現在位置: carview! > 新車カタログ > BMW(BMW) > 3シリーズ ツーリング > 専門家レビュー・評価一覧

BMW 3シリーズ ツーリング 専門家レビュー・評価一覧

マイカー登録
BMW 3シリーズ ツーリング 新型・現行モデル
4 件中 1~4件を表示

※掲載内容は執筆日時点の情報です。

  • 栗原 祥光
    栗原 祥光
    自動車ジャーナリスト
    評価

    5

    デザイン
    5
    走行性能
    5
    乗り心地
    5
    積載性
    4
    燃費
    5
    価格
    3

    長く付き合える相棒

    2022.6.23

    年式
    2019年9月〜モデル
    総評
    ドイツ的完璧さが味わえる満足度の高い1台。サイズ的にも日本の狭い車線幅でも苦労することはない。運転手はもちろん、パッセンジャーの満足度も高く末永く使える1台といえる。
    満足している点
    ステーションワゴンの使い心地の良さとBMWの走りの良さの両面が楽しめる1台。SUVでは諦めがちな立体駐車場に入庫できるのは大きなメリットだ。
    不満な点
    欠点がないところが欠点といいたくなるほど欠点が見当たらない。強いて言うならディーゼルエンジンモデルの振動がやや大きいというところ。
    デザイン
    近年キドニーグリルは縦長になりつつあるが、3シリーズは未だ横長のまま。SUVのデザインはちょっと、という方はこちらの方が馴染むのでは?

    続きを見る

  • 工藤 貴宏
    工藤 貴宏
    自動車ジャーナリスト
    評価

    4

    デザイン
    4
    走行性能
    4
    乗り心地
    3
    積載性
    4
    燃費
    3
    価格
    2

    SUVとは一味違う走りと積載性

    2022.6.21

    年式
    2019年9月〜モデル
    総評
    ドイツのプレミアムブランド御三家(BMW、アウディ、メルセデス・ベンツ)はステーションワゴンが大好き。それは荷物をたくさん積んで高速道路をハイペースで巡行する文化があるからです。逆にいえば、そんな使い方をする人とのマッチングは最高でしょう。BMWらしさを考えると、6気筒エンジン搭載車が欲しくなってきますね……。エンジンの音や吹け上がりの感触など色っぽさが最高です。
    満足している点
    スポーティな走行感覚と積載性の両立。昨今は走行性能に優れるSUVもあってステーションワゴンのお客さんを奪っていますが、やはり「重心は低く」「着座位置もできるだけ低く」という好事家にはステーションワゴンが魅力です。ドイツの人たちはバカンスの際に荷室を使い倒すので、そのノウハウをしっかりと注いで作られただけに実用性はさすがです。
    不満な点
    値段が高い……ということを除けば、これといってウィークポイントらしきものはありません。バリエーションの問題として4気筒ガソリンエンジン搭載車でも4WDが選べるといいな……といった部分もありますが、今後に期待したいですね。
    デザイン
    Bピラー(ボディの中心)よりも前は3シリーズのセダンと共通で、車体の後半をステーションワゴンとしたモデル。筋肉を感じさせるフェンダーの張り出しなどデザインはダイナミックで、ステーションワゴンといえども躍動感に満ちているのがいいですね。近年、グリルの大型化に賛否両論あるBMWですが、このくらいであればだれもが違和感なく馴染めるのではないでしょうか。

    続きを見る

  • 伊達 軍曹
    伊達 軍曹
    自動車ジャーナリスト
    評価

    4

    デザイン
    4
    走行性能
    4
    乗り心地
    4
    積載性
    4
    燃費
    4
    価格
    3

    ちょいプレミアムなステーションワゴンの世界的定番

    2021.11.15

    年式
    2019年9月〜モデル
    総評
    走れて積めて、そして「世間体」のようなものも非常に良好なステーションワゴンです。先進安全装備や受動安全性のレベルも高いため、大切な家族を乗せる機会が多い人にも向いているでしょう。
    満足している点
    このカテゴリーの「世界代表選手」といっても過言ではない車ですので、走行性能も安全性もビジュアルも、とにかくすべてが「Good」であるといえます。
    不満な点
    強いて言えばのレベルですが、各部の操作感が重々しいので、もっとライトなタッチを好む人にはやや違和感があるかもしれません。
    デザイン
    Bピラー以降は専用ボディですが、全高を除けばボディサイズはセダンと同一。しかし、ステーションワゴンであるというだけで独特の「アクティブなイメージ」が生まれています。

    続きを見る

  • 伊藤 梓
    伊藤 梓
    自動車ジャーナリスト
    評価

    4

    デザイン
    4
    走行性能
    5
    乗り心地
    4
    積載性
    4
    燃費
    4
    価格
    4

    最もちょうど良いBMW

    2021.9.30

    年式
    2019年9月〜モデル
    総評
    「万人に勧められるBMWは?」と聞かれたら、この3シリーズツーリングを推したいくらい、BMWらしい走行性能や実用性、先進安全装備などのバランスがきれいに取れているモデル。自分がもしBMWを購入するなら、おそらく320dツーリングだと思う。
    満足している点
    3シリーズらしいビシッと決まる走りに加えて、ワゴンモデルの積載性が組み合わされたおいしいとこどりの1台。「ワゴンモデルでも運転が楽しめるかっこいいクルマに乗りたい!」という人がいたら、間違いなく最初におすすめできる1台。
    不満な点
    走行性能や使い勝手に対して気になるところはほとんどない。強いてあげるなら車両本体価格が高いので、装備を簡易化した安価グレードがあると、もっとワゴンモデルが欲しいユーザーにも手に届くモデルになるのかなと思う。
    デザイン
    キドニーグリルが縦型になった4シリーズと比較すると、近年の3シリーズは、以前のモデルからあえて大きく変えずにキープコンセプトでデザインされている。サイズ感が日本の自動車事情に合っていてユーザーも多いので、このままのデザインでいて欲しいと願っている人も多いだろう。ワゴンタイプのツーリングでも、すっきりとした爽やかなデザインにまとめられているところが◯。

    続きを見る

1

3シリーズ ツーリングを見た人はこんな車と比較しています

※ 掲載しているすべての情報について保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格のため、掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。詳細は、メーカーまたは取扱販売店にてお問い合わせください。

ユーザーレビューを投稿する

ユーザーレビューを投稿する

※自動車SNSサイト「みんカラ」に遷移します。
みんカラに登録して投稿すると、carview!にも表示されます。

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!