現在位置: carview! > カタログ > レクサス > LSハイブリッド > みんなの質問 > レクサスの旗艦 LS600h(ハイブリッドモ...

『レクサスの旗艦 LS600h(ハイブリッドモ...』:レクサス LSハイブリッド

解決済みレクサスの旗艦 LS600h(ハイブリッドモデル)は、ベンツやBMW、アウディ、VWなどの ドイツメーカーが同じくらいの値段で、全く同じものを今後3年以内につくることは、 可能ですか?

レクサスの旗艦 LS600h(ハイブリッドモデル)は、ベンツやBMW、アウディ、VWなどの
ドイツメーカーが同じくらいの値段で、全く同じものを今後3年以内につくることは、
可能ですか?

ベストアンサーに選ばれた回答

トヨタと提携して
日本の電気制御部品を購入すれば可能でしょう
高度な機械技術はドイツメーカーも凄いですが
高度な電子技術は日本の方が進んでいます。
大体においてドイツ車は電気系統がイマイチなんだから
電気自動車なんてどうなっちゃうのか???

回答一覧

2件中 1~2件
  • 可能も何もね・・・
    ハイブリットシステムは日本で開発された技術ではありませんよ。

    当時25歳だったフェルディナント・ポルシェ(※)が1896年に発表し1902年からオーストリア・ウィーンのローナー社で製造された「ミクステ」と言う車に既に使われていました。
    この時には、フェルディナント・ポルシェは致命的な欠点である、バッテリー問題に気づいていて、その問題点を解決した車が「ミクステ」だったわけです。
    この「ミクステ」は、バッテリーを搭載せず、ガソリンエンジンで発電機を回して電気を作り、モーターを駆動させるシステムでした。
    また、このシステムは第二次世界大戦中、フェルディナント・ポルシェ設計の戦車にも採用されていました。

    その後、1900年にメルセデスが同様のシステムを採用して開発しましたが、本格生産にいたることはありませんでした。
    その数年後(年代は記憶にありません)フォルクスワーゲンが様々なハイブリットシステムを開発し、3年間のレンタル期間を設け、一般消費者にレンタルしていました。

    世界的に見れば「ミクステ」が最初のハイブリットカーだったわけです。
    http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1410929504

    ※フェルディナント・ポルシェ(ドイツ)
    現在のポルシェ社の前進でもある、ポルシェ設計事務所の創業者。
    軍用車両の設計者としても有名。

    どうでもいいけど、もっと世界を見ようよ。
    日本だけが、全てではあまりにも視野が狭すぎる。

  • ハイブリッドは、トヨタが特許で固めてしまっているので他社が出すのは難しいです。
    ドイツメーカーは、ディーゼル技術かフォルクスワーゲンのように過給技術、そしてハイブリッドと言ってもアイドリングストップの補助装置レベルのもので対抗していくようですよ。

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。
質問や回答、投票はYahoo!知恵袋で行えます。質問にはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。