新車価格(税込)

1566.01870.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

248.91580.8万円

中古車を検索

グレード情報M5

ユーザーレビュー15件M5

M5

  • エンジンが良い
  • 頑丈なボディ
  • 乗り心地が良い

平均総合評価

4.7
走行性能:
4.6
乗り心地:
3.7
燃費:
3.1
デザイン:
4.4
積載性:
4.3
価格:
3.6

専門家レビュー2件M5

所有者データM5

  • グレード所有ランキング上位3位

    1. M5_RHD(M_DCT_4.4)
    2. M5_RHD(M_DCT_4.4)
    3. M5_LHD(M_DCT_4.4)
  • 人気のカラー

  • 人気の駆動方式

    AWD
    全輪駆動
    FF
    前輪駆動
    FR
    後輪駆動
    MR
    後輪駆動(ミッドシップエンジン)
    RR
    後輪駆動(リアエンジン)
  • 男女比

    男性
    93.3%
    女性
    5.5%

    その他 1.1%

  • 人気の乗車人数

  • 居住エリア

    1. 関東地方 49.4%
    2. 近畿地方 17.2%
    3. 東海地方 8.0%
  • 年代

  • 年収

車両データと所有者データの数値はマイカーデータとPayPayカードのデータのデータを集計したもの。無回答を除く。

中古車相場 M5

平均値を表示しています。

M5

M5の中古車平均本体価格

439.0万円

平均走行距離48,370km

買取情報M5

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!
愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

あなたの愛車、今いくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

リセール価値M5

走行距離別リセール価値の推移

M5
グレード:
M5_RHD(M_DCT_4.4)

5年後の売却予想価格

新車価格

1495.0万円

売却予想価格

148.2万円

新車価格の 10%

年間平均走行距離
  • 5千km
  • 1万km
  • 2万km
年間平均
走行距離
2025年
1年後
2027年
3年後
2029年
5年後
2031年
7年後
5千km 245万円 197万円

148万円

新車価格の
10%

100万円

新車価格の
7%

1万km 240万円 179万円 119万円 58万円
2万km 228万円 144万円 60万円 0万円

リセール価値のデータは、弊社が独自に算出した参考データであり、将来性・正確性等を保証するものではありません。

このクルマについて M5

2013年9月

■2013年9月
BMWは上級スポーツモデルのM5にデザインの変更や装備の充実化などの改良を加え、2013年9月12日に発売した。

外観デザインはキドニーグリルのデザインを立体的なものにし、アダプティブLEDヘッドライトを採用した。またリヤコンビランプにLEDライトバーを追加するなどの変更を加えた。

装備の充実化では、衝突の危険が迫ったときにブレーキをかけて回避や被害の軽減を図る歩行者検知機能付き衝突回避・被害軽減ブレーキを含むカメラ方式のドライビング・アシストを採用した。

また車載通信モジュールを搭載して乗員の安全と車両の状態を見守ることで、ドライビングの安心感を高めるBMW SOSコールとBMWテレサービスを全車に標準装備し、iDriveのコントローラーに指による入力や地図の縮小/拡大が可能なタッチパッドを追加した。

またM5のパフォーマンスをさらに引き上げるコンペティション・パッケージを新たにオプション設定した。これはエンジンの動力性能を向上させ、専用サスペンションを採用するほか、電子制御式多板クラッチによりパワーを後輪の左右間で自在に配分するアクティブMディファレンシャルに専用設定を施してトラクション性能を向上させるもの。

さらにダイレクトなステアリング・セッティングを施した専用Mサーボトロニックにより、一段とスポーティなハンドリング性能を実現し、スポーツ・エキゾースト・システムも採用した。



■2014年8月
BMWは上級スポーツモデルのM5にデザインの変更や装備の充実化などの改良を加え、2013年9月12日に発売した。

外観デザインはキドニーグリルのデザインを立体的なものにし、アダプティブLEDヘッドライトを採用した。またリヤコンビランプにLEDライトバーを追加するなどの変更を加えた。

装備の充実化では、衝突の危険が迫ったときにブレーキをかけて回避や被害の軽減を図る歩行者検知機能付き衝突回避・被害軽減ブレーキを含むカメラ方式のドライビング・アシストを採用した。

また車載通信モジュールを搭載して乗員の安全と車両の状態を見守ることで、ドライビングの安心感を高めるBMW SOSコールとBMWテレサービスを全車に標準装備し、iDriveのコントローラーに指による入力や地図の縮小/拡大が可能なタッチパッドを追加した。

またM5のパフォーマンスをさらに引き上げるコンペティション・パッケージを新たにオプション設定した。これはエンジンの動力性能を向上させ、専用サスペンションを採用するほか、電子制御式多板クラッチによりパワーを後輪の左右間で自在に配分するアクティブMディファレンシャルに専用設定を施してトラクション性能を向上させるもの。

さらにダイレクトなステアリング・セッティングを施した専用Mサーボトロニックにより、一段とスポーティなハンドリング性能を実現し、スポーツ・エキゾースト・システムも採用した。

2014年8月27日にはM5の登場から30年を迎えたことを記念して、M史上最もパワフルな600馬力を誇る特別仕様車「30 Jahre(ドライスィヒ・ヤ―レ)M5」を、全世界300台のうち11台を日本に導入した。

2016年10月1日には価格改定を実施した。

※ 掲載しているすべての情報について保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格のため、掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。詳細は、メーカーまたは取扱販売店にてお問い合わせください。