現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > コンパクトなのにワゴンの良さがある「MINIクラブマン」。同じ予算で狙える国産&輸入ワゴンも意外なほど豪華

ここから本文です

コンパクトなのにワゴンの良さがある「MINIクラブマン」。同じ予算で狙える国産&輸入ワゴンも意外なほど豪華

掲載 109
コンパクトなのにワゴンの良さがある「MINIクラブマン」。同じ予算で狙える国産&輸入ワゴンも意外なほど豪華

小さなボディに高い積載能力が魅力のクラブマン
愛らしいルックスとキビキビとした「ゴーカートフィーリング」、そしてリーズナブルな価格から初めての輸入車となることも多いミニには、定番のハッチバックや流行りのSUV、陽気な気持ちにさせるコンバーチブルなど、様々なボディタイプが用意されています。

そんなミニのラインナップの中でも、高い積載能力を誇るステーションワゴンモデルが「クラブマン」です。現在販売されているのは2015年9月にフルモデルチェンジした2代目ですが、2019年10月には大幅改良が施されており、パワートレインや内外装のデザインが刷新されています。

ミニ クラブマン改良でガソリン7速DCT化とライトまわり変更。JCWは75psアップ

ベーシックなハッチバックモデルの「3ドア」や「5ドア」、あるいは昨今人気の高いSUVモデルである「クロスオーバー」に比べると、やや地味な印象を覚えるクラブマン。果たしてどんな人が比較検討するべきなのか、競合モデルとともに解説したいと思います。

クラブマンの最大の魅力は、やはり荷室容量360Lを誇るラゲッジルームの広さです。これは「5ドア」の278Lを大きくしのぐ数字であり、後部座席を使用した状態でゴルフバッグを3つ積載することが可能です。

後部座席を倒せば、荷室容量は最大1250Lにまで増やすことができ、大きな荷物を積むことができることはもちろん、工夫すれば車中泊なども行うことができます。

>>MINI クラブマンのカタロググレードをチェックする

全高以外のボディサイズはMINIの中で最大
ボディサイズを見ると、クラブマンは全長4253mm×全幅1800mm×全高1441mmとなっています。「5ドア」の同4000mm×同1725mm×同1445mm、「クロスオーバー」の同4105mm×同1790mm×同1550mmと比べると、全長だけでなく全幅もクラブマンが勝っていることがわかりますが、クラブマンの最小回転半径は5.5mと小さめであるため、取り回しがしにくいということはないでしょう。

クラブマンには、ベーシックな「バッキンガム」からスポーツモデルの「ジョン・クーパー・ワークス」まで7つのグレードがラインナップされています。パワートレインもガソリンエンジンとディーゼルエンジンが用意されており、多様なニーズに応えることができる点も大きな魅力です。

それぞれのグレードの価格は下記の通りです。
・バッキンガム:373万円
・クーパー:403万円
・クーパー D:416万円
・クーパー S:457万円
・クーパー S ALL4:481万円
・クーパー SD:470万円
・ジョン・クーパー・ワークス:578万円

>>MINI クラブマンのカタロググレードをチェックする

バラエティに富んだグレード構成をもっているクラブマンですが、それだけ比較検討の対象となるライバルも多くなります。具体的には、どんなモデルがライバルとなるのでしょうか?

ボディサイズが近いステーションワゴンは存在しない!?
まず、ステーションワゴンというボディタイプの中から、サイズの近いモデルを見てみましょう。ステーションワゴン自体が少なくなった昨今、クラブマンと直接的に競合するモデルはそれほど多くはありません。

ステーションワゴンの中で人気の高いモデルとして、国産車では「スバル レヴォーグ」や「トヨタ カローラ ツーリング」、輸入車では「VW ゴルフヴァリアント」、「BMW 3シリーズ ツーリング」や「アウディ A4アバント」、「プジョー 308SW」などが挙げられます。

>>スバル レヴォーグのカタロググレードをチェックする
>>トヨタ カローラツーリングのカタロググレードをチェックする
>>プジョー 308SWのカタロググレードをチェックする
>>VW ゴルフヴァリアントのカタロググレードをチェックする

しかし、いずれも全長は4400mm以上と、クラブマンより大柄なボディとなっています。ボディサイズの大きさは荷室容量に直結するため、積載能力を重視するならこれらのモデルも選択肢に入るかもしれませんが、駐車場の事情などで「できるだけコンパクトなステーションワゴン」を探すのであれば、クラブマンはほとんど唯一の選択肢となります。

>>MINI クラブマンのカタロググレードをチェックする

価格帯が近いのはVW ゴルフヴァリアントやプジョー 308SW
では、クラブマンと同等の予算で比較検討するのであれば、どんなモデルが考えられるでしょうか?

