新車価格(税込)

300.0468.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

29.8324.0万円

中古車を検索

グレード情報アルファード

マイナーチェンジ一覧2件2008年5月〜デビュー アルファード

ユーザーレビュー328件アルファード

アルファード

  • 室内空間が広い
  • 高級感がある
  • 運転が楽しい

平均総合評価

4.5
走行性能:
4.0
乗り心地:
4.0
燃費:
2.9
デザイン:
4.6
積載性:
4.2
価格:
3.7

専門家レビュー8件アルファード

所有者データアルファード

  • グレード所有ランキング上位3位

    1. 240S“タイプゴールドII”_7人乗り(CVT_2.4)
    2. 240S_7人乗り(CVT_2.4)
    3. 240S_7人乗り(CVT_2.4)
  • 人気のカラー

    1. パール
  • 人気の駆動方式

    AWD
    全輪駆動
    FF
    前輪駆動
    FR
    後輪駆動
    MR
    後輪駆動(ミッドシップエンジン)
    RR
    後輪駆動(リアエンジン)
    AWD
    18.3%
  • 男女比

    男性
    87.7%
    女性
    10.4%

    その他 1.7%

  • 人気の乗車人数

    8
    25.6%
  • 居住エリア

    1. 関東地方 34.0%
    2. 近畿地方 17.5%
    3. 東海地方 11.4%
  • 年代

  • 年収

車両データと所有者データの数値はマイカーデータとPayPayカードのデータのデータを集計したもの。無回答を除く。

中古車相場 アルファード

平均値を表示しています。

アルファード

アルファードの中古車平均本体価格

119.9万円

平均走行距離94,172km

買取情報アルファード

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!
愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

あなたの愛車、今いくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

リセール価値アルファード

走行距離別リセール価値の推移

アルファード
グレード:
240S“タイプゴールドII”_7人乗り(CVT_2.4)

5年後の売却予想価格

新車価格

379.0万円

売却予想価格

75.0万円

新車価格の 20%

年間平均走行距離
  • 5千km
  • 1万km
  • 2万km
年間平均
走行距離
2025年
1年後
2027年
3年後
2029年
5年後
2031年
7年後
5千km 99万円 87万円

75万円

新車価格の
20%

63万円

新車価格の
17%

1万km 97万円 81万円 65万円 49万円
2万km 92万円 68万円 44万円 20万円

リセール価値のデータは、弊社が独自に算出した参考データであり、将来性・正確性等を保証するものではありません。

このクルマについて アルファード

2008年5月

■2008年5月
アルファードは初代モデルが2003年7月にデビューした。実質的にはFR駆動のグランビアがフルモデルチェンジする形だったが、基本プラットフォームを一新したこともあり、新しい名前での登場だった。これによって上級ミニバン市場での首位の座をエルグランドから奪い取った。2008年5月にデビューした2代目モデルでは改めて新設のプラットフォームを採用し、ミニバンの頂点に立つモデルとして大きな進化を遂げてきた。外観デザインは従来のモデルと同様、高級ミニバンらしい堂々たる風格を備えたもの。標準系のほかに設定されたエアロモデルでは一段と迫力ある存在感を感じさせるものとされた。インテリアも素材やデザイン、仕上げを磨き上げ、高級感にあふれたものとされた。7人乗りと8人乗りの設定があり、7人乗りにはエグゼクティブセカンドシートが用意される。低床パッケージの採用で全高を引き下げながらも従来以上の室内高を確保した点も見逃せない。重心高の低下は操縦安定性の向上につながる要素だ。搭載エンジンはV型6気筒が3.0リッターから3.5リッターに排気量アップされて電子制御6速ATと組み合わされ、直列4気筒は2.4リッターのままだがパワーアップが図られてスーパーCVTと組み合わされた。駆動方式はFFとフルタイム4WDがある。ラグジュアリーな快適装備のほか、S-VSCやプリクラッシュセーフティシステム、7つのSRSエアバッグなど、最新の安全装備が搭載される。

■2010年4月
アルファードは初代モデルが2003年7月にデビューした。実質的にはFR駆動のグランビアがフルモデルチェンジする形だったが、基本プラットフォームを一新したこともあり、新しい名前での登場だった。これによって上級ミニバン市場での首位の座をエルグランドから奪い取った。2008年5月にデビューした2代目モデルでは改めて新設のプラットフォームを採用し、ミニバンの頂点に立つモデルとして大きな進化を遂げてきた。外観デザインは従来のモデルと同様、高級ミニバンらしい堂々たる風格を備えたもの。標準系のほかに設定されたエアロモデルでは一段と迫力ある存在感を感じさせるものとされた。インテリアも素材やデザイン、仕上げを磨き上げ、高級感にあふれたものとされた。7人乗りと8人乗りの設定があり、7人乗りにはエグゼクティブセカンドシートが用意される。低床パッケージの採用で全高を引き下げながらも従来以上の室内高を確保した点も見逃せない。重心高の低下は操縦安定性の向上につながる要素だ。搭載エンジンはV型6気筒が3.0リッターから3.5リッターに排気量アップされて電子制御6速ATと組み合わされ、直列4気筒は2.4リッターのままだがパワーアップが図られてスーパーCVTと組み合わされた。駆動方式はFFとフルタイム4WDがある。ラグジュアリーな快適装備のほか、S-VSCやプリクラッシュセーフティシステム、7つのSRSエアバッグなど、最新の安全装備が搭載される。2010年4月にはそれぞれ240S、350Sをベースにした特別仕様車、240S プライムセレクション2と350S プライムセレクション2が設定された。

■2010年9月
アルファードは初代モデルが2003年7月にデビューした。実質的にはFR駆動のグランビアがフルモデルチェンジする形だったが、基本プラットフォームを一新したこともあり、新しい名前での登場だった。これによって上級ミニバン市場での首位の座をエルグランドから奪い取った。2008年5月にデビューした2代目モデルでは改めて新設のプラットフォームを採用し、ミニバンの頂点に立つモデルとして大きな進化を遂げてきた。外観デザインは従来のモデルと同様、高級ミニバンらしい堂々たる風格を備えたもの。標準系のほかに設定されたエアロモデルでは一段と迫力ある存在感を感じさせるものとされた。インテリアも素材やデザイン、仕上げを磨き上げ、高級感にあふれたものとされた。7人乗りと8人乗りの設定があり、7人乗りにはエグゼクティブセカンドシートが用意される。低床パッケージの採用で全高を引き下げながらも従来以上の室内高を確保した点も見逃せない。重心高の低下は操縦安定性の向上につながる要素だ。搭載エンジンはV型6気筒が3.0リッターから3.5リッターに排気量アップされて電子制御6速ATと組み合わされ、直列4気筒は2.4リッターのままだがパワーアップが図られてスーパーCVTと組み合わされた。駆動方式はFFとフルタイム4WDがある。ラグジュアリーな快適装備のほか、S-VSCやプリクラッシュセーフティシステム、7つのSRSエアバッグなど、最新の安全装備が搭載される。2010年6月には240S、350Sをベースにしたプライムセレクション2 -タイプゴールド- が特別仕様車として設定された。

※ 掲載しているすべての情報について保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格のため、掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。詳細は、メーカーまたは取扱販売店にてお問い合わせください。