新車価格(税込)

294.0397.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

27.8369.9万円

中古車を検索

グレード情報ザ・ビートル (ハッチバック)

歴代モデル1件ザ・ビートル (ハッチバック)

ユーザーレビュー171件ザ・ビートル (ハッチバック)

ザ・ビートル (ハッチバック)

  • デザインがかわいい
  • 見た目のデザインが良い
  • おしゃれ

平均総合評価

4.5
走行性能:
4.1
乗り心地:
3.7
燃費:
3.8
デザイン:
4.8
積載性:
2.8
価格:
3.9

専門家レビュー3件ザ・ビートル (ハッチバック)

所有者データザ・ビートル (ハッチバック)

  • グレード所有ランキング上位3位

    1. デザイン レザーパッケージ_RHD(DSG_1.2)
    2. デザイン_RHD(DSG_1.2)
    3. デザイン レザーパッケージ_RHD(DSG_1.2)
  • 人気のカラー

  • 人気の駆動方式

    AWD
    全輪駆動
    FF
    前輪駆動
    FR
    後輪駆動
    MR
    後輪駆動(ミッドシップエンジン)
    RR
    後輪駆動(リアエンジン)
  • 男女比

    男性
    80.1%
    女性
    18.0%

    その他 1.7%

  • 人気の乗車人数

  • 居住エリア

    1. 関東地方 32.4%
    2. 東海地方 15.8%
    3. 近畿地方 14.0%
  • 年代

  • 年収

車両データと所有者データの数値はマイカーデータとPayPayカードのデータのデータを集計したもの。無回答を除く。

中古車相場 ザ・ビートル

平均値を表示しています。

ザ・ビートル

ザ・ビートルの中古車平均本体価格

122.8万円

平均走行距離57,830km

買取情報ザ・ビートル (ハッチバック)

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!
愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

あなたの愛車、今いくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

リセール価値ザ・ビートル (ハッチバック)

走行距離別リセール価値の推移

ザ・ビートル (ハッチバック)
グレード:
デザイン レザーパッケージ_RHD(DSG_1.2)

5年後の売却予想価格

新車価格

309.0万円

売却予想価格

56.1万円

新車価格の 18%

年間平均走行距離
  • 5千km
  • 1万km
  • 2万km
年間平均
走行距離
2025年
1年後
2027年
3年後
2029年
5年後
2031年
7年後
5千km 86万円 71万円

56万円

新車価格の
18%

41万円

新車価格の
13%

1万km 85万円 66万円 47万円 27万円
2万km 81万円 54万円 27万円 1万円

リセール価値のデータは、弊社が独自に算出した参考データであり、将来性・正確性等を保証するものではありません。

このクルマについて ザ・ビートル (ハッチバック)

2018年1月

■2018年1月
フォルクスワーゲングループジャパンは、2019年に日本での販売が終了するザ・ビートルに特別仕様車「サウンド」を設定して、2018年1月30日に300台限定で発売した。

「サウンド」は「デザイン」をベースに、プレミアムサウンドシステム“Fender(R)Sound”を搭載し、音へのこだわりと快適装備を充実させた。8つのスピーカーとサブウーファー、400W のパワーを誇るアンプの組み合わせにより、車内で臨場感のあるサウンドを楽しむことができる。また、ステアリングを握りながら音楽を楽しめるよう、シフトパドル付マルチファンクションステアリングホイールを標準装備した。

その他の装備では、オートエアコンやリヤエンブレム内蔵リヤビューカメラ、専用17 インチアルミホイール、バイキセノンヘッドライトなどを標準装備して、快適性や安全性を高めた。

ボディカラーは特別色のホワイトシルバーメタリックとトルネードレッドの2色を設定した。

■2018年5月
フォルクスワーゲングループジャパンは、ザ・ビートルに特別仕様車「エクスクルーシブ」を設定して、2018年5月29日に500台限定で発売した。

「エクスクルーシブ」は、ザ・ビートルが2019年に日本での販売が終了することに伴い実施している“See You The Beetleキャンペーン”の第3弾(限定モデルとしては第2弾)。「デザイン」をベースに、数多くの専用アイテムを装備した。ダイヤモンドスティッチが施されたベージュ&ブラックのツートンカラースポーツシートは上質なナパレザーで仕上げられ、華やかで高級感のあるインテリア空間を演出。また、通常はボディカラーと同色のダッシュパッド、ステアリングホイール、ドアトリムは、ブラックに統一されて、シートカラーを一層引き立てている。

エクステリアは、インチアップした18インチアルミホイールや、ダークティンテッドガラス、LEDテールランプを採用して、スタイリッシュで洗練されたイメージに仕上げている。

またVolkswagen純正ナビゲーションシステム“716SDCW”やシートヒーター(運転席/助手席)、2ゾーンフルオートエアコンディショナー(運転席/助手席独立調整、自動内気循環機能付)やアレルゲン除去機能付フレッシュエアフィルター(花粉/ダスト除去外気導入フィルター)などを標準装備して、快適性を向上。さらにパークディスタンスコントロール(フロント/リヤ)とリヤビューカメラを装備して、安全性を強化した。

■2018年10月
フォルクスワーゲングループジャパンは、ザ・ビートルに特別仕様車「Meister(マイスター)」シリーズ(3グレード)を設定して、2018年10月23日に発売した。

「マイスター」は、ザ・ビートルが2019年に日本での販売が終了することに伴い実施している“See You The Beetleキャンペーン”の第4弾(限定モデルとしては第3弾)。「デザイン」、「Rライン」、「2.0 Rライン」をベースに、人気アイテムを標準装備して、さらに魅力を高めている。

「デザイン マイスター」は、パドルシフト付マルチファンクションステアリングホイールや2ゾーンフルオートエアコン、に専用デザインの17インチアルミホイールなどを標準装備した。

「Rライン マイスター」と「2.0 Rライン マイスター」は、上級モデルに相応しくレザーシートを標準装備。レザーカラーは、ブラックかブラック&レッドのいずれかを選択可能で、上質でワンランク上の室内空間を楽しむことができる。また「2.0 Rライン マイスター」は、電動パノラマスライディングルーフも標準装備した。

このほかでは3グレード共通で、人気オプションのバイキセノンヘッドライトとVolkswagen純正ナビゲーションシステム“716SDCW"、過去に限定車のみに採用されたリヤエンブレム内蔵型リヤビューカメラを標準装備とした。

なお「Meister」は、ドイツ語で「職人・名人」を意味し、今回の特別仕様車はその名が示す通り、入念に作りこまれた完成度の高いモデルに仕上がっている。

※ 掲載しているすべての情報について保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格のため、掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。詳細は、メーカーまたは取扱販売店にてお問い合わせください。