新車価格(税込)

330.4434.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

35.0215.0万円

中古車を検索

グレード情報SAI

歴代モデル1件SAI

ユーザーレビュー86件SAI

SAI

  • 運転が楽しい
  • 高級感がある
  • コーナリング性能が優れている

平均総合評価

4.2
走行性能:
3.9
乗り心地:
4.0
燃費:
3.7
デザイン:
4.2
積載性:
3.5
価格:
3.4

所有者データSAI

  • グレード所有ランキング上位3位

    1. G(CVT_2.4)
    2. G(CVT_2.4)
    3. S(CVT_2.4)
  • 人気のカラー

    1. パール
    2. シルバー
  • 人気の駆動方式

    AWD
    全輪駆動
    FF
    前輪駆動
    FR
    後輪駆動
    MR
    後輪駆動(ミッドシップエンジン)
    RR
    後輪駆動(リアエンジン)
  • 男女比

    男性
    91.2%
    女性
    7.0%

    その他 1.6%

  • 人気の乗車人数

  • 居住エリア

    1. 関東地方 26.9%
    2. 近畿地方 15.2%
    3. 九州・沖縄地方 13.9%
  • 年代

  • 年収

車両データと所有者データの数値はマイカーデータとPayPayカードのデータのデータを集計したもの。無回答を除く。

中古車相場 SAI

平均値を表示しています。

SAI

SAIの中古車平均本体価格

99.3万円

平均走行距離66,259km

買取情報SAI

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!
愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

あなたの愛車、今いくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

リセール価値SAI

走行距離別リセール価値の推移

SAI
グレード:
G(CVT_2.4)

5年後の売却予想価格

新車価格

392.0万円

売却予想価格

37.5万円

新車価格の 10%

年間平均走行距離
  • 5千km
  • 1万km
  • 2万km
年間平均
走行距離
2025年
1年後
2027年
3年後
2029年
5年後
2031年
7年後
5千km 68万円 53万円

38万円

新車価格の
10%

22万円

新車価格の
6%

1万km 67万円 50万円 33万円 16万円
2万km 65万円 45万円 25万円 4万円

リセール価値のデータは、弊社が独自に算出した参考データであり、将来性・正確性等を保証するものではありません。

このクルマについて SAI

2015年5月

■2015年5月
トヨタはハイブリッド専用車のSAIに、内外装デザインの刷新や燃費の向上、装備の充実化などの大幅なマイナーチェンジを実施し、2013年8月29日に発売した。

外観デザインは超ワイドなヘッドライトや新形状のフロントグリルやバンパーを採用し、リヤもワイド感を強調したコンビネーションランプを採用するなどの変更を行った。

さらにボディサイドもノーズからサイドのプレスラインを通じてリヤにつながる伸び伸びとしたデザインを採用していて、従来の平凡なセダンデザインから見ると全く違うクルマのように見える。

インテリアも基本造形は変わらないものの、センタークラスターやコンソール部分のオーディオスイッチなどを変更し、新しい加飾パネルを採用することなどによって質感を高めている。また操作性を高めるとともにデザインも新しくしたリモートタッチを一部グレードに採用した。

ハイブリッドの制御を変更することで、燃費を22.4km/Lへと向上させるとともに、新たにスポーツモードを設定してダイレクト感のある走りを実現した。ほかに上級グレードにはエアロスタビライジングフィンやパフォーマンスダンパーを設定し、安定感のあるハンドリングを実現した。

吸・遮音材の増強や遮音ガラスの採用、エンジンマウントの改良などによって上級セダン並みの静粛性を確保した。

植物資源を減量とするエコプラスチックやリサイクル材の採用を拡大し、環境への配慮をさらに徹底させている。

装備では最新のSDナビゲーションを採用するとともに、マイクロSDカードスリットやブルーレイなどの新機能の設定したほか、USB端子を増強するなど、機能の向上を図った。さらにアクセサリーコンセントを備え、災害時に非常用電源として使えるようにした。

グレードはベースグレードのSと上級グレードのGが基本で、Sには快適装備を充実させたCパッケージが設定され、Gにはプリクラッシュセーフティシステムなど安全装備を充実させたAパッケージの設定がある。

2015年5月11日には一部改良を行い、「スーパーUV400カットガラス」を全車のフロントドアに採用した。

あわせてGをベースに、ファブリック×合皮シート(フロントシートヒーター付き)などを装備した特別仕様車「G“ヴィオラ”」を発売した。

※ 掲載しているすべての情報について保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格のため、掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。詳細は、メーカーまたは取扱販売店にてお問い合わせください。