現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ルノーF1、「グリッド上で最強のドライバーラインアップ」とともに挑む開幕戦に期待

ここから本文です
スポーツ 2019.3.13

ルノーF1、「グリッド上で最強のドライバーラインアップ」とともに挑む開幕戦に期待

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ルノーF1チームのマネージングディレクターを務めるシリル・アビテブールは、2019年シーズン開幕を前にしたチームの固い団結と、おそらくはグリッド上で最強のドライバーラインアップを称賛した。

 ルノーは2018年夏に、7度のグランプリ優勝経験者であるダニエル・リカルドとの契約を獲得するという戦略上の成功を収めた。

    2019年F1第1戦オーストラリアGP、TV放送&タイムスケジュール

 リカルドをチームのスターとして存在させるためには多くの費用がかかったが、ルノーは数十億円単位という巨額の報酬を払うことを、ためらいはしなかった。

 リカルドのオーラと才能は、チームメイトのニコ・ヒュルケンベルグの確かな経験やスキルとも相まって2019年の大きな財産と見られており、今年のルノーは先頭集団のライバルたちに徐々に近づくべく、決意を固めている。

「初戦であるオーストラリアGPはシーズンの見せ場だが、今年はいつにもまして見ものだ。ダニエル・リカルドがチームからレースデビューを飾るのだから」とアビテブールは語った。

「我々は強い決意とともに、団結してオーストラリアGPに臨む。我々にはバルセロナでポテンシャルを示した新車がある」

「パワーユニットの性能は向上したし、ダニエルとニコからなる我々のドライバーラインアップは、おそらくグリッド上で最強のものだ。彼らがコース上で経験と才能を発揮することを、楽しみにしている」

「初戦については多くの期待があるが、特にダニエルにとっては母国GPでの、チームからのデビュー戦となる」

 すべてのチームはドライバーに力を注いでいるだろうが、ルノーのテクニカルディレクターを務めるニック・チェスターは、オーストラリアGPはアルバートパーク・サーキットが重要な要素なのだと主張している。
「シーズンを市街地コースでスタートするにあたっては、いくつかの課題がある。特に滑らかな路面の常設コースでテストをした後では、なおさらだ」とチェスターは語った。

「大抵の場合コースは金曜日には少々荒れており、グリップに欠ける。それにバンピーなサーキットなので、適切なセットアップを見出すのに苦労する」

「バルセロナでのテストと比べると、ドライバーとエンジニアはほとんどゼロからスタートしなければならないのだ」

 しかしながらチェスターは、ルノーが過去数カ月に行なってきたハードワークにより、新シーズンのスタートを切るうえでは確固たる基盤が生み出されたと考えている。

「我々には適切にバランスがとれたマシンがあるし、パッケージの主な特性を理解するための、膨大な量のデータも入手している」とチェスター。

「ドライバーたちが彼らのパフォーマンスを最適化できるよう、最善のセットアップも確認してきた」

「バルセロナでのテスト終盤ではすでにいくつかのパフォーマンス・パーツをマシンに装備している。それらはよく機能しており、メルボルンではさらにパーツを導入する予定だ」

「我々には、激しい戦いとなるシーズン序盤戦に向けて作られた強力なパッケージと開発プログラムがあるんだ」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します