サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 新車価格の倍の2億円! ジャガー「XJR-15」のテールライトはマツダ「カペラ」の流用だった

ここから本文です

新車価格の倍の2億円! ジャガー「XJR-15」のテールライトはマツダ「カペラ」の流用だった

■レースカーをそのまま市販化したようなジャガー「XJR-15」とは

 2020年は新型コロナ禍によって一年休止を余儀なくされた「モントレー・カーウィーク」が、この2021年8月中旬に2年ぶりの復活を果たすとともに、毎年この期間中に世界最大級のオークションを開催しているRMサザビーズも、北米本社の主導による「Monteley」オークションを開くことができた。

まるでフェラーリ! 「マジェスタV8」&「インプMT」搭載のスーパーカーが凄い!

 このオークション出品車両の中で今回VAGUEが注目したのは、「ジャガー・スポーツ」がごく少数を製作したレーシングカー直系のスーパースポーツ「XJR-15」である。

 同じ「Monteley」オークションに出品された「XJ220」とは、不思議という以上の因縁を持つモデルである。

●ワンメイクレースのために開発・製作された、公道を走ることのできるレーシングカー

 1980年代半ばから1990年代初頭にかけて、ジャガーはFIA世界スポーツカー選手権(WSPC)およびアメリカIMSA選手権におけるトップコンテンダーだった。

 1986年から「トム・ウォーキンショー・レーシング(TWR)」とパートナーシップを結び、ジャガー・スポーツを設立。その目的は、往年の「Cタイプ」や「Dタイプ」が築き上げたのと同じレースにおける栄光を、今いちど世界スポーツカー選手権で勝ち取ること。その唯一最大の目的のために、グループC(IMSA-GTP)規約に基づく「XJR」シリーズを開発し、耐久レースの現場に送り出していた。

 スポンサーであるタバコ会社「シルクカット」を象徴する、紫と白のボディカラーに包まれた一連のXJRは、この時代のレースでポルシェと互角以上の戦いぶりを発揮。1988年のル・マンとデイトナ、さらにこのシーズンのシリーズタイトルも獲得した「XJR-9」、および1990年のル・マンを制した「XJR-12」でクライマックスを迎える。

 そして機を見るに敏なビジネスマン、トム・ウォーキンショーはXJR-9のロードバージョンを製作・販売するというアイデアを着想した。

 そこでジャガー・スポーツは、公道を走ることのできるレースカー「XJR-15」を開発するにあたり、XJR-9と同じ技術とデザインを流用することにした。

 パワーユニットは、WSPC選手権でジャガーを勝利に導いたものと基本的に同じV12エンジン。SOHCヘッド+6リッターで450psを発生するバージョンを採用した一方で、車体の乾燥重量は約2300ポンド(約1050kg)と圧倒的に軽いため、同時代のすべてのスーパーカーを大きく下回るパワー・ウェイト・レシオを誇っていた。

 だが、XJR-9との類似点はそれだけではなかった。モノコックタブはトニー・サウスゲートXJR-9用から発展させたもので、世界で初めてカーボンファイバー製フレームを持つロードカーの1台となる。また、サスペンションもXJR-9と同じ設計を展開し、V12エンジンもシャシへの応力を受けるメンバーとして利用するなど、レーシングカーそのものの特徴を与えられていたのだ。

 ジャガー・スポーツは、直後に伝説のマクラーレン「F1」やBMW「V12 LMR」などを手掛ける英国の自動車デザイナー、ピーター・スティーブンスを参画させ、市販スーパーカーとしてXJR-15のボディをデザイン。ルーフのかさ上げやコックピットの拡幅など、いくばくかでも快適性を高めるデザインワークが図られた。

 また、TWRとはもともと縁が深かった日本のマツダから提供を受ける「カペラ」用のテールランプなど、量産車の外装パーツも流用することになった。

 1990年まで開発テストがおこなわれたのち、その年の11月に正式発売され、ジャガー・スポーツがオックスフォードシャー州に設けた専門施設で生産開始。1992年までに53台のXJR-15が製作された。

 その53台のうち、27台はロードバージョンとしてラインオフしたが、そのほかの26台は、XJRシリーズの系譜に相応しくサーキットのために作られたもの。実はそれこそが、XJR-15が開発された最大の目的だったという。

 トム・ウォーキンショーは、1991年シーズンのF1モナコGP、イギリスGP(シルバーストーン)、ベルギーGP(スパ・フランコルシャン)の3戦のサポートレースとして、ワンメイク選手権「ジャガー・インターコンチネンタル・チャレンジ」を企画。

 このワンメイク選手権ではタイトル獲得者に100万ドルの賞金が懸けられており、デレク・ワーウィックやデビッド・ブラバム、フアン・マヌエル・ファンジオ2世、ティフ・ニーデルなど、当時のWSPCの第一線で戦っていたレーサーたちが大挙して出場し、一定の成果を収めることができたのだ。

■日本で長らく過ごした「XJR15」、身内のライバルをはるかにしのぐ落札価格とは?

