現在位置: carview! > カタログ > レクサス > LSハイブリッド > みんなの質問 > レクサスはベンツの技術を追い越せそうもないですか?

『レクサスはベンツの技術を追い越せそうもないですか?』:レクサス LSハイブリッド

解決済みレクサスはベンツの技術を追い越せそうもないですか?

レクサスはベンツの技術を追い越せそうもないですか?先日TVのクルマ情報番組で、新型ベンツS450について紹介していました。少し前には新型レクサスLS500の紹介もしていました。どちらもエンジンの排気量は3,500ccでハイブリッドシステムを搭載しており、車両サイズも価格も同じくらいです。ただ、エンジン構造に違いがあり、S450は直6で、LS500のほうはV6とのことです。
司会者はLSの紹介のときにはものすごくよくできており、すばらしいと言っていましたが、S450のときにはLSの技術は抜かれており、S450のほうがよくできているといったことをコメントしていました。
レクサスはベンツを追い越そうとはしているものの、今後も追い越せないですか?
また、両社とも同じ車格でのライバル車どうしで、レクサス車のほうが優れているケースがあれば、どの車種なのかを教えて下さい。

ベストアンサーに選ばれた回答

エンジン単体じゃレクサスはベンツには勝てない。
まあ、トヨタ自体がエンジンの開発には積極的じゃないからね。

あと、トヨタが100km以上の巡航はあまり得意な分野じゃない、レクサスはマシだと思うけど、アウトバーンなど200km以上の巡航を視野に入れているベンツには分が悪い。

但し、トヨタは100km以下での乗り心地や、ハイブリットシステムの制御などでは他のメーカーを大きく引き離している。日本国内の道に焦点を合わせれば、決してレクサスはベンツに負けてはいないと思いますよ。

回答一覧

9件中 1~9件
  • ベンツはアウトバーン、速度無制限道路で鍛えられています。

    200キロ以上の巡回性能が違います。

    レクサスは、ドライブするために作られています。

  • 開発予算が違い過ぎるので良い人材が国産には集まらない。

    常にベンツの真似しかできない国産には追い越す事は夢のまた夢。

    全体の購入層の所得水準が違い過ぎる。
    安いクルマしか売れない(買わない)国産ではそれなりの技術しかか
    開発できないのは仕方無い。

    所詮、安全機能ですらベンツの二番煎じですからね。

    まあ、国産しか知らない方が国産車オーナーは幸せでしょう。

    こんなショーモナイ国産車に囲まれて成長した若者が、
    ベンツの様な素晴らしいクルマに囲まれて育った若者よりも、
    素晴らしいクルマを開発できるとは思えない。

    所詮ベンツの真似しかできない。今後も追い越せない。

  • エンジン、足回り、車体、駆動、制御 色々な単品技術とかだと優劣はあるでしょうが、トータルバランスで見ると日本や日本と同じ実用速度域の地域ではの使用を前提とするならベンツよりレクサスの方が制御関係を含め有利だと思います。 だいたいが日本車はアメリカだとうけて ヨーロッパではうけないなどの話しになりますので・・・

  • 一途にどっちが立場的に上かと言われてもその答えはNOですね、若干レクサスが劣っていますがレクサスにはいいとこがありますですがそれをうまく引き出せてないのと、実力でいうとどうしてもレクサスは負けてしまいとこがあります

  • レクサスの時に「素晴らしいが、追い付いてない」とは言ってなかったでしょ
    その時点では、越えていた事も考えられます
    後発のベンツの時に「SLの技術は抜かれた」と言ったんでしょ
    自称 評論家が金貰って提灯記事 書いているに過ぎませんよ

  • エンジン長を短くして車内空間を確保し易くするために、V6エンジンに移ったのに、この段階で直6に回帰したのは結構な驚きです。

    クランクシャフトの捻れ剛性にコストを掛けてまで頑なに長6エンジンに拘っているBMWとは好対照だったのですから。

    直6エンジンは原理的に、偶力振動や慣性振動が起こらないエンジンです。
    BMWのように拘るならV6へは移行しないでしょうし、既にV6エンジンに移行してかなり経過したこの時点で直6ですから。
    V6よりも直6で秀でたエンジンができたからでしょう。
    その点が、技術の違いかと思います。

  • レクサスは、キャデラックがライバルで北米がメイン
    速度もアメリカの制限速度での巡航が、静かで快適
    だからアメリカ人受けする。
    デザインもアメリカ人好みにしている。
    日本でも同じ事で、制限速度内で静かで快適な車
    これはレクサスなんだよね。
    何処でどう使われるか、このマーケッティングの差
    評論家は欧州が好き、米嫌いだから

  • 新型の450は乗ったことありませんが、現行前期400の時はレクサスの方がハイブリッド技術あるなぁと思いました。
    レクサスの良いところは、日本人が造るだけあって日本人好みの内装であったり、アフターサービスであったりですね。
    あと、安全技術はベンツ等の後追いになりますが(この辺は日本で規制があった為仕方ないですが)しっかりと熟成されてると思います。
    気候も考慮されていて故障が少ないのも良いところだと思います。

  • 乗り味のちがい(ただ、私はレクサスは乗ったことがないので参考はクラウン)は、好みの差としておいて。

    ダウンサイジングターボは、トヨタの歴史は始まったばかりですから、まるで歯が立たないでしょうし、それに合わせるハイブリットのユニットも後手に回ってしまったのかな?

    ベンツにはLS相当の車よりも上の車があり、その技術が降りてきますからね。

    レクサスが勝る部分はあります。
    国産車は、オイルなどの油脂類・バッテリーを交換していればほぼ他は問題が出ません。
    私が今乗っている350は、車齢7年で3年間乗っていますが、排ガスセンサー(13万)、時計が壊れました。父のクラウンは2台、15年(今のは7年目)。その前のセドリック、クレスタと28年さかのぼっても、故障はクラウンでの排気系のassay交換くらいでした(9万くらい)。オイル漏れで廃車にしたレガシィでも故障ではなく、11年目での消耗品(外車だと半分の寿命)の交換をすればまだ走れましたよ。

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。
質問や回答、投票はYahoo!知恵袋で行えます。質問にはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。