サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > 釜山MS、過去最大規模で開催中!レポPART1

ここから本文です

釜山MS、過去最大規模で開催中!レポPART1

日本からフェリーでも気軽に渡れる国、韓国。釜山はその玄関口の都市でもある。釜山港からメトロで約50分、セントムシティ駅を出ると会場であるベクスコ(BEXCO)は目の前。ここで5月30日から6月8日まで、2014釜山国際モーターショーが開催される。知る限り、フランクフルトと並んで駅からの距離が最も近いモーターショー会場だ。「釜山港へ帰れ」を歌いきらない時間で会場に到着する。

■釜山では過去最大規模のショー

今回のテーマは"Ocean of Vehicles, Feeding the World"で、22社が211のクルマを展示する。入場料は8,000ウォン(約800円)。

韓国地場のメーカーとしてはヒュンダイ、キア、韓国GM、ルノー・サムスン、サンヨンの5社があるが、今回サンヨンは出展せず。唯一残った個性的なクルマをつくるメーカーなので楽しみにしていたのだけど。ちなみに、韓国には地場資本メーカーとしてヒュンダイ、キア、デウ、サムスン、サンヨンの5社があったが、現在はデウの乗用車がGM、商用車がインドのTATA、サムスンがルノー日産、サンヨンが中国上海汽車を経てインドのマヒンドラ&マヒンドラ傘下にあるので、ヒュンダイ-キアグループが唯一の地場資本メーカーだ。日系ではトヨタと日産が出展した。

【 関連記事:釜山MS、続報! 特派員レポートPART2
【 関連記事:釜山MS コンパニオン編 さすがの美女ぞろい

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します