『1957年から1972年に生産された軽貨物自動車ミゼッ...』 ダイハツ ミゼットII のみんなの質問 | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!

現在位置: carview! > カタログ > ダイハツ > ミゼットII > みんなの質問 > 1957年から1972年に生産された軽貨物自...

『1957年から1972年に生産された軽貨物自...』:ダイハツ ミゼットII

解決済み1957年から1972年に生産された軽貨物自動車ミゼットが3輪であるのに対し、ミゼットIIは安全性を考慮して4輪車となっている。

1957年から1972年に生産された軽貨物自動車ミゼットが3輪であるのに対し、ミゼットIIは安全性を考慮して4輪車となっている。コンセプトは初代ミゼット同様、小口配達に狙いを絞っており、車体の大きさは当時の軽自動車の寸法制限(全長3300mm・全幅1400mm・全高2000mm)を大幅に下回っている。一般の軽自動車よりも小さい車体(サイズ的にはかつての360cc時代の軽自動車のサイズに限りなく近い)、車内スペースの関係からフロントにスペアタイヤを装着しており、小回りの良さ(最小回転半径3.6m)、愛嬌のある特徴的な外観もセールスポイントとしていた。 一方、企画当初から大量生産が見込まれなかったため、同社の軽貨物自動車ハイゼット(8代目・S100系)との部品共用化や、生産ラインに手作業を多用するなどの措置がとられた。生産はダイハツ本社池田工場内にあった専用のミゼット工房にて行われていた。ちなみに後に同じ場所でコペンの生産が行われていた。 エンジンもハイゼットと共通だが、軽量なボディのため、燃料消費は半分程度であった。

ベストアンサーに選ばれた回答

ミゼットIIは初代ミゼット同様、小口配達に狙いを絞っており、車体の大きさは当時の軽自動車の寸法制限(全長3300mm・全幅1400mm・全高2000mm)を大幅に下回っている愛嬌のある特徴的な外観もセールスポイントとしていた。

回答一覧

1件中 1~1件
  • 荷台付バイクがミゼットやった。まるハンドルではなく、バーハンドルやった。当然助手席なし。 御用聞き後の配達用やな。

    御用聞きがなくなったのは何時頃からかな。

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。
質問や回答、投票はYahoo!知恵袋で行えます。質問にはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。