新車価格(税込)

2218.03200.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

1769.83660.0万円

中古車を検索

グレード情報Gクラス (ハッチバック)

歴代モデル2件Gクラス (ハッチバック)

ユーザーレビュー24件Gクラス (ハッチバック)

Gクラス (ハッチバック)

  • 乗り心地が良い
  • 運転しやすい
  • 迫力がある

平均総合評価

4.8
走行性能:
4.7
乗り心地:
4.3
燃費:
2.9
デザイン:
5.0
積載性:
3.8
価格:
4.1

所有者データGクラス (ハッチバック)

  • グレード所有ランキング上位3位

    1. メルセデスAMG G63_RHD_4WD(AT_4.0)
    2. メルセデスAMG G63_LHD_4WD(AT_4.0)
    3. メルセデスAMG G63_LHD_4WD(AT_4.0)
  • 人気のカラー

    1. ガンメタ
  • 人気の駆動方式

    AWD
    全輪駆動
    FF
    前輪駆動
    FR
    後輪駆動
    MR
    後輪駆動(ミッドシップエンジン)
    RR
    後輪駆動(リアエンジン)
  • 男女比

    男性
    93.2%
    女性
    5.9%

    その他 0.7%

  • 人気の乗車人数

  • 居住エリア

    1. 関東地方 50.3%
    2. 近畿地方 18.1%
    3. 東海地方 15.7%
  • 年代

  • 年収

車両データと所有者データの数値はマイカーデータとPayPayカードのデータのデータを集計したもの。無回答を除く。

中古車相場 Gクラス

平均値を表示しています。

Gクラス

Gクラスの中古車平均本体価格

2596.0万円

平均走行距離13,543km

買取情報Gクラス (ハッチバック)

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!
愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

あなたの愛車、今いくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

このクルマについて Gクラス (ハッチバック)

2020年8月

■2020年8月
メルセデス・ベンツ日本は、「メルセデスAMG Gクラス」を価格改定して、2020年6月30日に発表、同年8月1日に実施した。

同年8月6日には「メルセデスAMG G63」に、インテリアをユーザーの好みの仕様に仕上げる完全受注生産オプション「G マヌファクトゥーア プログラム」、「G マヌファクトゥーア プログラム・プラス」、「G マヌファクトゥーア インテリアプラスパッケージ」、「G マヌファクトゥーア プログラム専用追加オプション」を導入した。

2021年1月1日には価格改定を実施した。

■2022年7月
メルセデス・ベンツ日本は、「メルセデスAMG Gクラス」に特別仕様車「メルセデスAMG G63 エディション55」と「メルセデスAMG G63 マグノヒーローエディション」を設定して、2022年7月28日に発表した。「メルセデスAMG G63 エディション55」は200台、「メルセデスAMG G63 マグノヒーローエディション」は300台限定で、すでに受注を開始している。

「メルセデスAMG G63 エディション55」はAMGの創業55周年を記念した特別仕様車。サイドミラーやスペアホイールカバーリングにオブシディアンブラックのアクセントなどを施して、エクステリアをシックに演出。またマットタンタライトグレーペイント22インチAMGクロススポークアルミホイールと専用デカールを特別装備した。

インテリアは、「Edition 55専用ロゴ」をあしらったDINAMICA仕様のAMGパフォーマンスステアリングを採用。また暑い時期のシートと接する部分の蒸れを防ぐシートベンチレーター[運転席・助手席]や、リラクゼーション機能[前席]を備えた滑らかな肌触りのナッパレザーシート、トリムの随所にカーボンを採用したAMGマットカーボンインテリアトリムを標準装備している。

ボディカラーは、オブシディアンブラックとオパリスホワイトの2色展開となる。

もう一方の「メルセデスAMG G63 マグノヒーローエディション」は、バンパーやルーフトップ、ドアミラー、スペアホイールカバーリングなどにマグノナイトブラックのアクセントを施した。あわせて、前後スリーポインテッドスターとモデルバッジをブラック仕様、ヘッドライトやウインカー等をブラックスモーク仕様にして、特別感あふれる外観に仕上げている。またマットブラックペイント22インチAMGクロススポークアルミホイールを特別装備した。

インテリアは、カーボンとDINAMICAを使用したAMGパフォーマンスステアリングを採用した。また「メルセデスAMG G63 エディション55」と同様のシートベンチ
レーター[運転席・助手席]やナッパレザーシートに加えて、ナッパレザーダッシュボードを標準装備している。

ボディカラーは、、ドイツ本社にて新たに設定されたマットペイントの「グリーンヘルマグノ」、「マグノオパリスホワイト」、「マグノコッパーオレンジ」の3色を設定。なおインテリアのレザーは、ボディカラーに合わせたステッチが施される。

■2024年2月
メルセデス・ベンツ日本は2024年2月28日、「メルセデスAMG Gクラス」の特別仕様車「G63 グランドエディション」を発表した。予約注文の受付はすでに開始している。限定台数は右ハンドル仕様が140台、左ハンドル仕様が95台の計235台。

今回の特別仕様車は「メルセデスAMG G63」をベースに、マットペイントやゴールドカラーを取り入れることで特別な内外装に仕上げたモデル。エクステリアは、ボディカラーをマットペイント外装色である「マグナイトブラック」として、さらにフロント/リアスカートの一部や、スペアタイヤリング、前後のスリーポインテッドスター、ボンネットバッジ、サイドバッジ、リアバッジにマグノカラハリゴールドのアクセントを施すとともに、ヘッドライト、テールライト、ウインカーをブラックスモーク仕様としている。さらに、本モデル専用のテックゴールドペイントの22インチAMGアルミホイールを特別装備している。

インテリアには、人工スエードの「DINAMICA」を使用して「G63」のロゴをあしらったAMGパフォーマンスステアリングを採用してプレミアム感を高めている。また、暑い時期のシートの蒸れを防ぐシートベンチレーター(前席)、運転時の身体をほぐすためのリラクゼーション機能(前席)を装備したダイヤモンドステッチ入りのナッパレザーシートや、ナッパレザーダッシュボードも標準装備。さらに、エクステリアの世界観をインテリアにも取り込み、シートにゴールドステッチを施したほか、インテリアトリムにコッパー(銅色)アクセントを取り入れている。

パワートレーンはベースとなった「G63」に準じており、最高出力430kW(585PS)、最大トルク850Nmを発揮するAMG4.0リッターV8直噴ツインターボエンジン「M177」を搭載。高負荷走行に対応するAMG強化ブレーキや、俊敏なハンドリングを実現するAMG専用サスペンションを採用している。

※ 掲載しているすべての情報について保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格のため、掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。詳細は、メーカーまたは取扱販売店にてお問い合わせください。