新車価格(税込)

325.7384.7万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

245.0534.9万円

中古車を検索

グレード情報ステップワゴンスパーダ

マイナーチェンジ一覧2件2022年5月〜フルモデルチェンジ ステップワゴンスパーダ

ユーザーレビュー180件ステップワゴンスパーダ

ステップワゴンスパーダ

  • 燃費が良い
  • 実用性が高い
  • 操作しやすい

平均総合評価

4.7
走行性能:
4.4
乗り心地:
4.4
燃費:
3.9
デザイン:
4.6
積載性:
4.4
価格:
3.4

専門家レビュー8件ステップワゴンスパーダ

所有者データステップワゴンスパーダ

  • グレード所有ランキング上位3位

    1. e:HEV スパーダ_7人乗り (CVT_2.0)
    2. e:HEV スパーダ プレミアムライン_7人乗り (CVT_2.0)
    3. スパーダ_7人乗り(CVT_1.5)
  • 人気のカラー

    1. パール
  • 人気の駆動方式

    AWD
    全輪駆動
    FF
    前輪駆動
    FR
    後輪駆動
    MR
    後輪駆動(ミッドシップエンジン)
    RR
    後輪駆動(リアエンジン)
    AWD
    12.4%
  • 男女比

    男性
    86.8%
    女性
    11.8%

    その他 1.2%

  • 人気の乗車人数

    8
    7.1%
  • 居住エリア

    1. 関東地方 39.0%
    2. 近畿地方 18.6%
    3. 東海地方 13.5%
  • 年代

  • 年収

車両データと所有者データの数値はマイカーデータとPayPayカードのデータのデータを集計したもの。無回答を除く。

中古車相場 ステップワゴン

平均値を表示しています。

ステップワゴン

ステップワゴンの中古車平均本体価格

350.0万円

平均走行距離2,856km

買取情報ステップワゴンスパーダ

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!
愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

あなたの愛車、今いくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

このクルマについて ステップワゴンスパーダ

2022年5月

■2022年5月
ホンダは、「ステップワゴン スパーダ」を2022年5月26日にフルモデルチェンジ、翌5月27日に発売した。

ステップワゴン スパーダはフロントグリルを大型化、ボディ下端などに採用されたダーククロームメッキガーニッシュなどにより、力強さや品格ある佇まいを表現。さらにスパーダプレミアムラインはプラチナ調クロームメッキ加飾や専用デザインの17インチアルミホイールを装着して高級感のある仕上がりとした。ボディサイズは全長4830㎜×全幅1750㎜×全高1840~1855㎜、ホイールベース2890㎜。先代に対して70㎜長く、55㎜ワイドとなり(全高とホイールベースは変わらず)、全モデルが3ナンバー車となった。

インテリアは歴代モデルが築いてきた「家族のための大空間」を進化させて、自分の家にいるような居心地のよさと新たな使い方が見つかる自由な空間を目指して開発。スパーダはスタイリッシュな印象を与えるダークトーンのカラーで上質な雰囲気を印象づける仕上がり。スパーダプレミアムラインはスエード調表皮&プライムスムースのコンビシートなどを採用することで質感をさらに高めるとともに機能を充実させている。

室内空間は国内のホンダ車では史上最大の広さを実現し、どの席でも快適に過ごせる広さを目指して開発。2列目シートは前後のロングスライドだけではなく、左右にもスライドできる構造とした。3列目シートは着座位置を高くするとともに、前方のシート、ヘッドレスト形状を工夫することで開放感を高めたほか、シートクッションの厚みを増すことで座り心地を向上させている。なお、3列目シートは先代同様に床下収納を採用。スパーダには6:4分割の2列目ベンチシートも用意されている。

装備については、両側パワースライドドアを標準装備。従来のハンドル操作に加え、指先を触れるだけで開閉の可能な静電タッチセンサー式を世界初採用した。さらにスパーダには開く角度を任意で設定可能なメモリー機能を追加したパワーテールゲートも装備されている。

運転席まわりでは、瞬間的な認知が可能で、かつ直感的に操作できることを追求した10.2インチのデジタルグラフィックメーターを採用。オーディオなどのインフォテイメント系の情報と、ナビや運転支援情報を左右のメーター内に表示することで直感的な操作をサポートする。また、大気中のPM2.5などの微粒子物質を検知し、空調制御とフィルターの組み合わせで空気を浄化する空調システム「クリーンエアー」を標準装備とした。

パワーユニットは最高出力110kW(150ps)/5500rpm、最大トルク203Nm/1600~5000rpmを発生する1.5リッター直4VTECターボと、最高出力107kW(145ps)/6200rpm、最大トルク175Nm/3500rpmのエンジン+最高出力135kW(184ps)/5000~6000rpm、最大トルク315Nm/0~2000rpmの電動機(モーター)を組み合わせた、ホンダ独自の2モーターハイブリッドシステム「e:HEV(イー エイチ イー ブイ)」の2種類。

e:HEVモデルでは、エンジンの徹底したフリクション低減により熱効率の向上を追求。モーターがもたらす低速から高速まで力強く、滑らかな加速に加え、クルーズ時はエンジン直結技術による効率のいい走りを実現したという。また、急な下り坂ではアクセルオフ時の減速度が強くなる「B」モードが設定される。燃費は1.5リッターターボが13.7(FF)~13.1km/L(4WD)、ハイブリッドのe-HEVが19.6~19.5km/L(プレミアムライン)を実現している(いずれもWLTCモード)。e-HEVはFFのみに設定される。

新型は従来からのロングホイールベースに加えて、前後トレッドを拡大することで直進・旋回時の安定性を向上。また、リヤを中心に遮音材や吸音材の追加、フロアの高剛性化などにより、静粛性や乗り心地を高めている。

車載通信モジュール「ホンダコネクト」にも対応しており、スマートフォンからクルマのエアコンの操作やクルマの位置確認も可能。車内Wi-Fiにスマートフォンやゲーム機を接続したり、通信により自動地図更新サービスも可能だ。

最新の安全運転支援システム「ホンダセンシング」は標準装備。アダプティブクルーズコントロールは渋滞追従機能付きへと進化したほか、新たに後方誤発進抑制機能、近距離衝突軽減ブレーキ、オートハイビーム、渋滞運転支援機能であるトラフィックジャムアシストが追加される。スパーダプレミアムラインには周辺状況に応じてヘッドライトの照射範囲を自動でコントロールするアダプティブドライビングビームを標準装備した。

※ 掲載しているすべての情報について保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格のため、掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。詳細は、メーカーまたは取扱販売店にてお問い合わせください。