現在位置: > > > > > スズキの軽自動車について質問します。

『スズキの軽自動車について質問します。』:ホンダ アクティトラック

解決済みスズキの軽自動車について質問します。

スズキの軽自動車について質問します。20代前半の若者ですが、親父がスズキ車は壊れやすいと言い張って、スズキの車を購入することが許されない家庭なのですが、スズキの車は壊れやすいというのは本当なのでしょうか?

親父がスズキ嫌いの理由は、過去にスズキの中古のキャリーを2台乗り継ぎ、何度も走行中に故障し、スズキの車に嫌気がさし、試しにホンダの中古のアクティトラックに乗り換えてから故障がほとんどなく、今は新車で購入した現行のアクティトラックに乗っています。

それ以来、家全体がホンダ車で統一され、ホンダ車以外は購入できない状態です…(汗)

軽自動車に限れば、スズキよりホンダの方が優秀なのでしょうか?

補足
ちなみに、親父は職人(大工)です。

ベストアンサーに選ばれた回答

ついてない家系なのでしょうか?

どのメーカーも壊れたことがないです。

30年でマツダCX5が、シリンダー吹き抜けて、息絶え絶えにホテルの駐車場に入ったり、高速道路でステップワゴンが止まってるのをみたくらいですね。

車は新車で買って、3年目の車検前に売ってるので、7万キロ以上走らせた事無いです。

軽自動車は尚更、短い距離で替えないと。

回答一覧

18件中1~10件を表示

2ページ [先頭前へ12次へ最後]

  • 運でしょう。当たりハズレはありますからね。
    そんな単純な経験則だけで判断すれば、家の場合はH車の方が故障が多いです。

  • 今やOEMの時代で各メーカー技術提携、情報共有しています。
    CVTエンジンを先駆けに取り入れていたスバルはサンバーバンやヴィヴィオなど
    CVTは走りが変だと言われ低迷して軽の生産をやめダイハツ車をOEM、マツダもキャロルなど売れていたのに生産をやめ
    スズキからのOEM、日産はあちこちからです 車自体パーツは1万以上のパーツで
    作られていて、此処に部品メーカーも違い、オーナーのメンテナンスが重要です
    どのメーカーも万が一に対しリコールをいっぱい出している時代です、そのオーナーに対し会うか会わないかは洋服の好みのように如何に手にした車を愛するかに限るかと思います。今や全メーカーが3速オートマ4速オートマをやめCVTエンジンです最近のスズキは5AGSという燃費が良くなるミッションに変更車種があります(キャリーやエブリィー)など 時代が変わるたび 人の見解や車も変わるのです。

  • 親父が大工なら仲間もホンダだっただろね。大工の一番人気はホンダですから。スズキは錆びるダイハツは壊れる三菱はエンジン力ないの時代の人なので意見言っても無駄ですよ。

  • お父さんの思い込みは、明らかに間違っていますよ。
    ボケてないですよね・・・(笑)

    スズキがそんな壊れる車を売っていれば、とっくに倒産していますよ。

    我が家の軽四は、昔からずっとスズキ車を乗り継いでいますが、壊れたことは一度もないですよ。

    個体差にもよるけど、エンジンの頑丈さは、ホンダよりスズキが丈夫だと思っています。

    ただし、足回りは弱いかもですね。
    足回りはダイハツがいいかもですね。

    あなたも、お父さんの言う事なんか信用してはいけません。
    それは、お父さんに支配されているだけですよ。

    自分の意志を主張しなければダメですよ。
    自分が欲しいと思う好みの車を買いましょう。

    知らん顔して、スズキの車を買ったらどうですか。

    ハスラーはなかなかオシャレですし、アルトワークスやRSは良く走りますし、スペーシアは広くて実用性が高いですし、ジムニーなんかは小型クロカンで渋いですよ。

    いい車が沢山ありますよ。

  • 中古を買って故障と云うのは
    お父様の見る目が無いだけです。
    それで文句を言われたらスズキがかわいそうですねw

    そんなつまらない話で良ければ
    車仲間でオデッセイがトラブル続きで
    BMWに変えたら一切無くなった。

    なんてのもありますよ。
    ホンダはトラブルが多い?w
    まあリコールは国産№1と国交省にお誉めの言葉も頂いたようですがw

    更に今売れている
    N-BOXはタントのパクリ
    N-ワゴンはワゴンRのパクリと「人まねスンナ」と言っていた
    創業者の志は何処へやらマインドはとても褒められたところでは
    ありませんね。

    対するスズキは、軽量化やハイブリッドと
    技術力の高さを感じさせる独自路線を突き進んでいます。
    今のホンダと比べること自体失礼かな?と感じます。

    私なら簡単に言いくるめてしまいますがw

  • 私の叔父:キャリー
    私本人:アルト(HA23、今は降りてます)
    が壊れたことは無いです

    家庭事情はあると思いますので維持でもスズキに乗ってくださいとはいえません
    マツダの軽ならスズキのOEMですがこれでもダメですよねぇ・・・(年式次第です)

