プジョー 206 「プジョー206」のレビュー

蒼い亡霊☆ 蒼い亡霊☆さん

プジョー 206

グレード:XTプレミアム_RHD(5ドア_AT_1.6) 2001年式

乗車形式:その他

評価

3

走行性能
-
乗り心地
-
燃費
-
デザイン
-
積載性
-
価格
-

プジョー206

2015.8.15

総評
当時の新車価格、現在の中古車価格を見ると、比較的安く手に入るフランス車。
日本車にない個性を求める方にはおすすめ。
修理頻度と費用が確認出来なかったので、
手に入れる際の最終判断はその概算を立ててからの方が望ましい。
満足している点
・出足の良さ
・取り回しの良さ
・居住性
・視界の広さ
・エアコンの風量
・ボディカラーの鮮やかさ
不満な点
・任意で4速を選べない(せめて60km/hで入って欲しい)
・右ハンドルとなっているがワイパーの作動方向が左ハンドル用(未修整)
・オフしてしまうと毎回「AUTO」からスタートするエアコン(マニュアル操作が記憶されない)
・パワーウインドウスイッチの位置(パーキングレバー付近では目視しにくい)
デザイン

-

走行性能

-

愛車修理中の代車として250km走行。

車重の軽さとエンジンパワーのバランスはよく、出足の良さにつながっている。
ミッションはローホールドが基本のようで、パワーを使い切っていく感じ。
逆に最終の4速になかなか入ってくれず、80km/h近くならないと3速のまま。
またアクセルオフ時は空走感なくエンジンブレーキとなり、
場合によりシフトダウンとなるため好みが別れるところ。
ゲート式シフトは慣れが必要で、D(4)⇒(N⇒)Rはブラインドシフトしにくい印象。
私はHパターンか直線の方が好み。


取り回しは小回りも効くし視界も全方向良好(プライバシーガラスレスに久々乗った)。
コーナリングはニュートラルにこなせる(FF特有のアンダーは弱いと思う)。
ブレーキペダルが愛車比較で遠目(アクセルとほぼ同じ高さ)かつ足元エリアが狭く、
つま先をぶつけながら深く踏み込む印象。
乗り心地

-

初めて“猫足”のフランス車を駆ったのだが、想像より固めであった。
コンパクトハッチだからなのか、ピッチングは気にならないものの脚は跳ねる
(そういう意味での“猫”なのか!?)。
全長に対してはロングホイールベースである。


14年落ちのせいか、段差越えの際にフロントストラット付近からゴトゴトと異音あり。
いずれも個体差なのかもしれない。
シートはしっかりしているので、ボディのヴァイブレーションはさほど気にならない。
アップライトなポジションで、ヒップポイントは一番低くしても高め。
静粛性は「並」と言ったところで、アイドル時と走行時はオーディオボリューム調整を要する。
リアからよりフロントから(特にエンジン音)のサウンド侵入が目立つ。
積載性

-

かつて営業車で使用していた初代トヨタ パッソと比較して、若干劣る程度。
荷物より居住性重視のようで、後席は比較的広い部類に感じた。
燃費

-

250km走行で10.5km/h程度を記録。
回し気味であったが、愛車と同様となった。
想定の範囲内であった(もっと良かったら所有検討!?)。
ハイオク指定なのはお約束通り。
価格

-

故障経験

下記のリンクから「みんカラ」に遷移して、違反報告ができます。

「みんカラ」から、違反報告をする

プジョー 206 レビュー・評価一覧

マイカー登録
プジョー 206 新型・現行モデル