現在位置: > > > > > 私はトヨタが好きではありません。 トヨタ車っ...

『私はトヨタが好きではありません。 トヨタ車っ...』:トヨタ カローラ

解決済み私はトヨタが好きではありません。 トヨタ車ってなぜあんなにも同じ車の使いまわし、同じような車を出すんですか?? カローラシリーズ

私はトヨタが好きではありません。

トヨタ車ってなぜあんなにも同じ車の使いまわし、同じような車を出すんですか??
カローラシリーズアルファード、ウ゛ェルファイア
ノア、VOXY
ウィッシュ、アイシス
アリオン、プレミオ、ブレビス?、プログレ
オーリス、ブレイド
レクサスRX、ハリアー
レクサスHC、SAIなどなど

それから失礼だと思いますが昔からトヨタに何の魅力も感じません。デザイン最悪。もはや好みの問題とかではないと思います。iQやパッソセッテ、ラッシュ、WiLLシリーズなど全く必要のなかった車だと思います。
そのわりにスポーツタイプの車や車好きに喜ばれるような車を作らない。本当に真剣に一台一台、車が好きで作ってるのか?と疑ってしまいます。

スープラ、チェイサー、MR-2、ソアラ、FJクルーザー、iS…など好きな車もあります。ただトヨタのやり方や車に対しての熱意みたいなものが感じられないのが気にいりません。

私の考えはおかしいでしょうか??
様々な回答や意見お待ちしてます。

補足
デザインや必要のない車などと個人的な意見を言ってしまい申し訳ありません。使いまわしの件でOEMや昔他メーカーもやっていたことはわかっています。ただなぜトヨタはトヨタの中で顔を変えた使いまわしを今だにしてるのか聞きたいんです。熱意が感じられない車種ばかりだから言ってるんですよ。LF-Aはすごい車だと思いますよ。でもあれは宣伝カーですよね?一般向け企業なのに一般受けするスポーツカーは出さないんですか?

ベストアンサーに選ばれた回答

自動車メーカーは、ここ数年販売チャンネルの統合を進めてきました。
トヨタもディーラーの統合を進めましたが、もともとの店舗が多くこれ以上の統合は無理と思われます。

メーカーとしてはディーラーのラインナップを揃えるためにも、ある程度の車種は製造していかないとならないのですが、
基本設計からすべて作っていくのは、コスト的に無理です。
シャーシー、エンジン等の流用は、他メーカーでもしていますが、まったく同じ設計で顔つきだけ変えて販売しているのは
トヨタが圧倒的に多いです。

ディーラーからの要望もあるのでしょうが私も感心しませんね。

回答一覧

19件中1~10件を表示

2ページ [先頭前へ12次へ最後]

  • それでも大勢の人がなにかしら気に入って買ってる事実がある。

    新しいエンジンを車種ごとに設定供給するのも悪くはないが、俺はある程度歴史がある煮詰めたエンジンに安心を買いたいと思う。


    それから…あなただけに伝える為にトヨタは熱意を注ぐ事はないよ。

    トヨタの車作りに対する熱意をあなたは気付いていないだけじゃない?

    熱意がどうとか言える程、あなたはトヨタの何を知って、何に乗って、何を勉強したの?

  • あなたの意見がおかしいかどうかは
    他人がどうこう言う問題ではありません。
    車好きの心情としてあるいは一遍の真理はあるかもしれません。
    それは個人の意見の自由なので構わないと思います。

    既に同じ様な回答が出ていますが、
    顔を変えた使い回しは売れるからですよ。
    例えばベルファイアとアルファードで言えば
    自販連のデータだと売り上げトップ30の中に
    両方入っています。

    この例で言うと、
    例えば顔が1つの場合月に7000台売れるものが
    ユーザーの微妙な外観的嗜好の違いに対応して
    顔の違う二つに分けた事によりトータル10000台売れる。
    みたいな狙いだと思います。

