現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > いまじゃ考えられない「だんごっ鼻」! なんとフロントにスペアタイヤを積んじゃった激レア車3選

ここから本文です

いまじゃ考えられない「だんごっ鼻」! なんとフロントにスペアタイヤを積んじゃった激レア車3選

掲載 20
いまじゃ考えられない「だんごっ鼻」! なんとフロントにスペアタイヤを積んじゃった激レア車3選

 この記事をまとめると

■フロントにスペアタイヤを装備したクルマを紹介

いまや激減した「男らしさ」の証! 減った理由と背面タイヤが「ドンピシャ」だったクルマとは

■オプションで用意されていたほか保安基準の問題により途中から廃止になったモデルがある

■同様の装備を搭載した新車は現在作ることはほぼ不可能だろう

 フロントにスペアタイヤを装備したおしゃれなクルマを紹介

 現在では衝突安全の基準や歩行者保護の観点からもフロント部分にスペアタイヤを装着した車両が新たに登場することは難しそうだが、過去にはそういった車種も存在していた。そこで今回はそんな存在感抜群のフロント部分にスペアタイヤを装着した車両をいくつか振り返ってみたい。

 ホンダ・バモスホンダ

 1970年に登場したバモスホンダは、当時の同社の軽トラックであったTN360をベースに生まれたレクリエーションビークルだ。基本的にドアや屋根は備わっておらず、簡易的な幌が用意されるだけとなっており、バギーのようなルックスとなっているのが最大の特徴となる。

 一応ジャンルとしてはピックアップトラックとなっていたこともあってか、荷台を圧迫しないようにという配慮もあってかスペアタイヤをフロント部分に装着。当時は衝突時のショックを吸収するという名目でフロント部分に装着されたと言われているが、果たしてその効果はいかほどなのだろうか?

 ダイハツ・ミゼットII

 1950年代~70年代にかけて、多くの小売店のビジネスパートナーとして愛された3輪トラックのミゼットの現代版として、1996年に登場したミゼットII。タイヤの本数こそ4本となったが、ひと目でそれとわかるルックスや、軽自動車規格の最大寸法よりもふたまわりくらい小さなボディが愛らしい1台だ。

 そんなミゼットIIもフロント部分にスペアタイヤを装着した車両のひとつ。10インチと小径のタイヤホイールはそれだけでも可愛らしいものだったが、スペアタイヤカバーなども用意され、ドレスアップアイテムとしての役割を果たしていた。

 しかし1998年10月に軽自動車の規格が改訂され衝突安全基準が強化されると、ミゼットIIも1999年8月のマイナーチェンジでフロント部分のスペアタイヤを廃止し、大型フロントバンパーを装着するなどして対応することとなった。

 スバル・ドミンゴアラジン キャンパー

 スバルが生んだ名商用車であるサンバーをベースに、大型バンパーや3列シート、そして普通車クラスのエンジンを搭載して誕生したドミンゴ。その2代目モデルにはアラジンというサブネームを付けられたものが存在していた。

 このアラジンは、ドミンゴをベースにルーフ部分をポップアップ式としたもので、ポップアップしたスペースがベッドスペースになるというキャンピングカーのベースとなるもの。そのアラジンにキャンピングカー用の装備を架装したキャンパーというものも存在していたのだ。

 このキャンパー、仕様によってはスペアタイヤを車内に備えることができなくなってしまうために、わざわざフロント部分に専用のボックスを設定し、そこにスペアタイヤを格納できるようにした仕様も用意されていたが、そもそもアラジン自体が282台しか売れておらず、フロントスペアタイヤ仕様が何台作られたのかは謎のままだ。