373万円~となっているクラブマンですが、オプションが豊富なミニの特長を活かし、自分好みにカスタマイズをしていくと、450万円~500万円程度の乗り出し価格を見込んでおくと良さそうです。

この予算を想定すると、国産車であればさまざまなモデルが選択肢に入ります。例えば、国産ステーションワゴンの代表格であるスバル レヴォーグであれば、最上級グレードの「STI Sport R EX」(477万4000円)が視野に入ります。

>>スバル レヴォーグのカタロググレードをチェックする

また、人気の高いSUVでは、トヨタ ハリアーの上級グレード「Z ハイブリッド」(452万円)やRAV4の最上級グレード「ハイブリッド アドベンチャー」(410万6000円)も検討可能です。

>>トヨタ ハリアーハイブリッドのカタロググレードをチェックする
>>トヨタ RAV4ハイブリッドのカタロググレードをチェックする

輸入車では、VW ゴルフヴァリアントの最上級グレード「eTSI R-Line」に純正ナビ「ディスカバープロ」や「テクノロジーパッケージ」を搭載した仕様(449万5000円)が、直接のライバルとなりそうです。

>>VW ゴルフヴァリアントのカタロググレードをチェックする

また、プジョー 308 SWのディーゼルエンジン搭載車である「GT BlueHDi」(436万9000円)も、クラブマンと価格や性格の近いモデルと言えます。

>>プジョー 308SWのカタロググレードをチェックする

ただ、BMW 3シリーズ ツーリング(560万円~)や、アウディ A4アバント(502万円~)は、クラブマンの予算では微妙に手が届かないようです。

ほかにも、もし、ミニらしいポップな雰囲気を好むのであれば、クラブマン以外のミニの各モデルや、あるいはフィアット 500という選択肢もあるかもしれません。

しかし、コンパクトなステーションワゴンであることを前提に、ボディサイズやコスト、そしてポップな雰囲気などを総合すると、やはりクラブマンは唯一無二の存在と言えそうです。

