現在位置: carview! > 新車カタログ > ホンダ(HONDA) > CR-Vハイブリッド > 専門家レビュー・評価一覧

ホンダ CR-Vハイブリッド 専門家レビュー・評価一覧

マイカー登録
ホンダ CR-Vハイブリッド 新型・現行モデル
1 件中 1~1件を表示

※掲載内容は執筆日時点の情報です。

  • 西村 直人
    西村 直人
    自動車ジャーナリスト
    評価

    3

    デザイン
    3
    走行性能
    3
    乗り心地
    4
    積載性
    5
    燃費
    3
    価格
    3

    世界的に評価の高い歴史あるSUV

    2022.1.17

    年式
    2018年11月〜モデル
    総評
    SUVは世界的に人気あるカテゴリーなので競合車種が非常に多い。ホンダはe:HEVとガソリンターボで臨んだが日本市場ではどうにも評価が定まらない。価格戦略をもっと柔軟にわかりやすく表現するだけでも評価は高まると思う。e:HEV×リアルタイム4WDの走破性能も知れ渡っていない。光る性能があるので、そこにスポットライトを当てて欲しい。
    満足している点
    初代が作り出した都市型SUVのスタイルを現代的に解釈した5代目。装備、走り、安全性とも満足がいく。外観が少し大味だと言われるが、飽きのこないデザインだ。また、e:HEVと4WDの組み合わせは秀逸で、雪道など滑りやすい路面では電動モーター駆動の強みを活かし、ターボモデルよりも細かな前後駆動力配分が期待できる。
    不満な点
    都市型SUVを名乗るにはボディがやや大柄。主力の北米では小さく、世界的にみても決して大きくないが、乗り込むと想像以上に大きさを感じる。最小回転半径は5.5mに抑えられ本来は気にならないはずだが、すっぽりと包まれるような運転席からは車両左側の側方感覚がつかみづらい。電子式シフターの採用などインテリアは斬新だから余計に惜しい。
    デザイン
    トヨタ「RAV4」と並び、ジャパニーズSUVの標準形を担ってきたCR-V。初代(1995年)からすでに5代目(2018年)を数える。ボディの大型化が進むのは衝突安全など法規対応によるところが大きいが、CR-Vはボクシーなスタイルを継承。腰高感をなるべく抑えつつ、押し出しのあるマスクとアイデンティティであるV字リヤコンビを組み合わせた。

    続きを見る

1

CR-Vハイブリッドを見た人はこんな車と比較しています

※ 掲載しているすべての情報について保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格のため、掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。詳細は、メーカーまたは取扱販売店にてお問い合わせください。

ユーザーレビューを投稿する

ユーザーレビューを投稿する

※自動車SNSサイト「みんカラ」に遷移します。
みんカラに登録して投稿すると、carview!にも表示されます。

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!