、恰も目の前に音楽が迫るような迫力。
    そして、アクティブノイズコントロールによって、雑音が中和された車内に響き渡る透き通る様な高音と、腹に響く重低音が非常に気持ち良い。
    不満な点
    内装の段差や隙間のでき方は、気になる人からすれば不満点になろうかと思う。

    下記のリンクから「みんカラ」に遷移して、違反報告ができます。

    「みんカラ」から、違反報告をする

口コミを書く

口コミを投稿する(外部サイト)

※自動車SNSサイト「みんカラ」に遷移します。
みんカラに登録して投稿すると、carview!にも表示されます。

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!
carview!の最新情報をチェック!
Facebook
carview!公式Facebook
最新のクルマ情報をお届けするcarview!オフィシャルページ(外部サイト)

Twitter
carview!公式Twitter
carview!の中の人がクルマ情報をつぶやく公式アカウント(外部サイト)