現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 26年前のダイハツ「ミニ軽トラ」が110万円で落札!?「ほぼ無改造」の「ミゼットII」が米オークションに出品

ここから本文です

26年前のダイハツ「ミニ軽トラ」が110万円で落札!?「ほぼ無改造」の「ミゼットII」が米オークションに出品

掲載 11
26年前のダイハツ「ミニ軽トラ」が110万円で落札!?「ほぼ無改造」の「ミゼットII」が米オークションに出品

■走行距離10万km超の「ミゼットII」が登場

 北米のクルマオークションサイト「Cars and Bids」にダイハツの軽貨物車「ミゼットII」が出品され、2023年11月25日に7950ドル(約110万円)で落札されました。どのようなモデルなのでしょうか。

【画像】「えっ…懐かしい!」これが海を渡った「ミゼットII」です! 写真を見る(15枚)

 ミゼットIIは、3輪小型トラック「ミゼット」のデザインとコンセプトを継承して1996年に登場しました。

 ミゼットIIは3輪ではありませんが、軽自動車の規格よりさらに小さく、スペアタイヤを搭載するフロント部にカエルのような丸目2灯を配置した外観が特徴です。

 価格は46万9000円(消費税別)からと安価に設定されていましたが、生産はハンドメイドとなっており、これは熟練者の技術を若い人に伝承することと、熟練者の技能を十分に活用することが目的だったといいます。

 ミゼットIIは斬新なコンセプトのクルマでしたが、通常の軽トラックの積載量や使い勝手には劣り、小型ボディのメリットも道路整備された現代では発揮できず、2001年に生産を終了します。

 今回、出品されたミゼットIIは1997年製です。2023年10月に米国へ渡り、テキサス州で登録されたといいます。走行距離は10万3359kmです。

 荷室やエアコンを装備しているほか、後部のサイドウィンドウは上に跳ね上がる形で開くポップアウト式となっています。ホイールとシフトノブのみが社外品に交換されています。

 パワートレインは、最大出力約30馬力、最大トルク37lb-ftを発揮する659ccの3気筒エンジンと3速ATの組み合わせで、後輪駆動です。

 今回の競売では計14回の入札があり、最終的には7950ドル(約110万円)で落札されました。

 オークションサイトには高画質画像が多数掲載され、車両の状態を詳細に確認できます。

こんな記事も読まれています

5年ぶり開催中国……いきなりスプリント形式は「賢明なことだね!」フェルスタッペン思わず皮肉
5年ぶり開催中国……いきなりスプリント形式は「賢明なことだね!」フェルスタッペン思わず皮肉
motorsport.com 日本版
なぜ? アルファロメオ『ミラノ』の車名を禁じられる…なら『ジュニア』だ!
なぜ? アルファロメオ『ミラノ』の車名を禁じられる…なら『ジュニア』だ!
レスポンス
日産サクラの売れ行きを見れば日本でBEVが売れないなんてことはない! ただし大ヒットの裏で必要な「次の一手」とは
日産サクラの売れ行きを見れば日本でBEVが売れないなんてことはない! ただし大ヒットの裏で必要な「次の一手」とは
WEB CARTOP
東京・北区のコミュニティーバスに乗って、B級グルメ「区役所カレー」を食べに行ったら絶品だった件
東京・北区のコミュニティーバスに乗って、B級グルメ「区役所カレー」を食べに行ったら絶品だった件
Merkmal
ホンダが新型「CBR650R」を6/13に発売! 新技術Eクラッチ仕様車にはグランプリレッドも
ホンダが新型「CBR650R」を6/13に発売! 新技術Eクラッチ仕様車にはグランプリレッドも
WEBヤングマシン
スズキ新型「ジムニー」発売!何が変わった? 約2年ぶり刷新のカクカクSUV… 165万円から、反響は?
スズキ新型「ジムニー」発売!何が変わった? 約2年ぶり刷新のカクカクSUV… 165万円から、反響は?
くるまのニュース
ホンダ「レブル250」をアドベンチャーに! コンプリート車両「VESGRIDE-hygge」登場
ホンダ「レブル250」をアドベンチャーに! コンプリート車両「VESGRIDE-hygge」登場
バイクのニュース
サスペンションの新常識! 1G締めがもたらす驚きの効果とは?~カスタムHOW TO~
サスペンションの新常識! 1G締めがもたらす驚きの効果とは?~カスタムHOW TO~
レスポンス
絶対に回避したい、GW渋滞予測ランキング TOP5!【ゴールデンウィーク渋滞予測2024】
絶対に回避したい、GW渋滞予測ランキング TOP5!【ゴールデンウィーク渋滞予測2024】
くるくら
交通安全の影の立役者「カーブミラー」は、なぜオレンジ色で丸鏡?
交通安全の影の立役者「カーブミラー」は、なぜオレンジ色で丸鏡?
月刊自家用車WEB
メルセデス・ベンツ Eクラス ステーションワゴン【1分で読める輸入車解説/2024年最新版】
メルセデス・ベンツ Eクラス ステーションワゴン【1分で読める輸入車解説/2024年最新版】
Webモーターマガジン
ホンダ新型「CB650R」登場! 初採用のEクラッチ仕様車は専用色も用意されて価格差5万5000円!
ホンダ新型「CB650R」登場! 初採用のEクラッチ仕様車は専用色も用意されて価格差5万5000円!
WEBヤングマシン
一充電の走行距離591km!メルセデス・ベンツが新型電動コンパクトSUV「EQA」を発表
一充電の走行距離591km!メルセデス・ベンツが新型電動コンパクトSUV「EQA」を発表
@DIME
【魅力あるクルマ】モータースポーツ挑戦で得た知見をフル投入した本格派、トヨタGRヤリスの戦闘力
【魅力あるクルマ】モータースポーツ挑戦で得た知見をフル投入した本格派、トヨタGRヤリスの戦闘力
カー・アンド・ドライバー
ホンダ“新”「高級SUV」登場! 黒パーツ&上質内装の「ブラックスタイル」24年夏発売! どんなモデル?
ホンダ“新”「高級SUV」登場! 黒パーツ&上質内装の「ブラックスタイル」24年夏発売! どんなモデル?
くるまのニュース
ホンダ2輪を代表する「CB」の頂点がさらに進化! 憧れのスポーツバイク「CB1300」2モデルが“高級感あふれるカラー”で新登場
ホンダ2輪を代表する「CB」の頂点がさらに進化! 憧れのスポーツバイク「CB1300」2モデルが“高級感あふれるカラー”で新登場
VAGUE
正式にマツダ「最大・最上級車」生産終了! フラッグシップモデルが“22年の歴史”に幕… セダン&ワゴンの代わりは?
正式にマツダ「最大・最上級車」生産終了! フラッグシップモデルが“22年の歴史”に幕… セダン&ワゴンの代わりは?
くるまのニュース
スズキ「SV650X」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
スズキ「SV650X」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
webオートバイ

みんなのコメント

11件
  • hon********
    すいすい くるくる ミゼットII〜♪
    ってTVCMがやってたねw
  • bou********
    一時期持ってました。

    110万って言っても
    船賃やら税金やら考えたら、タダ同然で買って来たクルマでも殆ど儲けは無いのでは?

    国内で爆騰することはないでしょう。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

46.959.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

29.5145.0万円

中古車を検索
ミゼットIIの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

46.959.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

29.5145.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村