現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ポルシェ博士の曽孫が興したEVスポーツカー「ピエヒ」とは?──ジュネーブ国際自動車ショー2019リポート【第17弾:ピエヒ】

ここから本文です
業界ニュース 2019.3.13

ポルシェ博士の曽孫が興したEVスポーツカー「ピエヒ」とは?──ジュネーブ国際自動車ショー2019リポート【第17弾:ピエヒ】

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォルクスワーゲンやセアトをはじめ、アウディやベントレー、ランボルギーニ、ブガッティやポルシェと、フォルクスワーゲン・グループのあらゆるブランドがひしめくホールの奥に、初出展のコンストラクターによる、EVスポーツカーのコンセプトがあらわれた。

それだけならスーパーカーだらけのジュネーブショーで決して珍しくないが、どうしてそれがザワつく話かといえば、そのメーカーが「PIËCH(ピエヒ)」を名のっているからだ!

    2億8000万円の「スピードテイル」は超独創的なデザインだった!──ジュネーブ国際自動車ショー2019リポート【第12弾:マクラーレン】

ピエヒ家が自動車業界で知られるのは20世紀初頭、ポルシェの祖にしてフォルクスワーゲン・タイプ1の発明者、フェルディナント・ポルシェ博士の娘であるルイーズと結婚した財務担当者アントン・ピエヒ氏からだ。

彼の息子で祖父とおなじファーストネームをもつフェルディナント・ピエヒ氏はポルシェ「917」やアウディ「クワトロ」をエンジニアとして設計したあと、フォルクワーゲン・グループ会長として、今日の巨大コングロマリットを作り上げた。しかし、最後はお家騒動に巻き込まれ会長の座を追われた。

今回登場したピエヒはフェルディナント・ピエヒ氏の息子が興したメーカー。曽祖父と同じ名をもつアントン・ピエヒ氏が率いる新興のEVメーカーである。

スイス・チューリッヒに拠点を置く小さなブランドであるものの、会場では大きな注目を集めていた。今回、展示されたコンセプトカー「マーク・ゼロ」は、高性能をうたう。ライトまわりのデザインが、ポルシェを思わせるマーク・ゼロは、いわゆるFRプロポーションのGTカーだ。

説明によれば、革新的なバッテリーを搭載し、WLTPモードでの自律走行レンジは500kmに達するうえ、満充電量の80%を4分40秒の速さで急速充電出来るという。

ピエヒは、少量生産の高性能EVを市販する以外に、バッテリー&モーターを含むプラットフォームを、ほかの自動車メーカーへ供給する意図を明らかにしている。ただし供給先がどこのメーカーか、現場で回答は得られなかった。ちなみにバッテリーの供給は、香港に拠点を置くメーカーから受けるという。

名門ピエヒ家がどういうビジネスを展開するか、現時点ではイマイチ想像出来なかったものの、少なくともEVに特化するのは間違いなさそうだ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(GQ JAPAN 南陽一浩)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します