現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > メルセデスAMGが全方位死角なしの新型「SL」を公開。ソフトトップ&2+2シーターへの大変身

ここから本文です

メルセデスAMGが全方位死角なしの新型「SL」を公開。ソフトトップ&2+2シーターへの大変身

掲載 更新 10
メルセデスAMGが全方位死角なしの新型「SL」を公開。ソフトトップ&2+2シーターへの大変身

メルセデスAMGは10月28日(現地時間)、フルモデルチェンジした新型「SL」を世界初披露した。ファブリックルーフへの回帰、2+2への移行と話題満載のラグジュアリーオープンをさっそくチェックしていきたい。

メルセデスAMGが新たに開発を担当した新型SLは、軽量化のため先代・先々代と続いたバリオルーフを廃し、ソフトトップ化によりマイナス21kgの減量と低重心化を達成。もちろんファブリック製ルーフとはいえデイリーユースへの静粛性や耐久性への対策はしっかりとられており、450g/平方メートルという分厚い遮音材を挟み込んだ3層構造のトップは約15秒で開閉し、時速60km/hまで操作が可能となっている。

>>メルセデス・ベンツ SLの買い取り相場を見てみる

ボディシェルには完全新規開発の2+2シーター用アーキテクチャーを採用。軽量かつ高剛性なスペースフレーム構造を持つシャシーは、アルミニウム、マグネシウム、カーボンファイバー等の複合素材で構成され、ねじり剛性が先代比18%向上したほか、横剛性は「AMG GTロードスター」と比べても50%増という。また空力性能の目安となるCd値は0.31をマーク。さらに、フロントエプロンとグリル内には速度に応じて開閉する「AIRPANEL」を初搭載し、リフトの低減と冷却性の向上を両立している。

インテリアは初代SLをオマージュした「ハイパーアナログ」がコンセプトで、センターには角度調整式の大型タッチパネルを装備。シートはスポーティなヘッドレスト一体型となり、ネックエリアに温風を当てる「AIRSCARF」も全車標準となる。後席も2+2としては余裕があり、身長150センチまでの乗員に対応するという。

ローンチ時のパワーユニットは4.0L V8ツインターボのみとなり、SL 63 4MATICが最高出力585hp/最大トルク800Nm、SL 55 4MATIC+が同476hp/700Nmを発生。SLとして初めて駆動方式にAWDを採用し、0-100km/h加速は、それぞれ3.6秒、3.9秒となる。トランスミッションは全車9速ATだ。

このほか後輪操舵機構も搭載し、ダイナミック性能とハンドリングを向上してきた新型SL。ラグジュアリーオープンからスポーツカーへと原点回帰を果たしつつ、2+2化で既存の「Sクラスカブリオレ」ユーザーも取り込む構えだ。

