現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > なぜN-BOXは売れるのか? 最強の理由と、王者を脅かす新ジャンル軽の登場を解説

ここから本文です

なぜN-BOXは売れるのか? 最強の理由と、王者を脅かす新ジャンル軽の登場を解説

掲載 191
なぜN-BOXは売れるのか? 最強の理由と、王者を脅かす新ジャンル軽の登場を解説

<N-BOXは2位スペーシアの倍近く売れている>
最近は「軽自動車が高価になっている!」と言われますが、実は相変わらず、ベーシックな軽自動車は登録車に比べると十分に手ごろです。高く感じるのは、その主流となっているのがスライドドアのスーパーハイトワゴンだからでしょう。

登録車も同様ですが、普通のヒンジドアのモデルに比べると、スライドドア車はどうしても高価になってしまいます。スライドドアモデルに絞って登録車と軽自動車を見ると、軽自動車は相変わらずリーズナブルな価格帯のモデルが揃っているのです。

ホンダ「N-BOX」 2021年12月の一部改良で運転支援システムがさらに進化。ライバルにどう差をつけた?

そんな軽スーパーハイトワゴンの主役が「ホンダN-BOX」です。2022年度上半期の軽自動車の販売ランキングは次のようになっていますが、N-BOXはダブルスコアとなるほどの圧倒的な支持を集めています。

1位・・・ホンダN-BOX   8万6876台
2位・・・スズキ スペーシア 4万8905台
3位・・・ダイハツ ムーヴ   4万3926台
4位・・・ダイハツ タント   3万8735台
5位・・・スズキ ワゴンR   3万8140台

これらより少し背の低い軽ハイトワゴンに分類される「ムーヴ」や「ワゴンR」のカテゴリーでも、スライドドア車が人気を高めていることは知られています。売れる軽自動車の条件として、スライドドアはマストなのです。

>>ホンダ N-BOXカスタムのユーザーと専門家のレビューをチェックする
>>スズキ スペーシアカスタムのユーザーと評論家のレビューをチェックする
>>ダイハツ ムーヴカスタムのユーザーと評論家のレビューをチェックする
>>ダイハツ タントカスタムのユーザーと評論家のレビューをチェックする


<いちばんコスパがいいのはN-BOXカスタム!>
では、スーパーハイトワゴンの3強といえる「N-BOX」「スペーシア」「タント」の3モデルを比べると、どれがもっともお買い得なのでしょうか。

クルマというのは購入してしまうと何年も付き合うことになりますから、基本的には好みのスタイリングや使い勝手、どうしても外せない機能などを重視してほしいのですが、損得だけでいえば「N-BOX カスタム」を選ぶのが、もっともお得と言えるでしょう。その理由はリセールバリューが良いことです。

N-BOXには丸目風の標準車と、つり目のカスタムがあり、後者のほうが価格は高めなのですが、実際にはカスタムのほう売れています。比率は1:2くらいのイメージで、僅差ではなく圧倒的にカスタムが人気なのです。

中古車のリセールバリューというのは引きが強いクルマのほうが高くなりがちです。未来の予測をするのは難しいのですが、コアな人気が再燃しているレア車を除けば、基本的に売れているクルマはリセールバリューが高めになります。

つまり、これまでの流れを踏まえてリセールバリューを重視するとN-BOXカスタムを選んでおくのが手堅い選択といえるわけです。リセールバリューを期待してN-BOXカスタムを選ぶユーザーが多いから販売台数も増え、それが価値を上げるという好循環がN-BOXの人気を支えているといえるでしょう。

>>ホンダ N-BOXカスタムのユーザーと専門家のレビューをチェックする
>>スズキ スペーシアカスタムのユーザーと評論家のレビューをチェックする
>>ダイハツ タントカスタムのユーザーと評論家のレビューをチェックする


<軽スーパーハイトにクロスオーバーモデルという新ジャンル誕生>
とはいえ、そうした流れが変わりそうな予感もあります。

スペーシアには、「スペーシアギア」というSUVテイストのバリエーションが含まれていますが、いまやスペーシア全体の販売状況を見ると半分程度がスペーシアギアになっています。

その人気ぶりをキャッチアップすべく、ダイハツは「タント ファンクロス」というガチンコのライバルモデルを登場させました。タント ファンクロスの販売実績が出てくるのはこれからですが、スーパーハイトワゴンに加えてSUVのクロスオーバーが人気を集める可能性はけっして低くありません。

現在N-BOXにはないクロスオーバースタイルが支持を集めるようなことになれば、軽自動車界の覇権争いに大きな動きが見られるかもしれません。

>>スズキ スペーシアギアのユーザーと専門家のレビューをチェックする
>>ダイハツ タント ファンクロスのユーザーと専門家のレビューをチェックする


<N-BOXの強みは登録車品質の先進運転支援システム>
それでも、現時点における各モデルの仕様を見るとN-BOXの優勢ぶりは変わらないようにも思えます。そのファクターとなるのは高速道路での追従クルーズコントロール機能をメインとした先進運転支援システムです。

ホンダセンシングと呼ばれる同社独自の先進運転支援システムは登録車でも実績があるもので、軽自動車としては非常に出来がよく、さらにN-BOXでは基本的に全グレードにホンダセンシングが備わっています。

このあたりの機能性と搭載グレードのわかりやすさというのはN-BOXのリセールバリューを高めている要因のひとつであり、スペーシアとタントはクロスオーバースタイルで差別化するだけでなく、この点をキャッチアップすることが期待されます。

どのモデルを選んでも同等の先進運転支援システムが備わり、環境性能も大差ないとなればユーザーは機能面で迷ったり吟味したりすることなく、純粋に好みのスタイルで愛車を選べるようになるでしょう。

