新車価格(税込)

1081.11595.4万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

29.8492.0万円

中古車を検索

グレード情報LSハイブリッド

ユーザーレビュー74件LSハイブリッド

LSハイブリッド

  • 見た目のデザインが良い
  • 加速が良い
  • バランスが良い

平均総合評価

4.4
走行性能:
4.7
乗り心地:
4.7
燃費:
3.4
デザイン:
4.6
積載性:
3.2
価格:
3.7

専門家レビュー5件LSハイブリッド

所有者データLSハイブリッド

  • グレード所有ランキング上位3位

    1. 600h“バージョンC・Iパッケージ”_5人乗り_AWD(CVT_5.0)
    2. 600h“バージョンL”_5人乗り_AWD(CVT_5.0)
    3. 600h バージョン U I パッケージ_AWD(CVT_5.0)
  • 人気のカラー

    1. パール
  • 人気の駆動方式

    AWD
    全輪駆動
    FF
    前輪駆動
    FR
    後輪駆動
    MR
    後輪駆動(ミッドシップエンジン)
    RR
    後輪駆動(リアエンジン)
  • 男女比

    男性
    93.0%
    女性
    5.4%

    その他 1.4%

  • 人気の乗車人数

    4
    10.8%
  • 居住エリア

    1. 関東地方 28.6%
    2. 東海地方 11.6%
    3. 近畿地方 9.3%
  • 年代

  • 年収

車両データと所有者データの数値はマイカーデータとPayPayカードのデータのデータを集計したもの。無回答を除く。

中古車相場 LSハイブリッド

平均値を表示しています。

LSハイブリッド

LSハイブリッドの中古車平均本体価格

184.1万円

平均走行距離105,952km

買取情報LSハイブリッド

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!
愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

あなたの愛車、今いくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

このクルマについて LSハイブリッド

2014年10月

■2014年10月
トヨタ自動車はレクサスブランドの最上級セダンであるLSに、内外装の仕様からボディ剛性の向上などまで、大幅な改良を加えた新型車を2012年10月11日から発売した。

新型LSは“熟成の極みと革新の融合”をテーマに開発され、LSの潜在能力をすべて引き出すべく、大規模な変更が加えられた。

外観デザインはGSから展開が始まったスピンドルグリルを採用した次世代LEXUSデザインを導入するとともに、外装の灯火類すべてにLEDを採用して新しいデザインを作り上げた。

内装はインパネデザインを一新して水平基調とし、LSの持つ品格とモダンなテイストが共存するものとしたほか、操作系の配置を見直して機能性を大幅に向上させた。またカーナビや車両情報を表示する12.3インチのワイドディスプレイや改良型のリモートタッチを採用して操作性を向上させている。このほか匠の手技によって薄い板材を重ね合わせ、独自の模様を表現した縞杢(しまもく)ステアリングや精緻に作り込んだ本アルミのアナログクロック(GPS補正機能付き)を新たに採用するなど、素材を生かしたインテリア空間が作られた。

基本メカニズムにも大きく手が加えられ、新しい溶接法を採用してボディ剛性を高めた上で、サスペンションやステアリングなどのシャシー系を改良することで、操縦安定性を向上させている。LSにも新たに“F SPORT”が設定され、専用の内外装デザインをはじめ、専用のチューニングを施したトランスミッション、サスペンション、ブレンボ製の高性能ブレーキ、19インチ鍛造アルミホイールなどの採用によって、“F”の走りを実現した。また意のままに車を走らせる楽しみを広げるためドライブモードセレクトを採用し、ドライバーの好みや走行シーンに応じて5つのモードを選択可能とした。

このほか、新世代の追突軽減ブレーキの採用で安全性を高めたほか、新機構・新装備の採用で快適性や静粛性を高めている。またパーソナルオーダーシステムの「L-セレクト」を発展させ、ユーザーの好みに合わせて内外装の選択の自由度が高められた。

2013年9月5日には一部改良を施し、LEDクリアランスランプに昼間の被視認性を高めるデイライト機能を追加するとともに、新デザインのシャークフィンアンテナを採用したほか、外板色に新色ソニックチタニウムを設定している。