こんな記事も読まれています

ホンダ『シビック』が新フェイスに、日本にないセダンもラインナップ…米2025年型
ホンダ『シビック』が新フェイスに、日本にないセダンもラインナップ…米2025年型
レスポンス
日産の「和製“高級”スーパーカー」! 大排気量“V8”搭載でめちゃ楽しそう! ド迫力ボディも超カッコイイ「インフィニティC VGT」とは
日産の「和製“高級”スーパーカー」! 大排気量“V8”搭載でめちゃ楽しそう! ド迫力ボディも超カッコイイ「インフィニティC VGT」とは
くるまのニュース
不動車のホンダ「ベンリイC92」をエンジンのプロがレストア!ポジション改善の為に加工したシートにより出来てしまったタンクとの隙間を埋める秘策とは? 【vol.12】
不動車のホンダ「ベンリイC92」をエンジンのプロがレストア!ポジション改善の為に加工したシートにより出来てしまったタンクとの隙間を埋める秘策とは? 【vol.12】
バイクのニュース
命にかかわるので要注意!! 高速道路の[トンデモない]落とし物
命にかかわるので要注意!! 高速道路の[トンデモない]落とし物
ベストカーWeb
アウディ A4、A4アバント、A5スポーツバックの傑作特別仕様モデルを発売
アウディ A4、A4アバント、A5スポーツバックの傑作特別仕様モデルを発売
Auto Prove
スズキ、軽乗用車「ハスラー」を一部仕様変更し、新たに「ハスラー タフワイルド」を設定して発売
スズキ、軽乗用車「ハスラー」を一部仕様変更し、新たに「ハスラー タフワイルド」を設定して発売
LE VOLANT CARSMEET WEB
イマでも「100万円台」から買える! “軽”じゃない「安く」て「運転楽しい」国産MT車3選
イマでも「100万円台」から買える! “軽”じゃない「安く」て「運転楽しい」国産MT車3選
くるまのニュース
カルロス・サインツJr.獲得競争に、ウイリアムズも参戦か? 現在は低迷も2026年以降に向け野心マンマン
カルロス・サインツJr.獲得競争に、ウイリアムズも参戦か? 現在は低迷も2026年以降に向け野心マンマン
motorsport.com 日本版
F1モナコGP、予選のクラッシュでベストタイム抹消の可能性? ドライバーたちが検討を求める
F1モナコGP、予選のクラッシュでベストタイム抹消の可能性? ドライバーたちが検討を求める
motorsport.com 日本版
たかが色! されど色! クルマのボディカラーが下取り査定に影響する理由
たかが色! されど色! クルマのボディカラーが下取り査定に影響する理由
WEB CARTOP
日車協連、大手損保4社に団体交渉申し入れ 指数対応単価引き上げへ 目標は17.5%超
日車協連、大手損保4社に団体交渉申し入れ 指数対応単価引き上げへ 目標は17.5%超
日刊自動車新聞
MT&ターボエンジン搭載! 日産「流麗スポーツハッチ」あった!? 全長4.3m“流麗デザイン”×「上質内装」採用! 登場期待された「若者向けモデル」とは
MT&ターボエンジン搭載! 日産「流麗スポーツハッチ」あった!? 全長4.3m“流麗デザイン”×「上質内装」採用! 登場期待された「若者向けモデル」とは
くるまのニュース
スーパーフォーミュラ車両使用の自動運転レース、日本開催の可能性は? 国内チームからはTGM運営のセルブスが参戦に興味
スーパーフォーミュラ車両使用の自動運転レース、日本開催の可能性は? 国内チームからはTGM運営のセルブスが参戦に興味
motorsport.com 日本版
ジープ『アベンジャー』に「4xe」、ハイブリッドのオフロードSUVとして登場…欧州発表
ジープ『アベンジャー』に「4xe」、ハイブリッドのオフロードSUVとして登場…欧州発表
レスポンス
【トライアンフ】国内最大級の正規販売店「トライアンフ埼玉川口」が6/22にグランドオープン!
【トライアンフ】国内最大級の正規販売店「トライアンフ埼玉川口」が6/22にグランドオープン!
バイクブロス
関東ー東北の「最も険しいルート」にズドンとトンネル 夢の“会津直結”なるか 壮大バイパス計画はいま
関東ー東北の「最も険しいルート」にズドンとトンネル 夢の“会津直結”なるか 壮大バイパス計画はいま
乗りものニュース
充電設備のないマンション住まいでも手軽に「EVライフ」ってできるの!? 中古EVを買って半年過ごしたオーナーの“ホンネ”とは
充電設備のないマンション住まいでも手軽に「EVライフ」ってできるの!? 中古EVを買って半年過ごしたオーナーの“ホンネ”とは
VAGUE
トヨタが「新型ランクル」開発!? 全長5m超え“スポーティ3列SUV”登場か モノコック採用の斬新「Se」とは
トヨタが「新型ランクル」開発!? 全長5m超え“スポーティ3列SUV”登場か モノコック採用の斬新「Se」とは
くるまのニュース

みんなのコメント

10件
  • コレじゃあSカブリオレとの差別化が出来ない。ダメですね(゚-゚)
  • 各社ソフトトップへ回帰してるね。

    なんせリトラクタブルハードトップは故障が多い上に作動途中で故障すると手動で格納も収納もできず二ッチもサッチもいかなくなる。修理代も30万~と高額。

    何よりオープン状態ではトランクルームほとんど使い物にならないから困る。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1342.01783.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

118.02310.0万円

中古車を検索
SLの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1342.01783.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

118.02310.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村