現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > イケメンミニバン初公開! ホンダ新型「ステップワゴンスパーダ」に好感触!? 「オラオラすぎない」新たなデザインとは

ここから本文です

イケメンミニバン初公開! ホンダ新型「ステップワゴンスパーダ」に好感触!? 「オラオラすぎない」新たなデザインとは

掲載 102
イケメンミニバン初公開! ホンダ新型「ステップワゴンスパーダ」に好感触!? 「オラオラすぎない」新たなデザインとは

■新型「ステップワゴン」 強い塊担当「SPADA」の反響は?

 2022年1月7日、ホンダは新型「ステップワゴン」をジャパンプレミアしました。
 
 新型ステップワゴンには、「AIR(エアー)」と「SPADA(スパーダ)」の2タイプがラインナップされています。
 
 そのひとつスパーダについて、SNSでの反響はどのようになっているのでしょうか。

【画像】爆売れ間違いなし! 新型ステップワゴンスパーダをもっと見る (42枚)

 ジャパンプレミアはYouTubeでも公開され、それぞれをデザインしたデザイナーや開発担当者がこだわりのポイントについて示しています。

 外装はもちろん、内装や走行シーンも公開され、新型ステップワゴンがどのようなモデルとなっているのか、より詳細な情報を確認できます。

 なかでも、スパーダは「強い塊」をコンセプトのひとつとしてデザインされており、全体的にがっしりとしたシルエットになっています。

 特徴的なのは、フロント・サイド・リアにかけてボディを1周するように装飾されたメッキのモールです。

 ボディ下部に装飾されており、全体を低く、そして品良くまとめる役割を担っています。

 リアのデザインは、あえて全高を伸ばすことで分厚く見せ、より「強い塊」感を強調するものとなっています。

 そんなスパーダについて、ユーザーからは一体どのような反響が挙げられているのでしょうか。

 SNSを見てみると、「デザインが全体的に2代目に似てる」「原点回帰って感じがするね」「初代とか2代目あたりの懐かしい感じがある」といった声が見られ、従来のモデルと似ていると感じる人もいるようです。

 そもそも、新型ステップワゴンはボディのシルエットがスクエアを強調したものとなっており、ティザーサイト公開時点から、現行より初代や2代目のほうに似ているという声が見られました。

 ボディ形状も似ていますが、今回フロントデザインがさまざまな角度から確認できたことで、グリル部分や全体的な雰囲気などから、より初代や2代目に似ていると感じる人が増えたようです。

 また、「スパーダイケメンじゃん」「オラオラしすぎてなくて良い」「フロントに親しみやすさがあって良いね」といったフロントデザインを肯定する意見も挙げられています。

 最近のミニバンでは「オラオラ顔」とされるイカついフロントデザインが流行していますが、スパーダではボディ全体で力強さを表現しつつ、フロントはシンプルなデザインとなっているので、「オラオラしすぎない」という点がほかのモデルと異なる印象を与えているといえます。

 一方で、「わくわくゲートがない!」「めちゃくちゃ便利だったわくわくゲートが…」とわくわくゲートの消失に嘆く声も見られます。

「ステップワゴンといえば!」といえるほど、ステップワゴンを象徴する機能のひとつでもあった5代目の「わくわくゲート」は、縦横に開放することができる、利便性が追求されたリアゲートです。

 ただ、わくわくゲートについては賛否両論あり、今回のジャパンプレミアを受けて前述のように嘆くユーザーもいれば、「新型良いじゃん!あの縦線が嫌だったんだよね」「リアの見た目がスッキリして良い!」という人も見られます。

 わくわくゲートは、使い勝手が良いとされる一方で、縦にも横にも溝がつくられてしまっていたため、デザインを気にするユーザーにとっては不要な存在だったのかもしれません。

※ ※ ※

 今回のジャパンプレミアでは、価格やグレード、ボディサイズ、パワーユニットの詳細など数値的な情報は明かされていない部分も多いステップワゴン。今後の情報公開にも注目が集まります。