>>MINI クラブマンのカタロググレードをチェックする

文:ピーコックブルー
写真:欧州仕様

こんな記事も読まれています

中上貴晶「決勝に向けてベストな状態」を探った2日間。スプリントはホンダ勢トップの13位/第6戦カタルーニャGP
中上貴晶「決勝に向けてベストな状態」を探った2日間。スプリントはホンダ勢トップの13位/第6戦カタルーニャGP
AUTOSPORT web
トヨタ「“ミニ”RAV4」実車公開!? ダイハツ「ロッキー」ベースの“RAV4”仕様! タフ顔が超カッコイイ「コンパクトSUV」の正体とは
トヨタ「“ミニ”RAV4」実車公開!? ダイハツ「ロッキー」ベースの“RAV4”仕様! タフ顔が超カッコイイ「コンパクトSUV」の正体とは
くるまのニュース
ジープの大型電動SUV『ワゴニアS』、5月30日デビューが決定
ジープの大型電動SUV『ワゴニアS』、5月30日デビューが決定
レスポンス
佐藤琢磨、インディ500での3勝目はならず。でも協力してくれたみんなに感謝「期待には届かなかったけど、さらに前進したい」
佐藤琢磨、インディ500での3勝目はならず。でも協力してくれたみんなに感謝「期待には届かなかったけど、さらに前進したい」
motorsport.com 日本版
超貴重  今読み返しても熱~い!! 86&BRZデビュー1年後の多田哲哉CEスペシャルインタビュー
超貴重  今読み返しても熱~い!! 86&BRZデビュー1年後の多田哲哉CEスペシャルインタビュー
ベストカーWeb
「360チャレスト」は約4100万円と高値安定中! 量産フェラーリでも人気集中の跳ね馬初市販ハードコアモデルとは
「360チャレスト」は約4100万円と高値安定中! 量産フェラーリでも人気集中の跳ね馬初市販ハードコアモデルとは
Auto Messe Web
トヨタ・ランドクルーザー250に、パイオニアの「10スピーカーサウンドシステム」が純正採用
トヨタ・ランドクルーザー250に、パイオニアの「10スピーカーサウンドシステム」が純正採用
月刊自家用車WEB
【メルセデスのモンスター】メルセデス・ベンツ 300SEL 6.3/W109(1968-1972年)
【メルセデスのモンスター】メルセデス・ベンツ 300SEL 6.3/W109(1968-1972年)
AutoBild Japan
LEDヘッドランプ搭載 マツダ「スクラムトラック」が製品改良 軽トラをもっと快適/安全に
LEDヘッドランプ搭載 マツダ「スクラムトラック」が製品改良 軽トラをもっと快適/安全に
AUTOCAR JAPAN
年収1000万円を超えるとSUVが人気…家計診断・相談サービス「オカネコ」調べ
年収1000万円を超えるとSUVが人気…家計診断・相談サービス「オカネコ」調べ
レスポンス
全国のロゴス直営店にて「テントフェスタ」を5/31~6/2まで開催!
全国のロゴス直営店にて「テントフェスタ」を5/31~6/2まで開催!
バイクブロス
【ヤマハ】エリック・ヘイズによるペイントが施された YZF-R7・YZF-R125 が渋谷パルコにて展示中!(動画あり)
【ヤマハ】エリック・ヘイズによるペイントが施された YZF-R7・YZF-R125 が渋谷パルコにて展示中!(動画あり)
バイクブロス
車内の「謎の木目」何で出来てる!? ホンモノの木じゃないってマジ!? 知ってるようで知らない「“木目”パネル」の正体とは
車内の「謎の木目」何で出来てる!? ホンモノの木じゃないってマジ!? 知ってるようで知らない「“木目”パネル」の正体とは
くるまのニュース
モナコGPを”カミカゼ”戦略で走り切ったアロンソ。実はフィニッシュ時には入賞したと思っていた?「その誤った情報が僕を生き返らせてくれた」
モナコGPを”カミカゼ”戦略で走り切ったアロンソ。実はフィニッシュ時には入賞したと思っていた?「その誤った情報が僕を生き返らせてくれた」
motorsport.com 日本版
高騰のシビックタイプRが無理なら[シロッコR]!! 250馬力オーバーが買える! 格安車両には要注意!?
高騰のシビックタイプRが無理なら[シロッコR]!! 250馬力オーバーが買える! 格安車両には要注意!?
ベストカーWeb
ホンダ:間近で感じたドゥカティの速さ。ザルコ「自分のペースにフラストレーション」/第6戦カタルーニャGP スプリント
ホンダ:間近で感じたドゥカティの速さ。ザルコ「自分のペースにフラストレーション」/第6戦カタルーニャGP スプリント
AUTOSPORT web
【角田裕毅F1第8戦展望】最適化されたセットアップ。1セットの新品ソフトで全区間自己ベストを更新、前年を上回る8番手
【角田裕毅F1第8戦展望】最適化されたセットアップ。1セットの新品ソフトで全区間自己ベストを更新、前年を上回る8番手
AUTOSPORT web
ロールス・ロイス新型「カリナン シリーズII」に「ブラックバッジ」が同時発表! まさに600馬力のV12エンジンを搭載した破壊神です
ロールス・ロイス新型「カリナン シリーズII」に「ブラックバッジ」が同時発表! まさに600馬力のV12エンジンを搭載した破壊神です
Auto Messe Web

みんなのコメント

109件
  • ミニシリーズで最大と解説されてますが、クロスオーバーが最大サイズです。
    比較に記載されているサイズは、前型のクロスオーバーです。

    間違いのない記事を書いてほしいです
  • 国産の良さを語る時に、コスパや実用性という
    白物家電の様なワードしか出てこないのが悲しい😢
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

335.0578.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

12.1619.0万円

中古車を検索
MINI Clubmanの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

335.0578.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

12.1619.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村