トヨタ 86 「2代目が登場しても色褪せた印象は受けない」の専門家レビュー ※掲載内容は執筆日時点の情報です。

一条 孝
一条 孝(著者の記事一覧
自動車ジャーナリスト
評価

5

デザイン
4
走行性能
4
乗り心地
3
積載性
3
燃費
3
価格
4

2代目が登場しても色褪せた印象は受けない

2023.1.19

年式
2012年4月〜モデル
総評
走らせることの楽しさでは初代も2代目も変わらない。2代目はボディやエンジンに手を入れ、走行性能とともに乗り心地を向上させているのが魅力。見た目には大きな違いはなくても、乗り比べるとその差は歴然。新型がいいのは当然だが、初代86のファントゥードライブもまだまだ色褪せていない。
満足している点
2代目と比べると乗りにくい面もあるが、いじって楽しむには格好の素材。2代目が登場しても古臭いイメージはなく、エンジンを回して走らせるのに初代はピッタリだ。
不満な点
助手席に人を乗せる機会があるなら値が張っても乗り心地が向上している後期型を狙いたい。また、内装の状態があまりよくないモデルは敬遠したい。しっかりとメンテナンスされていないことも考えられる。
デザイン

4

2代目となった「GR86」と比べるとボディサイズはわずかな違いでも、初代のほうがスッキリ&スリムに見える。ダックテール化された2代目からすると初代はシンプルな造形だが、社外パーツを装着してドレスアップするにはこちらのほうがキマりそうだ。内装はインパネの形状が水平基調に変わったが、シフトノブは初代の流用だ。
走行性能

4

2Lの水平対向エンジンはNAでありながらリッター当たり100馬力を超える高性能ユニット。回してパワーを稼ぐタイプのエンジンだったが、新型は排気量を2.4Lに拡大。パワー&トルクとも向上して力強さを増している。GR86は扱いやすくて乗りやすいが、トルク薄めの初代を手なずけるのも楽しかったりする。
乗り心地

3

初代のデビュー当初は乗り心地が硬く、けっして快適とは言えない乗り心地だったが、マイナーチェンジでボディ剛性を高め、サスペンションの改良によって操縦性と乗り心地を向上させている。
積載性

3

リヤシートは可倒式を採用。バックレストを倒すとタイヤ4本が積めるというトランクルーム。開口部は新型のほうがわずかに広くなった?
燃費

3

初代はWLTCモード12.8㎞/L、排気量アップした2代目は11.9〜12.0㎞/L(ともに6速MT)と初代のほうが燃費がいい。アイドリングストップ機構は初代、2代目とも未設定。ちなみにロードスターは16.8㎞/Lとかなりの開きがある。
価格

4

もはや初代を新車で購入することは出来ないが、中古車市場では2016年8月のマイナーチェンジ以降のモデルが人気があるという。マイチェンで前後バンパーが空力を踏まえたデザインとなり、エンジンのパワーアップやステアリングの小径化などが行われている。価格は状態によってマチマチだが、長く乗り続けるのであれば後期型、安価に楽しむなら前期型だ。
一条 孝
一条 孝
自動車ジャーナリスト
自動車専門誌の編集&ライターとして活動後、自動車ジャーナリストとして専門誌やWeb、タブロイド紙などに寄稿。運転する楽しさを追求するとともに、環境性能やパッケージングにもこだわりを持つ。これまで保有した車の大半はFRレイアウトのマニュアル車。日本自動車ジャーナリスト協会会員。
トヨタ 86 新型・現行モデル

査定を依頼する

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!
愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離

※ 掲載しているすべての情報について保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格のため、掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。詳細は、メーカーまたは取扱販売店にてお問い合わせください。

ユーザーレビューを投稿する

ユーザーレビューを投稿する

※自動車SNSサイト「みんカラ」に遷移します。
みんカラに登録して投稿すると、carview!にも表示されます。

ログイン

中古車探しをもっと便利に

  • 中古車お気に入り管理
  • おすすめ中古車の表示
10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!
carview!の最新情報をチェック!
Facebook
carview!公式Facebook
最新のクルマ情報をお届けするcarview!オフィシャルページ(外部サイト)

Twitter
carview!公式Twitter
carview!の中の人がクルマ情報をつぶやく公式アカウント(外部サイト)