 また、前述したように、スパーダに加えてエアーもお披露目されています。

 2台は対等のタイプとして展開されますが、デザインや装備されているインテリアは異なるようです。

 見た目の好みだけでなく、そうしたインテリアなどの差も、ユーザーの購入の決め手となっていくのかもしれません。

こんな記事も読まれています

ミニバンの皮を被ったモンスター! こいつは凄いぞ……圧倒的ポテンシャルを秘めたトヨタアイシスを紹介ィィィ
ミニバンの皮を被ったモンスター! こいつは凄いぞ……圧倒的ポテンシャルを秘めたトヨタアイシスを紹介ィィィ
ベストカーWeb
え……ヨタハチのパワーってN-BOX並みだったの!? それでも60年前は衝撃のデキだったのよ!! 今と昔のクルマを比べてみた
え……ヨタハチのパワーってN-BOX並みだったの!? それでも60年前は衝撃のデキだったのよ!! 今と昔のクルマを比べてみた
ベストカーWeb
アバルト「595」をHKSパーツで完全武装! トライアルが目指すナンバー付きサーキットスペシャルの中身とは
アバルト「595」をHKSパーツで完全武装! トライアルが目指すナンバー付きサーキットスペシャルの中身とは
Auto Messe Web
角田「コーナーでのバランスを安定させることがポイント」2日目は40周で終了もマシンの理解を深める/F1インタビュー
角田「コーナーでのバランスを安定させることがポイント」2日目は40周で終了もマシンの理解を深める/F1インタビュー
AUTOSPORT web
自社のSDGsに悩む企業のアナタ! アウディの取組み ネットカーボンニュートラルな生産をご紹介
自社のSDGsに悩む企業のアナタ! アウディの取組み ネットカーボンニュートラルな生産をご紹介
AUTOCAR JAPAN
キメラ『EVO38』、伝統の血統を継ぐ最新スポーツカー
キメラ『EVO38』、伝統の血統を継ぐ最新スポーツカー
レスポンス
生産終了のCX-8……3列シートSUVの後継出るぞ!! CX-80はより高級路線で2024年秋登場なるか?
生産終了のCX-8……3列シートSUVの後継出るぞ!! CX-80はより高級路線で2024年秋登場なるか?
ベストカーWeb
一生に一度、絶対に行くべきは「グランドキャニオン」でした。生で見る「地球の歴史」の壮大さに言葉失いました【ルート66旅_40】
一生に一度、絶対に行くべきは「グランドキャニオン」でした。生で見る「地球の歴史」の壮大さに言葉失いました【ルート66旅_40】
Auto Messe Web
やっぱり小さなFRがお望み? BMW 1シリーズ(2代目) 多彩なエンジンも魅力  UK中古車ガイド
やっぱり小さなFRがお望み? BMW 1シリーズ(2代目) 多彩なエンジンも魅力  UK中古車ガイド
AUTOCAR JAPAN
今こそV8! ランドローバー新型「ディフェンダー」はオンロードでは高級サルーンのような乗り心地でした
今こそV8! ランドローバー新型「ディフェンダー」はオンロードでは高級サルーンのような乗り心地でした
Auto Messe Web
F1テスト3日目にふたたび排水溝の蓋が外れるトラブル発生。最終日は休憩なしの“ノンストップセッション”に
F1テスト3日目にふたたび排水溝の蓋が外れるトラブル発生。最終日は休憩なしの“ノンストップセッション”に
AUTOSPORT web
WEC公式テスト“プロローグ”の延期が正式発表。物流の問題により2日遅れで開催へ
WEC公式テスト“プロローグ”の延期が正式発表。物流の問題により2日遅れで開催へ
AUTOSPORT web
えっ、おもちゃがクルマを変えた? レゴから生まれた「独特すぎる」ハイブリッド技術とは
えっ、おもちゃがクルマを変えた? レゴから生まれた「独特すぎる」ハイブリッド技術とは
AUTOCAR JAPAN
新車AMR24は「間違いなく進歩している」も他陣営を警戒するアロンソ。頂点に立つには「現実的な視点が必要」
新車AMR24は「間違いなく進歩している」も他陣営を警戒するアロンソ。頂点に立つには「現実的な視点が必要」
AUTOSPORT web
グーマガ 今週のダイジェスト【2/17~2/23】最新SUV情報たっぷりの一週間!
グーマガ 今週のダイジェスト【2/17~2/23】最新SUV情報たっぷりの一週間!
グーネット
愛車の履歴書──Vol31. 佐野勇斗さん(番外後編)
愛車の履歴書──Vol31. 佐野勇斗さん(番外後編)
GQ JAPAN
優雅で洗練されたマセラティのスーパースポーツ「グラントゥーリズモ トロフェオ」が魅せる世界
優雅で洗練されたマセラティのスーパースポーツ「グラントゥーリズモ トロフェオ」が魅せる世界
@DIME
なんという場所に…「日本一低い」信号機を見てきた 低さもだけどスゴイのは「迫力」?
なんという場所に…「日本一低い」信号機を見てきた 低さもだけどスゴイのは「迫力」?
乗りものニュース

みんなのコメント

102件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

331.2391.3万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

7.8534.9万円

中古車を検索
ステップワゴンスパーダの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

331.2391.3万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

7.8534.9万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村