現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ハリアーの目玉、PHEVモデルに620万円の価値はあるのか? ガチ&意外なライバルと比較した!

ここから本文です

ハリアーの目玉、PHEVモデルに620万円の価値はあるのか? ガチ&意外なライバルと比較した!

掲載 46
ハリアーの目玉、PHEVモデルに620万円の価値はあるのか? ガチ&意外なライバルと比較した!

PHEVのEV航続距離は93kmと十分なスペック
「トヨタ ハリアー」が9月に商品改良を発表しました。先進安全機能である「トヨタセーフティセンス」の歩行者検知機能を向上させたり、12.3インチのディスプレイオーディオを採用したりと、商品力が上がっていますが、注目はプラグインハイブリッド(PHEV)を新設定したことです。

しかも、プラグインハイブリッドであることをアピールせず、最上級グレード「Z」のいちバリエーションとして追加。パワートレインは非プラグインのハイブリッド仕様と基本的に同じ2.5Lエンジン+モーターでフロントを駆動、リヤは専用モーターで駆動するというE-Fourシステム(4WD)を採用しています。

RAV4が改良でフルデジタルメーター装備、PHVはZグレードに改名。先進機能追加や値上げ情報も

エンジンと前後モーターがフルパフォーマンスを発揮したときのシステム最高出力は225kW(306PS)。外部充電により93kmを走るというスペックはPHEVとして十分なもの。バッテリー総電力量は18.1kWhと発表されています。

>>トヨタ ハリアーハイブリッドの価格やスペックをチェックする
>>トヨタ ハリアーハイブリッドの専門家やユーザーのレビューをチェックする
>>トヨタ ハリアーの価格やスペックをチェックする
>>トヨタ ハリアーの専門家やユーザーのレビューをチェックする

プラグインハイブリッド同士だとハリアーはRAV4の1割増し
このスペックに見覚えがあるという人も多いかもしれません。システム最高出力とバッテリー総電力量はトヨタの同クラスSUVであるRAV4に設定されているプラグインハイブリッドと同じものとなっています。

半導体不足が顕在化する以前ですら、納期が年単位といわれるほど人気を集めた「RAV4 PHV」の価格帯は469万円~539万円だったことを思うと、ハリアーに設定されたプラグインハイブリッドが620万円という設定なのは、いかにも高価に思えます。

もっとも、RAV4も10月4日に商品改良を受け、最上級グレード「Z」のバリエーションとしてプラグインハイブリッドを用意するというラインナップに変わりました。新生RAV4プラグインハイブリッドの価格は563万3000円ですから、ハリアー・プラグインハイブリッドとの価格差は、約57万円。つまり1割増しということになります。

内外装のプレミアムな仕上げを考えれば、RAV4とハリアーのプラグインハイブリッドにおける価格差は妥当といえそうです。

ところで、ハリアーのハイブリッド4WDグレードの価格帯は、393万8000円~514万8000円で、プラグインはそのもっとも高価なグレードと比べて100万円以上高くなっていますが、非プラグインのハイブリッドはリヤに駆動モーターをもつ4WDであってもシステム最高出力は163kW(222PS)、プラグインは306PSで84馬力も大きいことを考えれば、むしろコスパはいいといえるかもしれません。

>>トヨタ RAV4ハイブリッドの価格やスペックをチェックする
>>トヨタ RAV4ハイブリッドの専門家やユーザーのレビューをチェックする

>>トヨタ ハリアーハイブリッドの価格やスペックをチェックする
>>トヨタ ハリアーハイブリッドの専門家やユーザーのレビューをチェックする

PHEVとほぼ同予算でランクル300のガソリンモデルも狙える
ところで620万円という予算で狙えるSUVには、どのようなものがあるのでしょうか。トヨタでいえば、「ランドクルーザー 300」の3.5L ガソリンターボの中間グレード「VX」が630万円なので予算感としては近いものがあります。もっとも、プラグインハイブリッドと本格クロカン4WDを横並びに比較するユーザーは少ないかもしれません。

>>トヨタ ランドクルーザー300の価格やスペックをチェックする
>>トヨタ ランドクルーザー 300の専門家やユーザーのレビューをチェックする

価格やキャラクターでライバルとなるのはCX-60
その意味では、価格帯とキャラクターが似ているのは「マツダ CX-60」でしょうか。新設計プラットフォームはエンジン縦置きのFRベースというのはハリアーとは異なりますが、2.5Lエンジンのプラグインハイブリッドという点では比較されてしかるべきライバルです。CX-60 PHEVの価格帯は、539万円~626万4500円。最上級グレードで見れば、価格的にもガチンコです。

>>マツダ CX-60 PHEVの価格やスペックをチェックする
>>マツダ CX-60の専門家やユーザーのレビューをチェックする

CX-60のプラグインハイブリッドについては、原稿執筆時点でEVモードでの航続距離やハイブリッド燃費など正式発表されていないスペックもありますので、コストパフォーマンスとして比較をするのは難しいのですが、車格的にはCX-60のほうが買い得感はありそうというが、現時点での印象です。ハリアーとCX-60のプラグインハイブリッドで迷うというユーザーは、これから増えていくのかもしれません。

>>トヨタ ハリアーハイブリッドの価格やスペックをチェックする
>>トヨタ ハリアーハイブリッドの専門家やユーザーのレビューをチェックする

>>マツダ CX-60 PHEVの価格やスペックをチェックする
>>マツダ CX-60の専門家やユーザーのレビューをチェックする

文:山本晋也
写真:
1~3枚目:ハリアー Z プラグインハイブリッド
4枚目:ハリアー Z ハイブリッドモデル
5枚目:トヨタ ランドクルーザー300 VX
6枚目:トヨタ RAV4 Z プラグインハイブリッド