    企業ですから車好きの拘りより先ず売り上げ優先です。

    あなたの仰るような熱意を先行させた、
    一部の車好きしか買いたがらない車ばかり作ってしまい、
    会社の景気が悪くなる様な経営をしてしまえば
    これは逆に働いている従業員達にとって不誠実な
    経営となってしまいます。(売れなければ給料も下がるのですから)

    スポーツカーを出さないのもそういう理由です。
    昔ほどスポーツカーは売れませんから。

    なので、嫌いなら眼中に入れず気になさらないのが一番かと思います。

  • 顔を変えて色んな人のニーズに応えないとたくさん売れないからですよ。

    車が好きな訳でもない一般の人にとっては何を使いまわそうが見かけが違えば別の車。


    スポーツカーを出さない理由は単純。

    売れない車は作らない、スポーツカーがヴィッツと同じ台数売れるなら販売されるでしょう。

  • 同じような車を作り続ける最大の目的は、安定した部品供給を維持するためだと思います。一点ものの車は、部品の特殊性が原因で維持ができず、人気が落ちた途端に淘汰されていき、乗り続ける人は非常に少ない(理由は簡単、壊れたら直せないから)です。それに対し、ある程度共通性を持った車をつくる事によって生み出した車をできるだけ高品質で維持する事、そして全体の生産コストをできるだけ抑えるという考え方は、車だけではなく、現在では動く乗り物(自動車だけでなく、バスや鉄道車両も)全般にそのような風潮が見られます。その点では、トヨタの生産戦略はかなり先見の明があったのかと思います。また、市場の反応はかなりシビアで、弾数と価格がその車の価値を如実に語っています。質問者様が「必要ない」とお感じになった車種の動向をみてみると、強ち外れているとは感じません。しかし、是非見て欲しいのはその逆です。これらの車はトヨタが生み出した名車だと私は思います。同一車種でもグレード内の差は歴然、海外でも売れる車はものすごい距離を走っている車でもかなりの値段で売られています。ちなみに私の車は中古で買った1kz搭載の四駆、何故この車が世界規模で通用し、10年以上型落ちなのに価格が下がらないのかがよく分かりました。

  • 小型FRスポーツ「FT-86」なら2011年末の市販化を目指してトヨタは頑張ってらしいですよ。

    FT-86とはザックリ言うと現代版のAE86(レビン・トレノ)らしいです。

    まぁ、僕は日産派なんですが、このFT-86の話しを聞いた時にはトヨタも なかなかやるなーって感じました。

    しかし、回答されてる方の ほとんどがトヨタ指示だと思うんですが、回答の内容もトヨタ生産方式なみに無駄のない万人に分かりやすい回答ですね。

  • 世界のトヨタになったのはその信頼性があるからです。

    東南アジア・中東・アフリカ・オーストラリア・アメリカなどの過酷な路面状況や長距離移動を必要とされる地域では何を優先すればいいかわかりますよね。

    高い信頼性を得たパーツを流用して、開発コストを削減するには、構造や特性をあまり変えないことが必要になると思います。

    時代に合ったデザインに改良して売るってことかもしれないです。


    また、私は世界のあらゆる自動車メーカーの乗用車の修理を経験していますが、トヨタとGMは整備性が非常に高いです。

    修理に掛かる時間や、それに伴うコストも減るっていうこともあるかもしれないですね。(海外での部品代の値段の違いまでは分かりません、あくまで工賃代という面で)


    ちなみに、好きで作るとフェラーリとかランボルギーニみたいな感じになります。

    現地の工場では、お酒を飲んだりしながら作っているなんて事をよく耳にしますよ。(ほんとかどうかしらないけどw)

    実際、ドアパネルの内側(分解しないと見えない所)にドラえもんの絵が書いてある新車を自分の目で見たことがありますwww

  • 売るため…
    企業が生き残る為には仕方のない手段
    企業である以上、趣味の範囲では済まされないのです

    自分も正直、現状のトヨタ車に価値を見出だせません
    しかし、使うダケと言う用途の需要も増える中にあって(車に拘りが薄い)今の様な流れになるのは仕方のない事なのかな。
    昔のトヨタは良かった…
    でも今は時代が違うんです
    違和感を感じる方は、他のメーカーへ移ったり、旧車を乗り続けたり…自分も今のトヨタ車は買わない、そのうちのひとり
    スープラやMR2、奇想天外なセラ、…その時代のトヨタなりの独創的があった頃が懐かしいです。

