現在位置: carview! > カタログ > ジャガー > XJシリーズ > レビュー・評価一覧 > 実用性を兼ね備えた芸術品。

ジャガー XJシリーズ 「実用性を兼ね備えた芸術品。」のレビュー

Narahi Narahiさん

ジャガー XJシリーズ

グレード:Super_V8_L_RHD(AT_4.2) 2004年式

乗車形式:マイカー

評価

4

走行性能
4
乗り心地
4
燃費
4
デザイン
5
積載性
5
価格
3

実用性を兼ね備えた芸術品。

2021.7.12

総評
ウッドに囲まれた革シートに座りクラシックを流せば、高い維持費やちょっとした不満も忘れてリラックスできます。
満足している点
タイトルの通りです。これに尽きます。
不満な点
中古で購入した場合、ルーフライナー剥がれ、ブッシュ類のヘタり、エアサスのエア漏れ、ウィンドウ周りのメッキ曇りは不可避と思われる。
ナビは辛うじて使えるレベル、リアモニターは再生可能規格が少ないため実質飾り。助手席にシートメモリーがない。ウォッシャーは窓とヘッドライト同時に出てしまう仕様。
小物入れもかなり少ない、小銭やスマホ、駐車券程度であれば問題なし。
ドリンクホルダーは中央アームレスト部分にあり格納時はすっきりしていて良いが、使用すると肘は置きづらく、シフト操作もしづらくなってしまう。
デザイン

5

エクステリア:一見シンプルな直線基調に見えるが、ベルトラインを除けば直線や平坦な箇所はほぼなく、ほとんどが無駄のない曲線でデザインされている。実用性重視の全高は歴代XJと比較して「特徴が失われた」と評されるが、同時期のW221やE65と比べると、低く伸びやかなプロポーションと実用性を上手く融合できているように感じる。
最後の丸目4灯であることも魅力。

インテリア:バーウォールナットとイタリア製?本革がふんだんにあしらわれている。フルバーウォールナットのステアリングと、光沢のあるすべすべのウッドシフトノブがたまらない。まさに応接間。LWBモデルであれば後席も当然広く、リムジンとしても十分機能する。
ネット上に転がっているデータでは、よくステアリングヒーターがなしと書かれているが、シートヒーターと同時にしっかり作動する。
走行性能

4

飛ばさないので詳しくはわかりませんが、普通に使う分には何も不満はありません。全長5.2m、幅1.9mの巨体を感じさせないくらいには運転しやすいです。ただ後退時はソナー付きとはいえ気を使います。バックカメラは後付可能みたいですが、ナンバープレートにカメラが被さってしまうため見た目重視ならおすすめしません。
乗り心地

4

よく言われる猫足とやらは、正直わかりません。沈みすぎず、固すぎず、スポーツとコンフォートの良いとこどりのような乗り味だと感じました。
静粛性に関しては、低速域においてはセルシオやLSに敵いません。(足はレグノGR-XⅡ)80kmを超えた辺りから本領発揮といったところです。風切り音のなさには感動しました。ゴトゴト音を発生させるブッシュ類は鬼門なので全交換をお勧めします。
積載性

5

トランクはスーツケース3~4個積めます。十分です。
燃費

4

ハイオクで街乗り5km前後、高速巡行で10km以上。
価格

3

中古価格はビックリするほど安いです。程度の良いXJRとロングモデルが200万前後です。
故障経験
ルーフライナー(サンルーフ部分のみ)剥がれ
ロアアームブッシュ前後交換済
スタビブッシュ交換済
ブレーキパッド交換済
リアエアサス漏れ交換済(ARNOTT製)

下記のリンクから「みんカラ」に遷移して、違反報告ができます。

「みんカラ」から、違反報告をする

ジャガー XJシリーズ レビュー・評価一覧

マイカー登録
ジャガー XJシリーズ 新型・現行モデル