フォルクスワーゲン パサート ワゴン のみんなの質問

解決済み
回答数:
2
2
閲覧数:
1,043
0

平成14年登録のパサートワゴンですが、2年位前からエンジン始動時に室内に焦げた(オイルの焼けた)臭いが漂います。

冬が特にひどく、夏でも(現在も)臭います。外気取入れで特ににおいます。室内循環ですとあまり臭いません。初期のころボンネットを開けたところ、車に向かって右側から煙(白煙)が上がっていました。暫くするとおさまりましたが、室内ではオイルの焼けたような臭いはします。最初の時、「エンジンのパッキンが劣化していてオイルが漏れていたので、パッキンを交換した」との事で、確かに臭いは弱くなりましたが、依然として臭いました。暫くすれば治るかと我慢していましたが、一向に良くなりません。今年の3月の車検の時に、ディーラーのその件を話したところ、「点検しましたが、わかりません」との事です(点検、修理、車検すべてディーラーで実施しています)。現在そのまま乗っていますが、相変わらず臭いです。(ついでに言わせて頂くと、エアコンも3回ほど修理し、35万位払いました)
どなたか、このような臭いを経験して修理されたかたはいませんか?

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。

ベストアンサーに選ばれた回答

通常の自動車の場合、室内ファンには、
室内喚起、室外喚起の2種類があります。

前者の場合、車の中の空気を循環させる。
後者は、車外の空気を取り入れる、というものです。
冷房をONした際は、前者が利用されます、利きが良いので。

後者のときの、空気取り入れ口は、ワイパー取り付け下部にあります。

そこから吸い込まれた外気は、専用ダクトをとおり、
車内のファンから出てきます。

エンジンオイルの焼ける臭いがする原因は、
エンジンのパッキン(オイルシール等)の劣化が原因です。
(オイルが漏れて、エンジン外側で焦げている)

また、排気ガスに白い色が見える場合は、
オイルも一緒に燃えていることの証明なので、
エンジンの整備が必要です。

ファンからの送風に、焦げ臭があると言うことは、
送風ダクトに損傷が考えられます。

他には、車本体のコックピットのどこかに、
亀裂のような損傷が発生し、其処からエンジンルームの臭いが
もれてくる・・・これだと原因部分が解り難いと思います。

知り合いが、大切に乗っていたワーゲン、ポロをついに買い換えました。
此処数年、トラブルだらけだったそうです。
焦げ臭い、ギア、エンジン本体、雨漏り・・・
そして最近、富士のふもとの自殺の名所でエンコ・・・

極まって、買い換えたそうです。
が、またポロだそうで・・・
コクワ

その他の回答 (1件)

  • VWのディラーって結構良し悪しあるから変えてみたら?
    オイルポンプとかウォーターポンプとか結構逝かれやすい
    メーカーだからね。
    アラートは鳴らないの?どっちにしても、ほっとけない状況だよそれ!

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の
「自動車」カテゴリとデータを共有しています。

あわせて知りたい

フォルクスワーゲン パサート ワゴン 新型・現行モデル

査定を依頼する

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!
愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離

※ 掲載しているすべての情報について保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格のため、掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。詳細は、メーカーまたは取扱販売店にてお問い合わせください。

ログイン

中古車探しをもっと便利に

  • 中古車お気に入り管理
  • おすすめ中古車の表示

フォルクスワーゲン パサート ワゴンのみんなの質問ランキング

あなたにおすすめのサービス

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離