現在位置: > > > > > ホンダの軽トラックのアクティ

『ホンダの軽トラックのアクティ』:ホンダ アクティトラック

解決済みホンダの軽トラックのアクティ

ホンダの軽トラックのアクティホンダの軽トラックのアクティ(年式は知りませんが)には、濁った青みたいな色のものがありますが、なぜこのよう色で販売しているのですか?ほとんどの軽トラックは白色が主流なのに

ベストアンサーに選ばれた回答

カラーバリエーションの中で無難な色だからだと思います。
過去には赤や黄色、緑色、メタリックブルー(DB71Tキャリイ)、メタリックレッド(U40系ミニキャブ)などのトラックも売られていたのですが、結局だんだん白を選ぶユーザーが増え、「白じゃイヤ」というユーザーは青や銀が売れるという結論に達したようです。
それと、ホンダのトラックは昔から青、水色がラインナップされていたという伝統でしょう。

最近までキャリイ、ミニキャブ、ハイゼットにも青があったのですが、次々にリストラされてしまい、結局青はアクティしか残っていないようですね。

白が主流になったのは会社カラーに塗装するのに楽なのと、傷が目立ちにくく、素人が簡易スプレーで補修しても違和感が少ないからです。トラックはあまり手入れもされないので、有彩色だと色が褪せやすく、そこに補修すると目立ってしまいますから。

黒やメタリックカラーがあったら一時的に売れると思いますけど、荷台に傷がつくととても目立ってしまいます。そして「やっぱり無難な色が…」となるかもしれません。

http://www.honda.co.jp/pressroom/library/auto/T360/
http://www.honda.co.jp/pressroom/library/auto/TN/

回答一覧

1件中1件を表示

  • ホンダが始めて作った軽トラック、T360から、似た色が採用されています。
    伝統のカラー、といったところでしょうか。
    T360でググって、出てくる画像はたいてい青です。

1件中1件を表示

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。
質問や回答、投票はYahoo!知恵袋で行えます。質問にはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。

実力検証! リーフe+はドライブも楽しめるのか?

マイカー登録はこちら

レクサスの流儀が随所に宿る UX200“Blue Edition”登場

ダイハツ ロッキ― 新自由SUVだからこそ広がる世界がある

エナジー セイバー 4は何が進化した? インプレ動画公開中!

新型ヤリスとRAV4 北海道の冬にはトヨタのハイブリッド 4WDがある!

愛車の買取相場知るなら買取カービュー

車検予約・料金比較は、カービュークリア車検

オールシーズンタイヤ 3選で雪道を走ってみた

みんカラサーキットチャレンジ 全国10か所のサーキットを「トヨタ GR」と走る!

中古車ホンダ アクティトラックアクセスランキング
  1. 1位 660 SDX 4WD
    660 SDX 4WD
    1,080,000円(千葉)
  2. 2位
    660 タウン スピリットカラースタイル
    1,628,000円(神奈川)
  3. 3位
    スーパーデラックス
    350,000円(埼玉)
  4. 4位
    660SDX
    90,000円(埼玉)
  5. 5位
    660 SDX 三方開 4WD
    270,000円(広島)

※2020年3月30日現在(毎日更新)

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!
carview!の最新情報をチェック!
Facebook
carview!公式Facebook
最新のクルマ情報をお届けするcarview!オフィシャルページ(外部サイト)

Twitter
carview!公式Twitter
carview!の中の人がクルマ情報をつぶやく公式アカウント(外部サイト)