  • …あ、熱いですね。おっしゃりたいことはわかりますが。質問者さんには理解し難いことでしょうがトヨタデザインは世界レベルの水準にあります。たくさん売れてたくさん走っていますよね。これは市場調査と企画とデザインの勝利。会社にとって優れたデザインは会社に貢献するカタチです。それから似たような話になりますがトヨタ車の凡庸で平凡で刺激がない退屈かつ陳腐なデザインはトヨタデザイナーの血と汗の結晶。彼は物凄い造形スキルを駆使して今もつまらないカタチを真剣に追求しています。業界外の人からみれば正気の沙汰とは思えないでしょうが。意図して売れて投入当初はそこそこ新しくある程度年月が経てば確実に古臭くなるデザインを継続的に開発出来る能力の凄まじさは解らないと思います。クルマ好きのささやかな抵抗はそんなクルマを買わないこと。デザインやスタイルに感覚的にルーズかつ無関心な方が多いことがトヨタデザインの退廃の背景にありますから。我々ひとりひとりがデザインが心や想いに応えるカタチやメッセージとして大事にしていけばもう
    少しなんとかなると思います。

  • 好き嫌いは個人の自由です。

    しかし、車を売る側は一人一人の好き嫌いより、大衆が求めていて納得できるものをいかに作るかということが使命です。

    そして、質問者様にとっては誠に残念ですが、トヨタの売上シェアから見てもトヨタは世界中の大衆からそれを支持されているのがまぎれもない事実です。

    つまり、質問者様のお考えは現在の世の中では、非常に少数派の意見であり、トヨタにとっては無意味な意見ということになります。

    それだけのことですよね。

    ご参考まで。

  • 嫌いなら自分には関係無い自動車メーカーをいちいち気にしてわざわざ質問する

    賛同する仲間が欲しいのですか?
    好きなメーカーがあるならそれだけ見てればいいし、嫌いなら気にしてる場合では無いと思いますよ?

    日常生活の中で嫌いな人がいたら
    陰でこそこそ悪口を周囲の人に言いふらすタイプですか?

    他人の悪口や陰口は、聞かされる方は「俺の事も言っているんだろ」と思われ
    自分を下げるだけですよ?
    嫌いなら買わなければいいだけです。
    道を走るトヨタ車も許せ無いと思うなら、
    かなり危ない精神状態ですよ。

19件中1~10件を表示

2ページ [先頭前へ12次へ最後]

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。
質問や回答、投票はYahoo!知恵袋で行えます。質問にはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。

車検予約・料金比較は、カービュークリア車検

強力洗浄&撥水効果 クリーン&リペル

愛車の買取相場知るなら買取カービュー

マイカー登録はこちら

ダイハツロッキ― 新自由SUVだからこそ広がる世界がある

中古車選びの不安にサヨナラ! Hondaの「U-Select」に注目の理由

実力検証! リーフe+はドライブも楽しめるのか?

レクサスの流儀が随所に宿る UX200“Blue Edition”登場

中古車トヨタ カローラアクセスランキング
  1. 1位 1.8 ハイブリッド S
    1.8 ハイブリッド S
    2,100,000円(神奈川)
  2. 2位
    1.2 WxB
    2,121,000円(東京)
  3. 3位
    1.2 WxB
    2,390,000円(滋賀)
  4. 4位
    1.8 G-X
    1,850,000円(愛知)
  5. 5位
    1.8 ハイブリッド S
    2,470,000円(三重)

※2020年4月3日現在(毎日更新)

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!
carview!の最新情報をチェック!
Facebook
carview!公式Facebook
最新のクルマ情報をお届けするcarview!オフィシャルページ(外部サイト)

Twitter
carview!公式Twitter
carview!の中の人がクルマ情報をつぶやく公式アカウント(外部サイト)