現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 逆に新鮮よね!! 衝突しても緩衝材になりそうだし……前置きスペアタイヤ衰退の何故!?

ここから本文です

逆に新鮮よね!! 衝突しても緩衝材になりそうだし……前置きスペアタイヤ衰退の何故!?

掲載 33
逆に新鮮よね!! 衝突しても緩衝材になりそうだし……前置きスペアタイヤ衰退の何故!?

 かつてスペアタイヤを車内でも背面でもなく、ボンネットに装着していた車種が相当数あった。今やスペアタイヤすら衰退しつつあるが、なぜこのタイプは姿を消したのか!? 結構カッコいいんだけどな~。

文:小鮒康一/写真:ベストカーWeb編集部・Adobestock

逆に新鮮よね!! 衝突しても緩衝材になりそうだし……前置きスペアタイヤ衰退の何故!?

■カスタマイズで未だ残るも新車採用は絶滅

SUVの背面タイヤすら衰退しつつある今、ボンネットはじめむき出しのスペアタイヤはやはり不利なのか……

 近年ではスペアタイヤはスペース効率も重量的にも有利に働くパンク修理キットに置き換えられ、トランクスペースを占領することもなくなってきた。

 しかし過去にもトランクスペースを圧迫することを嫌ったり、そもそもスペアタイヤを収納するスペースがなかったりする車種の場合、スペアタイヤをフロント部分に装着するという荒業に出ることもあったのだ。

 例を挙げると1970年に登場したバモスホンダや1996年に登場したミゼットII。海外ではワーゲンバスの愛称でも知られるフォルクスワーゲン タイプ2のキャンピングカーなどがフロント部分にスペアタイヤを装着していた。

 さすがに現行モデルでフロントにスペアタイヤを設置している車種は存在しない。

 だがカスタマイズの手法のひとつとして、ハイエースやエブリイなどのアゲ系カスタムでフロント部分にスペアタイヤを装着するユーザーも存在しているようだ。

■衝突安全的に超不利!! 歩行者に致命傷与えるケースも

一見するとわからないが、よく見ると違いが!! そう、マイチェンモデルはスペアタイヤ風デザインに

 アクセントとしては非常にインパクトの大きな前置きスペアタイヤだが、純正採用がされなくなった大きな理由のひとつが衝突安全基準の問題と言われている。

 というのも、1996年にデビューしたミゼットIIは当初、フロント部分にスペアタイヤを装着するファニーなルックスも話題のひとつとなっていた。

 だが、1999年9月に実施されたマイナーチェンジのタイミングでフロントにあったスペアタイヤを荷台や荷室に移設しているのだ。

 本来であればただでさえミニマムなミゼットIIの荷室スペースは圧迫したくないハズ、そもそもそのために前置きスペアタイヤを採用していたと思われる。

 これは1998年10月に軽自動車規格が改定されたタイミングで衝突安全基準も強化されたことで、フロント部分にスペアタイヤを設置することが難しくなってしまったというワケなのだ。

■緩衝材にならず!! ホイールの強度ってスゴいんです

 ご覧の通り車体が損傷してもホイールはほとんど原型をとどめているほど頑丈なのだ(Elenarts@Adobestock)

 フロント部分にスペアタイヤがあると、万が一のときに緩衝材になってくれそうなイメージもあるかもしれないが、スペアタイヤはホイールに組み込まれており、ホイールの強度はかなりのもの。

 事故車などでボディはクシャクシャになっていてもホイールは比較的原形を保っているケースが相当数ある。

 じつは路面からの衝撃を常に受け続けるホイールは、クルマを構成する部品の中でもかなり上位に入るほどの丈夫さを誇っているのだ。

 そのため、万が一事故があったときも相手側のダメージを高めてしまう恐れがあるだけでなく、相手が歩行者だった場合は致命的なダメージを与えてしまう可能性も高まってしまうということになる。

 過去にはエンジンルーム内にスペアタイヤを搭載する車両も存在していたが、これらが消滅してしまったのも前突したときにホイールが車内に飛び込んできて乗員に大きなダメージを与えてしまう可能性が指摘されたからとも言われているほどなのだ。

■カスタムで楽しむのアリだけど……ハンドリング大幅悪化

 前置きスペアタイヤ車が消滅した理由は安全性以外にも存在する。それが運動性能に与える影響だ。

 クルマの運動性能を犠牲にしないためには、なるべく車両の中心に重量物を搭載するというのが基本で、そのために本格的なスポーツカーなどはミッドシップレイアウトを採用している。

 つまり裏を返せば、車両の前方先端に重量物であるスペアタイヤを搭載するというのはハンドリング性能を大きく低下させることにほかならないのだ。

 スポーツ走行をしない車種であっても、危険回避の際に急ハンドルを切るときなどに車両の動きに大きな差が出て切る可能性は否めないのである。

 またフロント部分にスペアタイヤを備えることで、冷却系への影響も少なくない点も注意したいところ。

 メーカー純正のものであればそのあたりも考慮されていることは間違いないが、カスタマイズの手法のひとつとして装着する場合は、そういった点にも配慮しないと悲惨な結果を招く可能性もあるだろう。

