現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【初テスト】455馬力とパワフルだが同時に驚異的な燃費のボルボXC60 T8リチャージ

ここから本文です
【初テスト】455馬力とパワフルだが同時に驚異的な燃費のボルボXC60 T8リチャージ
写真を全て見る(1枚)

ボルボでは、T8という略称は、パワフルなプラグインハイブリッドを意味するが、ボルボXC60 T8プラグインハイブリッドは、あくまでも電気的に経済性を追求したモデルだ。

455馬力のジューシーなパワー!それはスポーツカーのようだ。しかし、ボルボは違う。スウェーデン人はこれをSUVに詰め込み、さらにエコマントで覆っているのだ。「XC60 T8リチャージ」は、内燃機関と電動モーターを組み合わせた典型的なプラグインハイブリッドシステムで、100km走行あたりわずか1.1(!)リットルのハイオクガソリンを消費することになっているのだ(リッターあたり約90km)。

記事全文を読む

こんな記事も読まれています

【F1チーム代表の現場事情:メルセデス】2026年まで復活は困難か。衰退ムードに歯止めをかけるべく奮闘するウォルフ
【F1チーム代表の現場事情:メルセデス】2026年まで復活は困難か。衰退ムードに歯止めをかけるべく奮闘するウォルフ
AUTOSPORT web
【MotoGP】アメリカズ3位のバスティアニーニ、タイヤ温存戦略がハマる「今週末には満足。マルティンとも良いバトルだった」
【MotoGP】アメリカズ3位のバスティアニーニ、タイヤ温存戦略がハマる「今週末には満足。マルティンとも良いバトルだった」
motorsport.com 日本版
車屋の息子、痛車をつくる!──東方地霊殿「霊鳥路空」×ダットサン280Z【オレの痛車、見てください#02】
車屋の息子、痛車をつくる!──東方地霊殿「霊鳥路空」×ダットサン280Z【オレの痛車、見てください#02】
くるくら
広島駅を最強にする「駅直結高速」整備で周辺も大変化! 「ダブル立体の下」開通でJRの踏切廃止へ
広島駅を最強にする「駅直結高速」整備で周辺も大変化! 「ダブル立体の下」開通でJRの踏切廃止へ
乗りものニュース
日本車は中国車に勝てるのか? 東南アジアでシェア拡大を狙う中国企業の強かさ
日本車は中国車に勝てるのか? 東南アジアでシェア拡大を狙う中国企業の強かさ
くるくら
三菱ふそう、バス運転手の派遣を事業化 「2024年問題」にハードだけでなく人も
三菱ふそう、バス運転手の派遣を事業化 「2024年問題」にハードだけでなく人も
日刊自動車新聞
日産が新「エルグランド」発売! 刷新で何が変わった? さらなる「プレミアム&VIP仕様」も! 408万から、販売店への反響は?
日産が新「エルグランド」発売! 刷新で何が変わった? さらなる「プレミアム&VIP仕様」も! 408万から、販売店への反響は?
くるまのニュース
もうすぐ日本でも発売! トヨタ新型「ランドクルーザー250」気になるリアシートの座り心地は? 長距離ドライブを楽しめる?
もうすぐ日本でも発売! トヨタ新型「ランドクルーザー250」気になるリアシートの座り心地は? 長距離ドライブを楽しめる?
VAGUE
最近、街でよく見かける300cc~350ccクラス! 特に気になった車種をピックアップします~小野木里奈の○○○○○日和~
最近、街でよく見かける300cc~350ccクラス! 特に気になった車種をピックアップします~小野木里奈の○○○○○日和~
バイクのニュース
5万円で買った三菱「ミニキャブ」をサンコイチで公道復帰! 25歳オーナーはホンダ「モトラ」や三菱「ジープ」も所有する猛者でした
5万円で買った三菱「ミニキャブ」をサンコイチで公道復帰! 25歳オーナーはホンダ「モトラ」や三菱「ジープ」も所有する猛者でした
Auto Messe Web
トヨタ『4ランナー』新型にオフロード向け仕様を設定…ハイブリッド搭載
トヨタ『4ランナー』新型にオフロード向け仕様を設定…ハイブリッド搭載
レスポンス
アップルがEV事業から撤退!! トヨタやホンダと協業の可能性も……国産メーカーが一蹴した驚きの戦略とは?
アップルがEV事業から撤退!! トヨタやホンダと協業の可能性も……国産メーカーが一蹴した驚きの戦略とは?
ベストカーWeb
【ヨシムラ】「サイクロン」にXSR125(24)、GSX-8S(23)、 GSX-8R(24)、ELIMINATOR(24)用が追加!カッコイイ!  
【ヨシムラ】「サイクロン」にXSR125(24)、GSX-8S(23)、 GSX-8R(24)、ELIMINATOR(24)用が追加!カッコイイ!  
モーサイ
ウイリアムズF1、育成加入の松井沙麗は「間違いなくスピードが強み」当面の目標はF1アカデミー昇格に
ウイリアムズF1、育成加入の松井沙麗は「間違いなくスピードが強み」当面の目標はF1アカデミー昇格に
motorsport.com 日本版
大自然を思いっきり楽しみたい! レクサスオーナー限定のアウトドア体験イベントを開催
大自然を思いっきり楽しみたい! レクサスオーナー限定のアウトドア体験イベントを開催
Webモーターマガジン
“ながーーい”トヨタ新型「ハイエース“SLWB”」発表! 全長5.9m超えの5列仕様! スーパーロングな「10人乗り」モデル馬で受注開始
“ながーーい”トヨタ新型「ハイエース“SLWB”」発表! 全長5.9m超えの5列仕様! スーパーロングな「10人乗り」モデル馬で受注開始
くるまのニュース
蘇った ”福野さんの” 365BB
蘇った ”福野さんの” 365BB
AutoBild Japan
バイク乗りのためのメガネフレーム「CARBURETOR/キャブレター」がオプティカル和光で販売開始!
バイク乗りのためのメガネフレーム「CARBURETOR/キャブレター」がオプティカル和光で販売開始!
バイクブロス

みんなのコメント

20件
  • >100km走行あたりわずか1.1(!)リットルのハイオクガソリンを消費することになっているのだ(リッターあたり約90km)。

    勿論、現実にそんな事は起きない。これは欧州でのPHEV優遇係数をかけた燃費値で、計算値でしかない。

    日本ではそのような優遇はせず、真のハイブリッド走行時の燃費値が表記されるルールで、14.3km/Lという、全然褒められない効率。

    重さとハイブリッドシステムの効率の低さから、悪いと言っても良いレベル。

    海外記事の翻訳なのは分かるが、脚注で何か注意書きくらいしておくべき記事。
  • 言葉が変
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

739.0839.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

21.5835.0万円

中古車を検索
XC60の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

739.0839.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

21.5835.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村