現在位置: > > > > > 最近のホンダってセコくないですか。 以前カロ...

『最近のホンダってセコくないですか。 以前カロ...』:ホンダ フィットシャトルハイブリッド

解決済み最近のホンダってセコくないですか。 以前カローラの販売台数はスパシオやらランクスやらワゴンやらとカローラと名前の付くものをすべて併せた販売台数。 それに対してフィットは1車種のみの販売台数。

最近のホンダってセコくないですか。

以前カローラの販売台数はスパシオやらランクスやらワゴンやらとカローラと名前の付くものをすべて併せた販売台数。
それに対してフィットは1車種のみの販売台数。カローラは販売台数を多く見せるためになんでもかんでもカローラの名前をつけていると非難されたことがありましたが。

でも今はフィットがカローラと同じことをして販売台数を多く見せています。
フィットにフィットハイブリッドにフィットシャトルです。

トヨタは新型のアクアをヴィッツハイブリッドとかヴィッツアクアなどという名前では売り出したりしてません。
ヴィッツハイブリッドとかヴィッツアクアとかいう名前で売り出せば数字上は販売台数が増えたように誤魔化せます。
でもそんなことはせずにヴィッツとアクアは別のクルマとして販売します。

フィットは販売台数で1位を死守していますが。
カローラと同じ作戦でフィットも1位を守っているようではホンダも落ちたものですね。
と思うのですが。

ベストアンサーに選ばれた回答

ホンダフィットには、RSもありますよ。
むしろこちらの方が最近目立ちますね。。。

回答一覧

5件中1~5件を表示

  • それはカローラだって、アクシオ(セダン)とフィールダー(ステーション)を合わせた販売数ですし、ベースが全く異なるカローラルミオンですら入れてる始末。
    それに比べフィットシャトルはきちんとフィットベース。ハイブリッド仕様だってフィットのグレードの一部でしかありません。何がおかしいのでしょう?
    別に私はホンダ信者というわけではありませんが、私から見れば未だトヨタの方がせこいと思いますよ。

  • フィットハイブリッドはフィットがベースでしょうし、フィットシャトルもフィットをちょっと大きくしただけですし、逆に、名前を変えるほうが不自然だと思います。

    トヨタにもプリウスとプリウスαとか、アルファードとアルファードのハイブリッドモデルとかありますし…

  • ホンダも昔からシビックはシャトルとかセダンとかいろいろあったし、今に始まったことではないですね。
    それよりも、ホンダが売れる車ばかりに力を入れ、おもしろい車が無くなったのが残念です。

    フィットとかインサイトとか乗っててもおもしろくないし、欲しいと思える魅力のある車がホンダにはありません。
    スタイルもいつの間にかトヨタ車みたいだし。フィットハイブリットのライトがブルー着色されていたのには呆れました。まんまトヨタハイブリッド。
    はじめて買った車がアコードでそれなりにホンダは好きだったんですが残念ですね。

  • アクアの開発呼称(?)はプリウスCでした。
    しかしプリウスは余裕で販売台数一位なので、
    あえてプリウス~とはせず、
    アクアという全く新しい車名にし、新鮮さを出すことで、新たなお客さんを取り込もうという作戦ともとれると思います。
    その実先代(?)プリウスと同じTHSⅡを使用しているのにです。

    新鮮さを出すにはヴィッツ~とするのもNGですよね。

    ダイハツだってかなりの力作のイースをミライースとして、軽自動車首位のワゴンRを落としにかかってますし、時代はそういうものなんじゃないですかね。

    車名はフィット~でもヴィッツ~でもなんでもいいので楽しいMT車がもっと欲しいですね。

  • 見た目がほとんど同じなんだからいいじゃないか。

    セコイのはキミだよ。

5件中1~5件を表示

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。
質問や回答、投票はYahoo!知恵袋で行えます。質問にはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。

実力検証! リーフe+はドライブも楽しめるのか?

ダイハツロッキ― 新自由SUVだからこそ広がる世界がある

マイカー登録はこちら

中古車選びの不安にサヨナラ! Hondaの「U-Select」に注目の理由

車検予約・料金比較は、カービュークリア車検

強力洗浄&撥水効果 クリーン&リペル

愛車の買取相場知るなら買取カービュー

レクサスの流儀が随所に宿る UX200“Blue Edition”登場

中古車ホンダ フィットシャトルハイブリッドアクセスランキング
  1. 1位 1.3 スマートセレクション
    1.3 スマートセレクション
    476,000円(群馬)
  2. 2位
    1.3 スマートセレクション ファインライン
    350,000円(群馬)
  3. 3位
    1.3 ナビプレミアムセレクション
    558,000円(千葉)
  4. 4位
    1.3 スマートセレクション クールエディション
    899,000円(埼玉)
  5. 5位
    1.3 ナビプレミアムセレクション
    511,000円(千葉)

※2020年4月3日現在(毎日更新)

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!
carview!の最新情報をチェック!
Facebook
carview!公式Facebook
最新のクルマ情報をお届けするcarview!オフィシャルページ(外部サイト)

Twitter
carview!公式Twitter
carview!の中の人がクルマ情報をつぶやく公式アカウント(外部サイト)