 とはいえ、フロント部分にスペアタイヤを装着した姿はワイルドで近年流行りのアゲ系カスタムとの親和性が高いこともまた事実。

 そのため、このようなカスタマイズを実施する場合はメリットとデメリットを把握した上で実施してもらいたいところである。

こんな記事も読まれています

新型「旧車風ミニバン」実車公開! 斬新2トーンがカッコイイ「新型ワーゲンバス」国内登場へ VW専門店が「IDバズ」を披露
新型「旧車風ミニバン」実車公開! 斬新2トーンがカッコイイ「新型ワーゲンバス」国内登場へ VW専門店が「IDバズ」を披露
くるまのニュース
1980年代にヒットした日本のFFファミリーカー3選
1980年代にヒットした日本のFFファミリーカー3選
GQ JAPAN
神奈川キャンピングカーフェア、川崎競馬場に130台が集結 4月20-21日
神奈川キャンピングカーフェア、川崎競馬場に130台が集結 4月20-21日
レスポンス
女性のためのキャンピングカー「ノマドラックス」誕生!5月3日、町田で初披露!
女性のためのキャンピングカー「ノマドラックス」誕生!5月3日、町田で初披露!
グーネット
70年以上かけて育んできたロータスらしさとは──新型エミーラ試乗記
70年以上かけて育んできたロータスらしさとは──新型エミーラ試乗記
GQ JAPAN
ヤマハ『トレーサー9 GT+』の先進技術を試乗で体感、5月よりYSPキャラバン 車種拡大も
ヤマハ『トレーサー9 GT+』の先進技術を試乗で体感、5月よりYSPキャラバン 車種拡大も
レスポンス
5速MT搭載! 日産が「4ドアコンパクトセダン」を実車展示! めちゃスポーティな“画期的モデル”が登場! 隠れ名車「プリメーラ」を披露
5速MT搭載! 日産が「4ドアコンパクトセダン」を実車展示! めちゃスポーティな“画期的モデル”が登場! 隠れ名車「プリメーラ」を披露
くるまのニュース
世界のトタルエナジーズが100周年! クリーンエネルギーを軸に次の100年へ
世界のトタルエナジーズが100周年! クリーンエネルギーを軸に次の100年へ
driver@web
【2024年版】ポルシェ 911 VS ポルシェ ボクスターを徹底比較
【2024年版】ポルシェ 911 VS ポルシェ ボクスターを徹底比較
グーネット
スズキ、『Vストローム250』の2024年モデルを発表。価格を改定し4月17日に発売開始
スズキ、『Vストローム250』の2024年モデルを発表。価格を改定し4月17日に発売開始
AUTOSPORT web
日産サクラがEV販売ナンバー1を獲得。ユーザーが気に入っている点は?
日産サクラがEV販売ナンバー1を獲得。ユーザーが気に入っている点は?
driver@web
標的は愛車?! ライフル型高圧洗浄機がクラファンで販売開始
標的は愛車?! ライフル型高圧洗浄機がクラファンで販売開始
レスポンス
ホンダ「ベンリイ」のルーツは1950年代!? 125ccでも免許不要で乗れる「便利」なバイクだった
ホンダ「ベンリイ」のルーツは1950年代!? 125ccでも免許不要で乗れる「便利」なバイクだった
バイクのニュース
【北京モーターショー2024】日産 中国市場向けのNEVに位置付けられるコンセプトカーを複数出展
【北京モーターショー2024】日産 中国市場向けのNEVに位置付けられるコンセプトカーを複数出展
Auto Prove
F1マシン、かくあるべし。空力の鬼才エイドリアン・ニューウェイが語る理想と現実|インタビュー
F1マシン、かくあるべし。空力の鬼才エイドリアン・ニューウェイが語る理想と現実|インタビュー
motorsport.com 日本版
RBコラム:幸運にも恵まれ、鈴鹿で大きな意味を持つ10位入賞。エンジニアリングの課題を解決すべく組織改革も進む
RBコラム:幸運にも恵まれ、鈴鹿で大きな意味を持つ10位入賞。エンジニアリングの課題を解決すべく組織改革も進む
AUTOSPORT web
めちゃ“黒い”トヨタ「ハイエース」登場! もはや「スーパーカー」!? 突き出し顔&斬新マフラーの“クセ強”1BOXバンがカッコ良すぎた!
めちゃ“黒い”トヨタ「ハイエース」登場! もはや「スーパーカー」!? 突き出し顔&斬新マフラーの“クセ強”1BOXバンがカッコ良すぎた!
くるまのニュース
「チッピング」「テアー」「ピンチカット」の意味わかる? タイヤはナマモノ、キズだけでなく賞味期限で交換しましょう
「チッピング」「テアー」「ピンチカット」の意味わかる? タイヤはナマモノ、キズだけでなく賞味期限で交換しましょう
Auto Messe Web

みんなのコメント

33件
  • リトラクタブルヘッドライトですら人身事故の事を
    考えて禁止になったのだからタイヤなんて論外なのでは?
  • スイスイ〜クルクル〜ミゼットⅡ〜♪
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

46.959.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

29.5145.0万円

中古車を検索
ミゼットIIの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

46.959.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

29.5145.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村