こんな記事も読まれています

「F1で成功する日本人」と「日本で成功する外国人」……そこには共通項アリ。ペドロ・デ・ラ・ロサが持論語る
「F1で成功する日本人」と「日本で成功する外国人」……そこには共通項アリ。ペドロ・デ・ラ・ロサが持論語る
motorsport.com 日本版
「織り目がない!?」AKNドライカーボンとは? アバルト「595」の注目カスタムパーツを3つ紹介します
「織り目がない!?」AKNドライカーボンとは? アバルト「595」の注目カスタムパーツを3つ紹介します
Auto Messe Web
世界最長10km、マクニカが自動運転EVバスで走行実証…新幹線駅からのフィーダー
世界最長10km、マクニカが自動運転EVバスで走行実証…新幹線駅からのフィーダー
レスポンス
4輪独立懸架×4WDでミッションはMTのみ! スバル初のリッターカー「ジャスティ」は個性がウナる1台だった!
4輪独立懸架×4WDでミッションはMTのみ! スバル初のリッターカー「ジャスティ」は個性がウナる1台だった!
ベストカーWeb
こんなデザイン「日本じゃ作れない!」と思ったら日本人の作品だった! 奥山清行氏が描いた「KODコード61バードケージ」のデザインセンスに脱帽
こんなデザイン「日本じゃ作れない!」と思ったら日本人の作品だった! 奥山清行氏が描いた「KODコード61バードケージ」のデザインセンスに脱帽
WEB CARTOP
日産 全固体電池用パイロット生産ラインを公開 
日産 全固体電池用パイロット生産ラインを公開 
Auto Prove
ホンダ・レーシングのシビック・タイプR CNF-Rが2024年もS耐に参戦。毎戦ごとに異なるドライバーを起用へ
ホンダ・レーシングのシビック・タイプR CNF-Rが2024年もS耐に参戦。毎戦ごとに異なるドライバーを起用へ
AUTOSPORT web
いまや日本じゃイマイチも初代はクールで超絶人気! RAV4すら凌ぐ勢いの初代CR-Vは世界の「愛されSUV」だった
いまや日本じゃイマイチも初代はクールで超絶人気! RAV4すら凌ぐ勢いの初代CR-Vは世界の「愛されSUV」だった
WEB CARTOP
スズキが“超ショート”な「新型“ミニ”ジムニー」実車公開! 「走破性」も抜群な「超コンパクトSUV」! 驚きのベース車とは?
スズキが“超ショート”な「新型“ミニ”ジムニー」実車公開! 「走破性」も抜群な「超コンパクトSUV」! 驚きのベース車とは?
くるまのニュース
山﨑賢人、染谷将太ほか超豪華キャスト集結で“最強の呪術師”安倍晴明の若き日を描く『陰陽師0』
山﨑賢人、染谷将太ほか超豪華キャスト集結で“最強の呪術師”安倍晴明の若き日を描く『陰陽師0』
バイクのニュース
5/16申込締切【無料】「インド」の捉え方と日系サプライヤー進出の落とし穴
5/16申込締切【無料】「インド」の捉え方と日系サプライヤー進出の落とし穴
レスポンス
【スクープ】5ドアの国内導入もまだだけど……、スズキ「ジムニーピックアップトラック」は登場するか!? その市販型を大予想!
【スクープ】5ドアの国内導入もまだだけど……、スズキ「ジムニーピックアップトラック」は登場するか!? その市販型を大予想!
LE VOLANT CARSMEET WEB
古豪復活へ! 新生セルモの開幕戦は表彰台争い4位。新加入の大湯都史樹は予選&決勝で存在感「『大湯が入って変わった』と思われるように」
古豪復活へ! 新生セルモの開幕戦は表彰台争い4位。新加入の大湯都史樹は予選&決勝で存在感「『大湯が入って変わった』と思われるように」
motorsport.com 日本版
初代から変わらなすぎ、本当に二代目なのか!?「三菱ギャランΛ」【魅惑の自動車カタログ・レミニセンス】第44回
初代から変わらなすぎ、本当に二代目なのか!?「三菱ギャランΛ」【魅惑の自動車カタログ・レミニセンス】第44回
LE VOLANT CARSMEET WEB
ホンダが「新型4ドアセダン」世界初公開! カクカクな「GT CONCEPT」 24年末から新シリーズ続々、中国で発売
ホンダが「新型4ドアセダン」世界初公開! カクカクな「GT CONCEPT」 24年末から新シリーズ続々、中国で発売
くるまのニュース
2つの点灯モードを搭載した LED ランタン「Bamboo ゆらめき・ナイトランタン」がロゴスから発売!
2つの点灯モードを搭載した LED ランタン「Bamboo ゆらめき・ナイトランタン」がロゴスから発売!
バイクブロス
アルファロメオ ミラノがジュニアに。前代未聞の車名変更の珍事
アルファロメオ ミラノがジュニアに。前代未聞の車名変更の珍事
Auto Prove
前代未聞、アルファロメオ ミラノが当局からの指摘で車名を「アルファロメオ ジュニア」に変更
前代未聞、アルファロメオ ミラノが当局からの指摘で車名を「アルファロメオ ジュニア」に変更
Webモーターマガジン

みんなのコメント

20件
  • デリカがないとかどこ調べてきたんだ?
    これだからバカ―トップって言われるんだよ(笑)
  • デリカスターワゴンもメジャーどころですよ。

    ランドローバーのディフェンダーはフロントボンネット上にスペアタイヤ載せれましたね。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

46.959.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

29.5145.0万円

中古車を検索
ミゼットIIの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

46.959.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

29.5145.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村