現在位置: > > > エグザンティア

マイカー登録はこちら

愛車の買取相場知るなら買取カービュー

レクサスの流儀が随所に宿る UX200“Blue Edition”登場

中古車選びの不安にサヨナラ! Hondaの「U-Select」に注目の理由

実力検証! リーフe+はドライブも楽しめるのか?

ダイハツロッキ― 新自由SUVだからこそ広がる世界がある

車検予約・料金比較は、カービュークリア車検

  • 口コミ・評価
  • アクセスランキング
    1467
  • カタログ燃費
    - km/L

シトロエン エグザンティアの概要

特別装備のリミテッド・エディションが登場

50台限定の「リミテッド・エディション」が登場。グレーにダークブルーのパイピングを施した専用シート、専用ボディカラーのブルーレマンを含む6色のボディカラー、ボディ同色バンパーなどで化粧直しが行われた。こういった特別装備によるグレードアップを図りながらも、価格は据え置かれているのも特徴だった。(2000.10)

グランドツーリングカー顔負けの高速安定性

ベルトーネ社による端正なエクステリアデザイン、伝統のロングホイールベースとハイドロニューマチックサス、そしてそこから生み出される秀逸な高速巡航性能など、エグザンティア(向こうではクサンティアと読む)には国際Dセグメントのライバルたちにはない魅力があふれている。1993年のジュネーブショーが正式デビューで、日本へは1994年から導入された。モデルラインナップは、これもシトロエンの伝統ともいえるハッチゲートの付いたセダンモデル(5ドア)に2Lの直4DOHCエンジンと3LのV6DOHCエンジンを搭載する。ワゴンモデルのブレークも後に追加された。サスペンションはハイドロニューマチックに加えて、より進化したハイドラクティブ2が初お目見え。より細やかな電子制御技術により路面状況や車両状態に応じた様々なサスセッティングを可能にしたのが特徴だ。エグザンティアの魅力は、グランドツーリングカー顔負けの高速安定性にある。あくまでフラットで心地よく、さらに直進性も抜群。長距離ドライブで最も疲れにくいクルマの一つと断言していい。(1993.10)

シトロエン エグザンティア 2000年10月一部改良 グレード一覧

歴代 表の見方 表の見方
グレード リミテッド・エディション(AT)
比較 比較表に追加
価格 新車価格(税込) -
基本情報 発売年月 2000年10月
駆動方式 FF(前輪駆動)
車両形式 GF-X2RF
トランスミッション 4AT
ハンドル
寸法・重量・その他 全長×全幅×全高 4525×1755×1400mm
車両重量 1350kg
乗車定員 5名
タイヤ(前輪) 185/65R15
タイヤ(後輪) 185/65R15
エンジン 過給器 なし
総排気量 1998cc
使用燃料 ハイオク
燃料タンク容量 65L
性能 燃費(10.15モード) -
燃費(JC08モード) -
燃費(WLTCモード) -
最高出力(ps(kw)/rpm) 130(97)/5500
最大トルク(kg・m(N・m)/rpm) 18.7(180)/4200
最小回転半径 5.6m

シトロエン エグザンティア 口コミ

3.9
  • どこまでも行けそうな車
    投稿日: 2019年12月22日 総合評価: 5.0

    メーカー・モデル: シトロエン エグザンティア

    グレード: SX_RHD(AT) 2001年式 乗車形式: マイカー

    古い車なので故障は仕方がありません。ヨーロッパの車なので窓が落ちるのは故障ではなく仕様です。何よりも、乗り心地が最高。ダメダメなAL4ミッションもマニュアルとして動かせばそこそこの加速。ぶん回しても8km/lほどと燃費も悪くはない。ただし、シトロエンディーラー以外の信頼できる自動車工場がないと維持は難しいでしょう。

    続きを見る
  • 今のところ「最後の」シトロエン
    投稿日: 2017年2月18日 総合評価: 4.0

    メーカー・モデル: シトロエン エグザンティア

    グレード: V-SX_RHD(AT_2.0) 1993年式 乗車形式: 過去所有

    サイズ的にも使いやすく、とても実用的。 それまでのシトロエンに比べ灰汁の少ないスタイルは、知らない人は普通に見えるけど日本車に真似の出来ない絶妙な落とし方。 私の乗っていた最初期型はBXと中期型の合いの子のようなモデルでしたが、ストレス無く所有できた「優秀なフランス車」でした。詳しくは三本さんの「新車情報'93」で(私のクルマとまったく同じ色と仕様です)↓ https://youtu.be/PLKN2xrEnCU

    続きを見る
  • 犠牲の上に成り立つ快適性能
    投稿日: 2016年11月24日 総合評価: 3.0

    メーカー・モデル: シトロエン エグザンティア

    グレード: V6エクスクルーシブ_RHD(AT) 2001年式 乗車形式: その他

    良くも悪くもシトロエンの全てが詰まった車。 修理を含めて費用対効果を考えると、まぁまぁな所ではないかと思う。この乗り心地を手に入れるためなら多少高くなってもしょうがないと考えるかどうか。

    続きを見る
  • 比類なきツアラー
    投稿日: 2015年10月18日 総合評価: 4.0

    メーカー・モデル: シトロエン エグザンティア

    グレード: V-SX_RHD(AT_2.0) 1993年式 乗車形式: 過去所有

    愛車紹介に書いてましたが、レビューをいくつか書いてるのに、 これはまだ書いてませんでしたので改めてレビューとして書いてみました。 私の乗っていたのは電子制御なしハイドロニューマチック最後のモデルであるXANTIAでした。 4年ほど乗って2.7万km>約12万km以上走破はこの車だからこそです。 本当に疲れを知らず乗れるので、休憩なしでどこでもいけます。 道が良かろうが悪かろうが常にゆったりした快適な乗り心地なので、 どこでも、どんな道でも、どれだけの距離でも関係なく行く気になります。 私の場合一度整備しても、全部がっつりレストアする金もないので、 しこりを残したような不安がついてまわりました。 これがもとで買い換えたといっても過言ではありません。 購入時50万、購入後50万ぐらいかけてしっかり整備して状態を維持できるのであれば、 これ以上のツアラーはありません。 でも本当におすすめするとなると、上記の価格で考えれば、 信頼性なども含め旧C5だと思いますよww

    続きを見る

シトロエン エグザンティアの口コミ・評価をもっと見る(116件)

シトロエン エグザンティア みんなの質問

シトロエン エグザンティアのみんなの質問をもっと見る(32件)

シトロエン エグザンティア 2000年10月一部改良 中古車アクセスランキング

シトロエン エグザンティア 中古車相場推移表

シトロエン エグザンティア
平均価格 106.9万円
平均走行距離 74,500km

平均値を表示しています

※当情報の内容は各社により予告なく変更されることがあります。(株)リクルートおよびヤフー株式会社は当コンテンツの完全性、無誤謬性を保証するものではなく、当コンテンツに起因するいかなる損害の責も負いかねます。コンテンツもしくはデータの全部または一部を無断で転写、転載、複製することを禁じます。

※表示されている価格は販売地域や装備内容によって変わります。また消費税を含まない場合もあります。詳細はメーカーまたは取扱販売店にお問い合わせください。

※新車時価格はメーカー発表当時の価格です。

カタログ情報は「カーセンサーnet」から情報提供を受けています。カーセンサー