2014年10月16日には、G-Link機能のG-securityの強化やSDナビゲーションシステムを全車標準装備とするなど一部改良を行った。

■2015年1月
トヨタ自動車はレクサスブランドの最上級セダンであるLSに、内外装の仕様からボディ剛性の向上などまで、大幅な改良を加えた新型車を2012年10月11日から発売した。

新型LSは“熟成の極みと革新の融合”をテーマに開発され、LSの潜在能力をすべて引き出すべく、大規模な変更が加えられた。

外観デザインはGSから展開が始まったスピンドルグリルを採用した次世代LEXUSデザインを導入するとともに、外装の灯火類すべてにLEDを採用して新しいデザインを作り上げた。

内装はインパネデザインを一新して水平基調とし、LSの持つ品格とモダンなテイストが共存するものとしたほか、操作系の配置を見直して機能性を大幅に向上させた。またカーナビや車両情報を表示する12.3インチのワイドディスプレイや改良型のリモートタッチを採用して操作性を向上させている。このほか匠の手技によって薄い板材を重ね合わせ、独自の模様を表現した縞杢(しまもく)ステアリングや精緻に作り込んだ本アルミのアナログクロック(GPS補正機能付き)を新たに採用するなど、素材を生かしたインテリア空間が作られた。

基本メカニズムにも大きく手が加えられ、新しい溶接法を採用してボディ剛性を高めた上で、サスペンションやステアリングなどのシャシー系を改良することで、操縦安定性を向上させている。LSにも新たに“F SPORT”が設定され、専用の内外装デザインをはじめ、専用のチューニングを施したトランスミッション、サスペンション、ブレンボ製の高性能ブレーキ、19インチ鍛造アルミホイールなどの採用によって、“F”の走りを実現した。また意のままに車を走らせる楽しみを広げるためドライブモードセレクトを採用し、ドライバーの好みや走行シーンに応じて5つのモードを選択可能とした。

このほか、新世代の追突軽減ブレーキの採用で安全性を高めたほか、新機構・新装備の採用で快適性や静粛性を高めている。またパーソナルオーダーシステムの「L-セレクト」を発展させ、ユーザーの好みに合わせて内外装の選択の自由度が高められた。

2013年9月5日には一部改良を施し、LEDクリアランスランプに昼間の被視認性を高めるデイライト機能を追加するとともに、新デザインのシャークフィンアンテナを採用したほか、外板色に新色ソニックチタニウムを設定している。

2014年10月16日には、G-Link機能のG-securityの強化やSDナビゲーションシステムを全車標準装備とするなど一部改良を行った。

2015年1月8日にはレクサス開業10周年を記念して、“Fスポーツ”をベースにボディカラーにホワイトノーヴァガラスフレークとブラック、インテリアにハイコントラストなブラックとスカーレットを採用した特別仕様車「“Fスポーツ Xライン”」を発売した。

同年9月25日には一部改良を行い、12.3インチワイドディスプレイの大画面を活かして地図の全画面表示を可能にしたほか、画面の右側に簡易操作画面を設定し、利用頻度の高い地図、オーディオ、電話、燃費、エアコンの各機能をワンタッチで呼び出せるなど操作性を向上した。

ナビゲーションシステムには、LTE方式の通信モジュールを採用し、通信の高速化に加えて音声とデータの同時通信を実現した。

このほか従来のスポット溶接よりも溶接打点間の間隔を詰めることができるレーザースクリューウェルディングの範囲を拡げ、またボディを面で結合し、たわみを抑える構造用接着剤の採用範囲を拡大することでボディ剛性を高めている。

2016年8月25日には一部改良を行い、ボディカラーに新色を追加して全11色を設定した。またAMラジオが聴きとりにくい地域でも、FM放送でAMラジオの番組が聴けるワイドFMに対応した。

※ 掲載しているすべての情報について保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格のため、掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。詳細は、メーカーまたは取扱販売店にてお問い合わせください。