日産 ルークス 「実はいいかも」の専門家レビュー ※掲載内容は執筆日時点の情報です。

栗原 祥光
栗原 祥光
自動車ジャーナリスト
評価

5

デザイン
4
走行性能
5
乗り心地
3
積載性
5
燃費
5
価格
3

実はいいかも

2022.2.1

年式
2020年3月〜モデル
総評
もう少し評価されてもよい軽自動車。使い勝手もよく、乗り味だって悪くはない。
満足している点
一部のグレードは運転支援プロパイロットを搭載!圧倒的に使いやすく安心感がある。
不満な点
なし
デザイン

4

三菱自動車と共同開発した軽スーパーハイトワゴン。ルークス側は日産らしいVモーショングリルのフロントマスクが印象的。内装は軽ハイトワゴンとしては比較的高級感がある。
走行性能

5

エンジンはマイルドハイブリッドとガソリンターボを用意。オススメはマイルドハイブリッドで、加速時の力強さは軽自動車の印象を覆す。
乗り心地

3

やや柔らかめだが、不快ではない。軽自動車ユーザーの求める乗り味といえそうだ。
積載性

5

後席全体が30㎝ほど前後するので、使い勝手はかなりよい。
燃費

5

リッターあたり20kmは超えてくるが、イマドキの軽自動車としてはそれなりといったところ。
価格

3

最上位グレードで200万円前後。他社と見比べても平均的価格といえそうだ。
栗原 祥光
栗原 祥光
自動車ジャーナリスト
東京都出身。中央大学理工学部卒業後、電気回路エンジニアへ。30歳を前にオーディオ専門誌とタウン情報誌、同Webサイトの編集者へと転身。現在はフリーのカメラマンとライターとして、年間100台近い自動車・バイク取材のほか、モータースポーツや各種イベントの取材を精力的に行っている。好きなクルマはライトウェイトスポーツと大型SUV。
日産 ルークス 新型・現行モデル