DSオートモビル DS9 2022年3月モデル新型情報・価格・グレード

  • リアシートが広い
  • 静かなエンジン音
  • 見た目のデザインが良い

新車価格(税込)

666.0735.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

439.0630.0万円

中古車を検索

グレード情報DS9

歴代モデル1件DS9

マイナーチェンジ一覧2件2022年3月〜デビュー DS9

ユーザーレビュー2件DS9

DS9

  • リアシートが広い
  • 静かなエンジン音
  • 見た目のデザインが良い

平均総合評価

4.0
走行性能:
3.5
乗り心地:
4.5
燃費:
3.0
デザイン:
4.5
積載性:
3.0
価格:
3.5

中古車相場 DS9

平均値を表示しています。

DS9

DS9の中古車平均本体価格

524.7万円

平均走行距離2,392km

買取情報DS9

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!
愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

あなたの愛車、今いくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

このクルマについて DS9

2022年3月

■2022年3月
ステランティス ジャパンは、DSオートモビルのフラッグシップサルーン「DS9」を2022年3月17日に発表、同日より販売を開始した。

DS9は流麗なルーフライン、スリークなプロポーションを特徴とするDSブランドの4ドアセダン。フロントフェイスはDSオートモビルのデザインコードを踏襲、「ルーブル・ピラミッド」をモチーフとしたリヤにはひし形にカットされたリフレクターのテールランプを採用するなど、斬新な高級感を印象づける仕上がりとした。ボディサイズは全長4940㎜×全幅1855㎜×全高1460㎜、ホイールベース2895㎜。ラインアップは上級グレードとなる「オペラ」、標準仕様として「リヴォリ」が設定される。

インテリアもフレンチラグジュアリーを表現しており、オペラには「アールルビィ」と呼ばれるムラ染のレザーを採用。インストルメントパネル正面と上面、前後ドアトリム上部、ウォッチストラップデザインのシートには上質なナッパレザーを使用した。また、要所要所にオートクチュールのドレスの技法を由来とするパールトップステッチをあしらい、ルーフライナーにはアルカンタラが使用されている。

リヴォリにはシックな「バサルトブラック」のレザーにダイヤモンドパターンのステッチが施されたインストルメントパネルとシートを採用。両グレードともウッドパネルはあえて使わず、ステッチのアクセントを施したレザーを貼り込むことで空間の豊かさを演出している。

装備では8インチのタッチスクリーンを採用したほか、その上部にはフランスのラグジュアリーウォッチブランドB.R.Mのアナログ時計、ひし形に彫りが入ったボリュームダイヤルを備える。「オペラ」にはリヤ左右席にシートヒーターに加え、クラス初となるベンチレーション機能を追加。頭部をやさしく包み込むラウンジヘッドレストも備わる。オーディオはフランスを代表するハイエンドオーディオブランド、FOCAL(フォーカル)とのコラボレーションによる14スピーカーと出力515Wのサウンドシステムが両グレードに標準装備。

パワーユニットは最高出力165kW(225ps)/5500rpm、最大トルク300Nm/1900rpmを発生する1.6リッター直4ガソリンターボに8速ATの組み合わせだ。

装備では「フロント&バックカメラ」、「アクティブセーフティブレーキ(衝突被害軽減ブレーキ)」、レーンキープ時にドライバーが任意に左右位置を決めることが出来る「DSコネクテッドパイロット(トラフィックジャムアシスト/レーンポジショニングアシスト)」、「アクティブクルーズコントロール」、「ブラインドスポットモニター」、「DSドライバーアテンションモニター」、駐車支援システムの「DSパークパイロット」、配光モード自動切替機能付きの「DSアクティブLEDビジョン」が全車に標準。オペラには「DSナイトビジョン」、「スライディングガラスルーフ」、「ナッパレザー」、「ブラックルーフライニング」などが標準となる。

ボディカラーは「クリスタルパール」、「ブルーミッドナイト」、「ノアールペルラネラ」、「ブランナクレ」の4色が用意される。

同年7月1日には価格改定を実施した。

同年8月22日には価格改定を実施した。

同年10月1日には価格改定を実施した。

※ 掲載しているすべての情報について保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格のため、掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。詳細は、メーカーまたは取扱販売店にてお問い合わせください。