現在位置: carview! > カタログ > ランボルギーニ > ムルシエラゴ > みんなの質問 > ランボルギーニ ムルシエラゴとアヴェンタ...

『ランボルギーニ ムルシエラゴとアヴェンタ...』:ランボルギーニ ムルシエラゴ

解決済みランボルギーニ ムルシエラゴとアヴェンタドールの違いは何ですか?

ランボルギーニ
ムルシエラゴとアヴェンタドールの違いは何ですか?

ベストアンサーに選ばれた回答

ムルシエラゴ(Lamborghini Murciélago)は、スペイン語で「コウモリ」の意味。
エンジン 6.2L V12 DOHC(580hp/7,500rpm)
LP640:6.5L V12 DOHC(640hp/8,000rpm)[1]
変速機 6速MT、6速セミAT
駆動方式 4WD(ミッドシップ)
全長 4,580mm
全幅 2,045mm
全高 1,135mm
ホイールベース 2,665mm
車両重量 1,650kg
タイヤ 前・245/35ZR18
後・335/30ZR18

アヴェンタドール(Lamborghini Aventador)は、スペイン・サラゴサの闘牛場において1993年10月から活躍した雄牛の名にちなむ。
エンジン 6.5L V型12気筒 DOHC 48バルブ
最高出力 515kW (700PS) / 8,250rpm
最大トルク 690N·m (70.3kgf·m) / 5,500rpm
変速機 7速セミAT
駆動方式 4WD
サスペンション 前後:プッシュロッド式ダブルウィッシュボーン
全長 4,780mm
全幅 2,030mm
全高 1,136mm
ホイールベース 2,700mm
車両重量 1,575kg

ムルシエラゴは、ランボルギーニがアウディ傘下に入った後に発売された最初の車種であり、ディアブロの後継車種となるフラッグシップスポーツカー。アヴェンタドールは、2010年をもって生産が終了したムルシエラゴの後継車種として、2011年3月1日より開催されたジュネーヴショー2011にて正式に発表されました。
車体はカーボンファイバーモノコックを採用し軽量化を図り、サスペンションはプッシュロッド式ダブルウィッシュボーン、エンジンは新設計のV12となっている。トランスミッションはマニュアルを廃止しセミオートのみとなった(メーカーとしても性能向上のためこの車種以降マニュアルは搭載しない考えのようです)。

よかったら参考にして下さい!

回答一覧

1件中 1~1件
  • 大きな違いはフレーム構造じゃない?

    ムルシはスペースフレームで、アヴェはモノコック。
    たしか、アヴェはカーボンモノコックだったはず。

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。
質問や回答、投票はYahoo!知恵袋で行えます。質問にはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。