>>ホンダ N-BOXカスタムのユーザーと専門家のレビューをチェックする
>>ホンダ N-BOXカスタムのグレードと価格をチェックする
>>ホンダ N-BOXカスタムのカタログ情報をチェックする


文:山本 晋也
写真:
1枚目:ホンダ N-BOXカスタム
2枚目:ホンダ N-BOX
3枚目:スズキ スペーシアカスタム
4枚目:ダイハツ タントカスタム
5枚目:スズキ スペーシアギア
6枚目:ダイハツ タントファンクロス

こんな記事も読まれています

2024年スーパーフォーミュラ放送体制が発表。ABEMAで『サーキットで会いましょうシーズン2』開始、レース中継テーマソングにはMAN WITH A MISSION!
2024年スーパーフォーミュラ放送体制が発表。ABEMAで『サーキットで会いましょうシーズン2』開始、レース中継テーマソングにはMAN WITH A MISSION!
motorsport.com 日本版
フォーミュラE東京大会のチケット追加販売が決定。3月1日18時より3券種を先着順で販売
フォーミュラE東京大会のチケット追加販売が決定。3月1日18時より3券種を先着順で販売
AUTOSPORT web
「バス通るの…?」日本最長と「秘境酷道」の路線を乗り継ぎ! 撮影会付きストイックバスツアー開催
「バス通るの…?」日本最長と「秘境酷道」の路線を乗り継ぎ! 撮影会付きストイックバスツアー開催
乗りものニュース
とにかくカッコいい! トヨタ「ワイルドSUV」が一躍人気車に! 一度は姿を消した「RAV4」が再注目されるワケ
とにかくカッコいい! トヨタ「ワイルドSUV」が一躍人気車に! 一度は姿を消した「RAV4」が再注目されるワケ
くるまのニュース
スマホ連携・ドラレコ・タイヤ空気圧監視などマルチな機能が1つになった「バイク専用マルチスマートモニター」がクラファンに登場!
スマホ連携・ドラレコ・タイヤ空気圧監視などマルチな機能が1つになった「バイク専用マルチスマートモニター」がクラファンに登場!
バイクブロス
バイク王が「新生活応援キャンペーン」をスタート!
バイク王が「新生活応援キャンペーン」をスタート!
バイクブロス
まさに枠にハマるな!? ホンダのポエムが具現化した尖りすぎたエコカー!! 初代インサイトを解説
まさに枠にハマるな!? ホンダのポエムが具現化した尖りすぎたエコカー!! 初代インサイトを解説
ベストカーWeb
日産「レパード F31」後期型を乗り続ける! 『あぶない刑事』や『ナイトライダー』の劇中車をオマージュした内容とは
日産「レパード F31」後期型を乗り続ける! 『あぶない刑事』や『ナイトライダー』の劇中車をオマージュした内容とは
Auto Messe Web
もうひとつのHONDAパワー「大型船外機BF350」最後発だからこそ、最高のものができた。
もうひとつのHONDAパワー「大型船外機BF350」最後発だからこそ、最高のものができた。
Webモーターマガジン
パーツが出来上がるのが遅過ぎる! ウイリアムズ新加入のパット・フライCTO嘆く「こんなのは見たことないし、二度と経験したくない」
パーツが出来上がるのが遅過ぎる! ウイリアムズ新加入のパット・フライCTO嘆く「こんなのは見たことないし、二度と経験したくない」
motorsport.com 日本版
外環道・大泉IC付近の地上道路、事業着手へ! 目白通りから富士街道まで縦の移動が可能に。
外環道・大泉IC付近の地上道路、事業着手へ! 目白通りから富士街道まで縦の移動が可能に。
くるくら
めちゃすごい…!? 日産「スカイラインGT-R」実車展示! 3億円の「トミーカイラR-Z」反響は?
めちゃすごい…!? 日産「スカイラインGT-R」実車展示! 3億円の「トミーカイラR-Z」反響は?
くるまのニュース
全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権のコントロールタイヤが2024年からクムホに決定
全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権のコントロールタイヤが2024年からクムホに決定
AUTOSPORT web
【MotoGP】Moto2期待の若手フェルミン・アルデゲル、2025年にプラマックから最高峰クラスデビューか
【MotoGP】Moto2期待の若手フェルミン・アルデゲル、2025年にプラマックから最高峰クラスデビューか
motorsport.com 日本版
関越道にも「半固定式オービス」新登場! 新たに首都圏近郊へ続々導入! 「“シン”速度取締り機」はどこが「斬新」なのか
関越道にも「半固定式オービス」新登場! 新たに首都圏近郊へ続々導入! 「“シン”速度取締り機」はどこが「斬新」なのか
くるまのニュース
スーパーフォーミュラ3連覇へ:無限『SF23』がゼッケン16番で登場…東京オートサロン2024
スーパーフォーミュラ3連覇へ:無限『SF23』がゼッケン16番で登場…東京オートサロン2024
レスポンス
ワインディングが最高に楽しいのよ……オーテック珠玉の名車!! 日産「マーチ12SR」オーナーが語る魅力
ワインディングが最高に楽しいのよ……オーテック珠玉の名車!! 日産「マーチ12SR」オーナーが語る魅力
ベストカーWeb
かつて輸入車には日本法人なんてなかった! オヤジ世代憧れの「ヤナセ」「ミツワ」って何?
かつて輸入車には日本法人なんてなかった! オヤジ世代憧れの「ヤナセ」「ミツワ」って何?
WEB CARTOP

みんなのコメント

191件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

184.9236.3万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

1.01000.0万円

中古車を検索
N-BOXカスタムの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

184.9236.3万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

1.01000.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村