  • 私はアクティトラックをヤフオクで購入して直ぐ壊れた経験があります。以降、ホンダの軽トラックには本能的に拒否反応が出ます。あなたのお父さんのスズキ嫌いも概ねそんなもんです。私は今もホンダビートを持っていますが、27年前のクルマですけど、実に軽快爽快に走ります。ビートには走らせ方のコツがあります。キチンと各ギアで上まで回してやる事です。9千回転位まで平気で回りますが、途中6千回転位から急激に音が高まります。そこから先がビートの本領なのですが、その手前でシフトアップしちゃうと、全然走らないクルマに過ぎません。スズキではジムニーが最高です。ビートとジムニーの二台所有出来れば、実に楽しいカーライフとなりますよ。

  • お父さんの軽トラでの経験は、昭和の頃の話ならよく言われた話です。
    当時は、軽トラではスズキが田舎の農家向けで圧倒的な販売台数を誇っていました。
    (昭和の頃の軽自動では、スズキが一番錆が回りにくく、ホンダが一番錆び易かったので、農家からはさび易いホンダが敬遠されたと、田舎の車屋が言ってました。)
    そのため、中古車市場に流通する個体の多くが、碌にメンテナンスもされないで使われていたモノだったので、壊れ易かったのです。
    なので、その頃にスズキの軽トラを中古で買った人の多くは、その様に思い込んでいますけど、新車で比べれば、スズキが壊れやすいなんて事はありません。

  • 現実にはスズキ・ダイハツ・ホンダの軽自動車は「同様」でしょう。

    スズキは燃費をターゲットにした車造りを優先するイメージがあります。燃費のためなら常識外れのタイヤ空気圧にも果敢に挑戦します。

    ダイハツは女性を意識した車造りのようで、結構マイルドな乗り味の車を造っているイメージがあります。反動なのかカスタム車はかなり派手ですね。

    ホンダは燃費のためにエンジンパワーを犠牲にすることを嫌い、他社に比べて少し武骨なイメージがあります。乗り心地に関しても気遣いが少ないようです。

    スズキはエネチャージを始めとするマイルドハイブリッドを用いて、超軽量の軽自動車を作ります。耐久性に関しては軽自動車メーカーとして確かなものを出していると思いますが、複雑な構造は故障への不安を煽ります。

    ホンダは質実剛健なイメージですが、結構な数量のリコール車(軽自動車でも)を出しています。一概にホンダがスズキに優るとは言えないでしょうね。

  • 2010年の記事↓

    "新型生産車 (フルモデルチェンジして販売される車種)については、2012年10月1日以降に新たに型式の指定を受ける自動車、継続生産車 (既存モデルで販売される車種)については、2014年10月1日以降に製作される自動車に対して、ESC搭載が義務付けられることになりました。"

    現行ワゴンRのモデルチェンジ時期は2012年9月、上手かったねぇ~標準装備ギリギリのタイミングでコスト上昇価格転嫁をユーザーのアクティブセーフティーと引き換えに無きものにした。

    会長曰く、まさにお下品な販売を控えようと思うの言葉は新古車政策よりもこっちの方だろうと勘ぐってしまう。

    それよりも1年程度も前に発売されたあなたが疑問を持つホンダのN-BOXは最初から横滑り防止装置標準装備で当時主流のタントより割高となったけど市場に受け入れられた。

    技術的な話ならスズキのエンジニアに罪は無いだろうから営業政策がクソだとは思う。個人的にはどんなに車が良くできてもユーザーをバカにするような販売手法はダメでしょう。

18件中1~10件を表示

2ページ [先頭前へ12次へ最後]

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。
質問や回答、投票はYahoo!知恵袋で行えます。質問にはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。

マイカー登録はこちら

中古車選びの不安にサヨナラ! Hondaの「U-Select」に注目の理由

実力検証! リーフe+はドライブも楽しめるのか?

レクサスの流儀が随所に宿る UX200“Blue Edition”登場

車検予約・料金比較は、カービュークリア車検

愛車の買取相場知るなら買取カービュー

ダイハツロッキ― 新自由SUVだからこそ広がる世界がある

中古車ホンダ アクティトラックアクセスランキング
  1. 1位 660 SDX 4WD
    660 SDX 4WD
    298,000円(千葉)
  2. 2位
    660 SDX 三方開 4WD
    130,000円(岩手)
  3. 3位
    660SDX
    90,000円(埼玉)
  4. 4位
    660 SDX 三方開 4WD
    70,000円(富山)
  5. 5位
    660 タウン スピリットカラースタイル
    1,628,000円(神奈川)

※2020年4月3日現在(毎日更新)

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!
carview!の最新情報をチェック!
Facebook
carview!公式Facebook
最新のクルマ情報をお届けするcarview!オフィシャルページ(外部サイト)

Twitter
carview!公式Twitter
carview!の中の人がクルマ情報をつぶやく公式アカウント(外部サイト)