こんな記事も読まれています

ホンダ新型「シティ」初公開! ド迫力「エアロ」仕様に「めちゃカッコいい」の声も! タイで発売の「“モデューロ”ハッチバック」に反響集まる
ホンダ新型「シティ」初公開! ド迫力「エアロ」仕様に「めちゃカッコいい」の声も! タイで発売の「“モデューロ”ハッチバック」に反響集まる
くるまのニュース
スーパーフォーミュラ鈴鹿テスト、最終セッションの最速は山下健太。岩佐歩夢とテオ・プルシェールは終盤にアタックせず
スーパーフォーミュラ鈴鹿テスト、最終セッションの最速は山下健太。岩佐歩夢とテオ・プルシェールは終盤にアタックせず
motorsport.com 日本版
【試乗】ステアリングとLSDの変更で「ロードスター」の走りが激変! レーシングドライバーに「欲しい!」と思わせるクルマが誕生した
【試乗】ステアリングとLSDの変更で「ロードスター」の走りが激変! レーシングドライバーに「欲しい!」と思わせるクルマが誕生した
WEB CARTOP
山下健太がトップタイム。移籍の福住仁嶺が続く|スーパーフォーミュラ公式合同テスト:2日目午後タイム結果
山下健太がトップタイム。移籍の福住仁嶺が続く|スーパーフォーミュラ公式合同テスト:2日目午後タイム結果
motorsport.com 日本版
【スクープ】スウェーデンの自動車ブランド「SAAB」ブランド復活の噂が!? 5人乗りの電動SUVは最大1000kmの航続距離を実現?
【スクープ】スウェーデンの自動車ブランド「SAAB」ブランド復活の噂が!? 5人乗りの電動SUVは最大1000kmの航続距離を実現?
LE VOLANT CARSMEET WEB
【スクープ】絶妙なボディサイズが魅力のコンパクト電動SUV! MINI話題の新型モデル「エースマン」を完全プレビュー!
【スクープ】絶妙なボディサイズが魅力のコンパクト電動SUV! MINI話題の新型モデル「エースマン」を完全プレビュー!
LE VOLANT CARSMEET WEB
ハイパープロのサスペンションに HAWK11/CL250用がラインナップ!
ハイパープロのサスペンションに HAWK11/CL250用がラインナップ!
バイクブロス
トランスフォームはしないけど…!?ハセガワ製プラモ「1967年型ビートル」がバンブルビーに変身!【モデルカーズ】
トランスフォームはしないけど…!?ハセガワ製プラモ「1967年型ビートル」がバンブルビーに変身!【モデルカーズ】
LE VOLANT CARSMEET WEB
ヒョンデの小型電動SUV『コナ・エレクトリック』、インドネシアモーターショー2024で現地導入を発表
ヒョンデの小型電動SUV『コナ・エレクトリック』、インドネシアモーターショー2024で現地導入を発表
レスポンス
上信道 吾妻西バイパスは3月20日に開通! 国道145号のアクセス向上に期待。
上信道 吾妻西バイパスは3月20日に開通! 国道145号のアクセス向上に期待。
くるくら
DSコレクション DS3に「感性豊かな旅の精神」を意味する「DS 3 Esprit de Voyage」を発売
DSコレクション DS3に「感性豊かな旅の精神」を意味する「DS 3 Esprit de Voyage」を発売
Auto Prove
スイス発 Speedbox 社製チタンボルトの新サイズがアクティブから発売!
スイス発 Speedbox 社製チタンボルトの新サイズがアクティブから発売!
バイクブロス
日産のアジア向けSUV『テラ』、2024年型をフィリピンで発表
日産のアジア向けSUV『テラ』、2024年型をフィリピンで発表
レスポンス
ルーキーらに雨の洗礼。赤旗3回のセッション1は、終盤タイムアップした牧野任祐が最速/鈴鹿公式合同テスト
ルーキーらに雨の洗礼。赤旗3回のセッション1は、終盤タイムアップした牧野任祐が最速/鈴鹿公式合同テスト
AUTOSPORT web
2024年スーパーGTのシリーズエントリーリストが発表。GT500、GT300計42台が参戦へ
2024年スーパーGTのシリーズエントリーリストが発表。GT500、GT300計42台が参戦へ
AUTOSPORT web
ステランティスジャパン、DS3の特別仕様車「エスプリ・ド・ヴォヤージュ」発売
ステランティスジャパン、DS3の特別仕様車「エスプリ・ド・ヴォヤージュ」発売
日刊自動車新聞
BSサミット、自動車メーカー連携「DMS」の実現を目指す組織活動をアピール…IAAE 2024予定
BSサミット、自動車メーカー連携「DMS」の実現を目指す組織活動をアピール…IAAE 2024予定
レスポンス
スズキ斬新「軽トラック 1人乗り仕様」実車展示! ハヤブサ“1300cc”エンジン搭載の「キャリイ」が凄い!? どんなクルマ?
スズキ斬新「軽トラック 1人乗り仕様」実車展示! ハヤブサ“1300cc”エンジン搭載の「キャリイ」が凄い!? どんなクルマ?
くるまのニュース

みんなのコメント

46件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

371.8620.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

39.8685.3万円

中古車を検索
ハリアーハイブリッドの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

371.8620.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

39.8685.3万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村