 今回の「Monteley」オークションに出品された、シャシNo.#028は、ロードバージョンとして製作された27台のうちの1台とされる。

 1991年に完成したこの個体は、標準指定色であるブルーメタリックのボディカラーに、グレーの本革レザーで仕立てたインテリアの組み合わせ。当時まだ好景気にあった日本には、おそらく10台に近いXJR-15が上陸していたが、この#028もそのうちの1台という。

 日本国内のスーパーカーコレクターのもとに納入されたのち、28年にわたって庫内に保管されていたそうで、今回の出品に至るまでの走行距離は78マイル(約125km)に過ぎないとのことである。

 そんな来歴を証明するように、2019年9月に米国へと輸入されたという#028は、XJR-15というモデルのオリジナリティをもっとも忠実に示した1台といえるだろう。

 たとえばカーボンファイバー製のボディパネルの「織り」は、再塗装がおこなわれていないことを証明するように、ブルーのペイントを透かしてきれいに見えている。また、同じくカーボンのモノコックタブは、湾曲したウインドスクリーン下に誇示されるとともに、オリジナルの3ピースOZレーシングホイールも、レース由来のパフォーマンスを示しつつ最高のルックスを醸し出している。

 さらに事実上の新車であることから、グレーの本革レザーが張られたレーシングバケットシートのコンディションも上々。ボディワーク周りの随所に貼りつけられた「JAGUAR SPORT」と「Tom Walkinshaw Racing」のロゴバッヂもすべて正しく残され、ジャガーの歴史に輝く「XJR」シリーズの一翼を担うモデルであることを無言のうちに示している。

 わずか27台のみといわれるXJR-15ロードバージョンの1台であるにとどまらず、圧倒的なローマイレージとパーフェクトコンディションをセールスポイントとする#028は、2021年には現在のオーナーによって、生来のパフォーマンスを取り戻すためのメンテナンスとサービスも実施されたとのことである。

 もとより生産台数の少ないうえに、大方はマニア同士で秘密裏に売買される事例の多いはずのXJR-15が、こうしてマーケットに売りに出される機会は非常に限られることから、目の肥えたジャガーのコレクターはもちろん、スーパーカー愛好家にとっても今回のオークション出品は、かなり注目すべきものだったようだ。

 このジャガーXJR-15に、RMサザビーズ北米本社は175万-210万ドルというエスティメート(推定落札価格)を設定した。この価格はかなり強気にも映ったのだが、実際にふたを開けてみると190万2500ドル、日本円換算で約2億万円という驚くべきプライスで落札されるに至ったのだ。

●「XJ220」との落札価格に違いは何に由来するのか

 ここで思い出されるのが、同じく今年の「Monteley」オークションに出品されていた、「ジャガーXJ220」の存在。同時代に同じくジャガーとジャガー・スポーツのコラボで生産・販売された、いわば身内のライバルである。

 そちらのエスティメートは、45万-55万ドルで実際の落札価格は47万2500ドル、日本円に換算すれば約5200万円だったのだが、このXJR-15の落札価格と比べると、4分の1ほどに過ぎないことがわかる。

 新車時の価格はXJ220が約7000万円、XJR-15は約1億円といわれていたのに対して、現在では大きな差がついてしまった一義的な理由としては、287台が製作されたXJ220よりも希少価値が高いことがあげられよう。しかしもうひとつ考えられる要因として、レーシングカーXJR-9とごく近いXJR-15の「純粋性」も無視できない。

 バブル真っ盛りの1990年代初頭、東京・練馬区某所の小さなガレージになぜか2台が置かれていたXJR-15のコックピットに座る機会があったのだが、カーボンモノコックのサイドシルをまたぐために、筆者はズボンの一部に裂け目を作ってしまった。

 また、消音器が最小限のものであるため盛大なサウンドをまき散らすV12エンジンに対抗して、助手席のパッセンジャーと会話するための無線ヘッドセットが標準装備されるほか、当時まことしやかに語られた噂を信ずれば、100km/h以内で流していると水温がみるみる上昇して、あっという間にオーバーヒートとなってしまう、ともいわれていた。

 いっぽうXJ220は、同じくレーシングカー「XJR11」由来で、絶対的パワー(542ps)でもXJR-15に勝るとはいえ、12気筒と比べてしまうと若干の寂しさもあるV6ツインターボ。フレームはレースカーとは別物のアルミハニカムモノコックと、スーパーカーとしての快適性が開発段階から盛り込まれていたことは間違いあるまい。

 市販されるプロダクトとしての要素を追求したジャガーの判断は正しかったが、30年後の現在におけるコレクター市場での評価とはまた別。それが今回のオークションにおける価格差の、大きな理由と思われるのである。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します