サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【MotoGP】3回王者のウェイン・レイニー、好敵手シュワンツ93年のタイトルは「十分評価されていない」と持論

ここから本文です
 ロードレース世界選手権500ccクラスで3度チャンピオンに輝いたウェイン・レイニーだが、彼は激しく競い合ったライバルのケビン・シュワンツのタイトルの“とてつもなさ”が十分な評価を受けていないと考えている。

 現在はMotoGPと呼称されているロードレース世界選手権。しかしかつてこのシリーズは、WGP(世界GP)と呼ばれていた。そしてそのWGP時代の1980年代後半から1990年代前半にかけてのレイニーとシュワンツの戦いは、モータースポーツにおいて最も象徴的なライバル関係のひとつだろう。

おすすめのニュース

サイトトップへ