現在位置: carview! > カタログ > アルファロメオ > 164 > レビュー・評価一覧 > 164QV こんな楽しいセダン アリ? アル...

アルファロメオ 164 「164QV こんな楽しいセダン アリ? アルファロメオといえばV6エンジン。その官能的なサウンドは所有したドライバーしか体験できない世界です。 164」のレビュー

ニックネーム非公開さん

アルファロメオ 164

グレード:特別仕様(MT) 1990年式

乗車形式:マイカー

評価

5

走行性能
-
乗り心地
-
燃費
-
デザイン
-
積載性
-
価格
-

164QV こんな楽しいセダン アリ? アルファロメオといえばV6エンジン。その官能的なサウンドは所有したドライバーしか体験できない世界です。 164

2010.10.17

総評
164QV こんな楽しいセダン アリ?
アルファロメオといえばV6エンジン。その官能的なサウンドは所有したドライバーしか体験できない世界です。
164シリーズでQVはSOHCエンジンを特殊な方法でDOHCに迫る性能を発揮しました。
デザインもピニンファリナでフロントフェンダーにさりげなくネームプレートがあったり、
シートのステッチが赤だったり、他の164とはちょっと違う雰囲気を醸し出していました。
シートの背もたれには、アルファロメオの押印が4席にあり格好良かったです。
満足している点
やはり、あのエンジンサウンドでしょう。ATでは味わえないレスポンスを備え、フォロロッと吼えるような排気音。
後期でDOHCになりQ4となりましたが、個人的にはQVのエンジン音が好きです。
ストラット角に対してキングピン角を変えてあり、直進状態にタイヤが向くように工夫されており
FF 3.0リッターながら直進安定性は良かったです。
164の中古車はあまり見かけなくなりましたが、もしQVがあれば一度所有してみてください。
色は白・黒・赤でドアパネルから下がガンメタのエアロを巻いていますので今風ではありませんが、斜め後ろから見た164はスタイリッシュですよ。
こんな美しいデザインの4ドアセダンはそうないと思います。
高速は得意領域です。ついついアクセルを踏んでしまいます。
不満な点
年式が古いですから電子デバイスはそれほど優れていません。
フロントの集中パネルがくせもので、こいつが壊れると結構な出費が掛かります。
あとQVは他の164よりエンジン搭載位置が低いので、エンジンマウントに負担がかかり、3個あるうち
オルタ付近のマウントがよくちぎれます。あとエンジントルクロッドのインシュレータもつぶれます。
オイルの消費は500km走行で約500ccです。ガソリン給油時に500cc足す感じですね。
足回りは、リアにオートレベライザーを装備しているので、外品ダンパーに交換できないのが残念です。
デザイン

-

走行性能

-

乗り心地

-

積載性

-

燃費

-

価格

-

故障経験

下記のリンクから「みんカラ」に遷移して、違反報告ができます。

「みんカラ」から、違反報告をする

アルファロメオ 164 レビュー・評価一覧

マイカー登録
アルファロメオ 164 新型・現行モデル