新車価格(税込)

355.0396.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

49.0258.0万円

中古車を検索

グレード情報グランドC4ピカソ

歴代モデル1件グランドC4ピカソ

ユーザーレビュー30件グランドC4ピカソ

グランドC4ピカソ

  • 満足感がある
  • 運転しやすい
  • 乗り心地が良い

平均総合評価

4.6
走行性能:
4.2
乗り心地:
4.4
燃費:
3.9
デザイン:
4.6
積載性:
4.4
価格:
3.6

所有者データグランドC4ピカソ

  • グレード所有ランキング上位3位

    1. エクスクルーシブ_RHD(AT_1.6)
    2. シャイン ブルーHDi_RHD(AT_2.0)
    3. ブルーHdi ワイルドブルー_RHD(AT_2.0)
  • 人気のカラー

  • 人気の駆動方式

    AWD
    全輪駆動
    FF
    前輪駆動
    FR
    後輪駆動
    MR
    後輪駆動(ミッドシップエンジン)
    RR
    後輪駆動(リアエンジン)
  • 男女比

    男性
    96.7%
    女性
    2.1%

    その他 1.0%

  • 人気の乗車人数

  • 居住エリア

    1. 関東地方 48.8%
    2. 近畿地方 16.4%
    3. 東海地方 10.8%
  • 年代

  • 年収

車両データと所有者データの数値はマイカーデータとPayPayカードのデータのデータを集計したもの。無回答を除く。

中古車相場 グランドC4ピカソ

平均値を表示しています。

グランドC4ピカソ

グランドC4ピカソの中古車平均本体価格

147.3万円

平均走行距離61,114km

買取情報グランドC4ピカソ

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!
愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

あなたの愛車、今いくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

リセール価値グランドC4ピカソ

走行距離別リセール価値の推移

グランドC4ピカソ
グレード:
エクスクルーシブ_RHD(AT_1.6)

5年後の売却予想価格

新車価格

385.0万円

売却予想価格

54.0万円

新車価格の 14%

年間平均走行距離
  • 5千km
  • 1万km
  • 2万km
年間平均
走行距離
2025年
1年後
2027年
3年後
2029年
5年後
2031年
7年後
5千km 77万円 66万円

54万円

新車価格の
14%

43万円

新車価格の
11%

1万km 75万円 59万円 43万円 27万円
2万km 70万円 45万円 20万円 0万円

リセール価値のデータは、弊社が独自に算出した参考データであり、将来性・正確性等を保証するものではありません。

このクルマについて グランドC4ピカソ

2016年11月

■2016年11月
プジョー・シトロエン・ジャポンは、2016年11月21日にシトロエンのMPV「グランドC4ピカソ」に、PSAグループ最新のクリーンディーゼルエンジン「BlueHDi」を搭載、さらにフェイスリフトや最新の運転支援技術を充実させ、2017年3月1日にデリバリーを開始した。

新たに搭載されるクリーンディーゼル「BlueHDi」は、DPF(ディーゼルパティキュレートフィルター)、AdBlue(尿素水溶液)式SCR(選択還元触媒)を持つPSAグループの最新ディーゼルエンジンの呼称。累計生産100万台を突破し、日本市場ではシトロエンC4、DS4、プジョー308、508など、PSAグループの3ブランド全5モデルに搭載される2.0リッター直4ディーゼルターボ。最高出力110kW(150ps)/4000rpm、最大トルク370Nm/2000rpmの性能を持つこのユニットは、グランドC4ピカソのキャラクターに合わせてチューニング。パフォーマンスと実用燃費のバランスが図られ、18.0km/LのJC08モード燃費を実現した。

エクステリアは5人乗りのC4ピカソと7人乗りのグランドC4ピカソのフロントマスクを共通化。ダブルシェブロンから左右に伸びるクロームラインはLEDポジションランプ手前でアクセントが付けられ、さらにブラックの縁取りが施されたヘッドランプ、上下2分割のグリルの下にC型クロームデコレーションを備えたフォグランプユニットの装着、ルーフレールカラーも明るいシルバーに変更するなど、プレミアム感を向上。装着されるアルミホイールもホイールカラーをグレーからブラックに変更した。

インテリアはダッシュボードの各部アクセントをブリリアントブラックとし、全体がシックにまとめられた。シートは新素材のブラック&グレーのコンビシートが採用された。

装備ではバンパー下のセンサーに足先を蹴り出すことでリヤゲートが開閉する「ハンズフリー電動ゲート」をはじめ、先進安全装備についても「アクティブセーフティブレーキ」、ブレーキサポートを備えた「アクティブクルーズコントロール」、「レーンキープアシスト」、「アクティブブラインドスポットモニター」、カメラが制限速度を認識してインパネに表示する「スピードリミットインフォメーション」などをシャインBlueHDiに標準装備。新タッチスクリーンは日本語の表示も可能となっている。

なお、2017年3月1日のフルライン導入に先駆け、装備をシンプルに抑えてリーズナブルな価格を実現した「グランドC4ピカソFEEL BlueHDi」が限定200台で発売された。


■2017年10月
プジョー・シトロエン・ジャポンは、シトロエンのMPV「グランドC4ピカソ」に特別仕様車「デューンベージュ」を設定して、2017年10月25日に120台限定で発売した。

「デューンベージュ」はクリーンディーゼルエンジンを搭載の「シャイン ブルーHDi」をベースに、グレーベージュとブラックのツートンファブリックシートを装備。ダッシュボードカラーもベージュで統一し、車内を上質な雰囲気に演出した。

またパノラミックガラスルーフやハンズフリー電動テールゲート、助手席電動カーフレストなどを特別装備して、快適性を向上した。

■2018年4月
プジョー・シトロエン・ジャポンは、シトロエンのMPV「グランドC4ピカソ」に特別仕様車「ワイルドブルー」を設定して、2018年4月2日に120台限定で発売した。

「ワイルドブルー」は、2017年10月に発売した「デューンベージュ」に続く、特別内装仕様モデルの第二弾。クリーンディーゼルエンジンを搭載の「シャイン ブルーHDi」をベースに、シートカラーに豊かな大西洋やアマゾンの大自然をイメージした深いブルーグリーンを採用。シートカラーに合わせたアクセントカラーをインナードアハンドルにもあしらい、フランスらしいインテリアコーディネートも特徴。テーマはアクティブとのこと。

またパノラミックガラスルーフやハンズフリー電動テールゲートなどを装備して、快適性を向上。さらにフロントアクティブランバーサポートやダッシュボードまわりの
クローム加飾、ステップガード、フロアマットのほか、2~3列目シートを畳んだ際にフロアをフラットにできるリジッドボードといった、車中泊にも有効な装備が追加されている。

ボディカラーは、ブランバンキーズ、サーブル、ラズーリブルーの3色を設定した。

※ 掲載しているすべての情報について保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格のため、掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。詳細は、メーカーまたは取扱販売店にてお問い合わせください。