現在位置: carview! > カタログ > シボレー > キャプティバ > 2011年7月〜モデル

シボレー キャプティバ 2011年7月〜モデル グレード・価格・口コミ情報

シボレー キャプティバ 新型・現行モデル
マイカー登録
愛車や気になる車を登録するとマイカーページで情報の管理・収集を行うことができます。
中古車価格帯

75.8 万円 278.0 万円

中古車を検索

新車価格(税込)

354.0 万円 410.0 万円

新車見積もりスタート

  • アクセスランキング 1198
  • 総合評価 4.4
  • 総レビュー数 (詳細) 10
  • みんなの質問 (詳細) 17
車体寸法
(全長×全幅×全高)
4690×1850×1790mm 燃料消費率 -
乗車定員 7名 排気量 2382cc

概要

■2011年7月
日本GMは2011年7月30日からのシボレー・キャプティバの発売を前に、6月1日からプレオーダーキャンペーンを開始した。キャプティバは韓国GM(旧GM大宇)を中心にしたGMのワールドネットワークが共同で開発し、韓国GMで生産されるミドルクラスのSUVだ。外観デザインは全高の高さなどがSUVらしさを感じさせるが、力強さよりも街乗りにも似合う現代的なスマートさを重視したものとされている。フロントには大きなサイズのボウタイエンブレムが装着され、シボレーブランドのクルマであることを明確にしている。インテリアも乗用車的な新しい感覚のデザインでまとめられた。全長が4690mmで全幅が1850mmという日本ではやや大きめなサイズのボディに、3列7人乗りのシートが配置され、シアタースタイルのシート設置によって後ろのシートからの視界が確保されている。3列目のシートも大人が座れる広さだ。2~3列目のシートはワンタッチで倒すことができ、大きなラゲッジスペースを作ることができる。搭載エンジンは直列4気筒2.4リッターの可変バルブタイミング機構付き自然吸気DOHCで、 123kW(167ps)/230N・mのパワー&トルクを発生し、マニュアル操作が可能な電子制御6速ATと組み合わされる。4WDシステムは電子制御的の油圧クラッチを採用したアクティブオンデマンド4WDを採用する。最新型のESC(横滑り防止装置)やARP(アンチ・ロールオーバープロテクション)、HDC(ヒル・ディセント・コントロール)など、4WDの走りを支える安全装備も備えている。ほかにも定員分の3点式シートベルトや6エアバッグなどが標準だ。快適装備もクルーズコントロールやレインセンスワイパーなどが標準で付く。バリエーション設定はなく、単一グレードのモデルだ。レザーシートや電動スライディングサンルーフなどがセットでオプション設定されている。


■2012年7月
日本GMは2011年7月30日からのシボレー・キャプティバの発売を前に、6月1日からプレオーダーキャンペーンを開始した。キャプティバは韓国GM(旧GM大宇)を中心にしたGMのワールドネットワークが共同で開発し、韓国GMで生産されるミドルクラスのSUVだ。外観デザインは全高の高さなどがSUVらしさを感じさせるが、力強さよりも街乗りにも似合う現代的なスマートさを重視したものとされている。フロントには大きなサイズのボウタイエンブレムが装着され、シボレーブランドのクルマであることを明確にしている。インテリアも乗用車的な新しい感覚のデザインでまとめられた。全長が4690mmで全幅が1850mmという日本ではやや大きめなサイズのボディに、3列7人乗りのシートが配置され、シアタースタイルのシート設置によって後ろのシートからの視界が確保されている。3列目のシートも大人が座れる広さだ。2~3列目のシートはワンタッチで倒すことができ、大きなラゲッジスペースを作ることができる。搭載エンジンは直列4気筒2.4リッターの可変バルブタイミング機構付き自然吸気DOHCで、 123kW(167ps)/230N・mのパワー&トルクを発生し、マニュアル操作が可能な電子制御6速ATと組み合わされる。4WDシステムは電子制御的の油圧クラッチを採用したアクティブオンデマンド4WDを採用する。最新型のESC(横滑り防止装置)やARP(アンチ・ロールオーバープロテクション)、HDC(ヒル・ディセント・コントロール)など、4WDの走りを支える安全装備も備えている。ほかにも定員分の3点式シートベルトや6エアバッグなどが標準だ。快適装備もクルーズコントロールやレインセンスワイパーなどが標準で付く。バリエーション設定はなく、単一グレードのモデルだ。レザーシートや電動スライディングサンルーフなどがセットでオプション設定されている。 2012年5月には外装を一部改良した。2012年7月には特別仕様車を発売した。

■2012年10月
日本GMは2011年7月30日からのシボレー・キャプティバの発売を前に、6月1日からプレオーダーキャンペーンを開始した。キャプティバは韓国GM(旧GM大宇)を中心にしたGMのワールドネットワークが共同で開発し、韓国GMで生産されるミドルクラスのSUVだ。外観デザインは全高の高さなどがSUVらしさを感じさせるが、力強さよりも街乗りにも似合う現代的なスマートさを重視したものとされている。フロントには大きなサイズのボウタイエンブレムが装着され、シボレーブランドのクルマであることを明確にしている。インテリアも乗用車的な新しい感覚のデザインでまとめられた。全長が4690mmで全幅が1850mmという日本ではやや大きめなサイズのボディに、3列7人乗りのシートが配置され、シアタースタイルのシート設置によって後ろのシートからの視界が確保されている。3列目のシートも大人が座れる広さだ。2~3列目のシートはワンタッチで倒すことができ、大きなラゲッジスペースを作ることができる。搭載エンジンは直列4気筒2.4リッターの可変バルブタイミング機構付き自然吸気DOHCで、 123kW(167ps)/230N・mのパワー&トルクを発生し、マニュアル操作が可能な電子制御6速ATと組み合わされる。4WDシステムは電子制御的の油圧クラッチを採用したアクティブオンデマンド4WDを採用する。最新型のESC(横滑り防止装置)やARP(アンチ・ロールオーバープロテクション)、HDC(ヒル・ディセント・コントロール)など、4WDの走りを支える安全装備も備えている。ほかにも定員分の3点式シートベルトや6エアバッグなどが標準だ。快適装備もクルーズコントロールやレインセンスワイパーなどが標準で付く。バリエーション設定はなく、単一グレードのモデルだ。レザーシートや電動スライディングサンルーフなどがセットでオプション設定されている。 2012年5月には外装を一部改良した。2012年7月と10月には特別仕様車を発売した。

おすすめのグレード 比較表を見る すべてのグレードを見る キャプティバ 2011年7月デビュー

※すべての新車価格はメーカー発表当時の税込価格です。

マイナーチェンジ一覧 キャプティバ 2011年7月デビュー

中古車アクセスランキング キャプティバ

査定を依頼する

複数社の査定額を比較して愛車を最高額で売却!

愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

  1. STEP1

    お見積り依頼

  2. STEP2

    買取店から
    電話・メールでご連絡

  3. STEP3

    査定実施

  4. STEP4

    査定額を比較し
    売却先を決定

  • メーカー

  • モデル

  • 年式

  • 走行距離(km)

歴代モデル一覧 キャプティバ

※ 掲載しているすべての情報について保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格のため、掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。詳細は、メーカーまたは取扱販売店にてお問い合わせください。

/