現在位置: > > > > > 惚れた~、このクルマには、ニッポンの...

カタログ情報は「カーセンサー.net」から情報提供を受けています。

『惚れた~、このクルマには、ニッポンのモノ作り力が宿っている!(^-^)』の口コミ

  • 惚れた~、このクルマには、ニッポンのモノ作り力が宿っている!(^-^)

    総合評価:10点満点中8点

    投稿日:2019年9月3日

    投稿者:ウールさん さん

    乗車形式:マイカー

    メーカー・モデル:マツダ MAZDA3セダン
    グレード:20S Lパッケージ(AT_2.0) (2019年式)

    総評
    私は、GVCプラス等による長距離走行も苦にならない乗り心地に感動した。
    私は、セダンのボンネット高を抑えた凛とした伸びやかさ、ボディサイドへの複雑な映り込み、進化した「魂動デザイン」に感動した。
    私は、このクルマの作り手の、モノづくりへの志の高さに感動した。
    このクルマには和を感じる、「日本」がある、ニッポンのモノ作り力が宿っている。
    そして私は、世界のわずか2%の「マツダ車乗り」の一員になった。(^o^)/
    満足している点
    セダンのエクステリアは「凛とした伸びやかさ」がテーマだそうだ。エレガンスを感じる。
    ボンネット高は、セダンの伸びやかさ追求のために、30mm下げられたとか。また、ドアサイドの凹みは、マシーングレープレミアムメタリック色の陰影感も加わり、太陽の位置や見る角度、見る場所で目まぐるしく変化し、どのタイミングで見ても飽きない、繊細でとても優雅な造形だと思う。クルマに向かって歩いていく時、毎回、今回はどうかな?という新鮮な楽しみがある。
    これらの実現に向けたデザイナーのコダワリ、デザイナーの意図を忠実に再現しようとした工場技術者の職人魂には、おおいに敬意を表したい。
    不満な点
    加速時のエンジン音や排気音をもっと聴かせてほしい。
    一方で、ざらついた路面では、ロードノイズの車内侵入が気になる。

    下記のリンクから「みんカラ」に遷移して、違反報告ができます。

    「みんカラ」から、違反報告をする

口コミを書く

口コミを投稿する(外部サイト)

※自動車SNSサイト「みんカラ」に遷移します。
みんカラに登録して投稿すると、carview!にも表示されます。

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!
carview!の最新情報をチェック!
Facebook
carview!公式Facebook
最新のクルマ情報をお届けするcarview!オフィシャルページ(外部サイト)

Twitter
carview!公式Twitter
carview!の中の人がクルマ情報をつぶやく公式アカウント(外部サイト)