サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > メルセデスAMGが全方位死角なしの新型「SL」を公開。ソフトトップ&2+2シーターへの大変身

ここから本文です

メルセデスAMGが全方位死角なしの新型「SL」を公開。ソフトトップ&2+2シーターへの大変身

メルセデスAMGは10月28日(現地時間)、フルモデルチェンジした新型「SL」を世界初披露した。ファブリックルーフへの回帰、2+2への移行と話題満載のラグジュアリーオープンをさっそくチェックしていきたい。

メルセデスAMGが新たに開発を担当した新型SLは、軽量化のため先代・先々代と続いたバリオルーフを廃し、ソフトトップ化によりマイナス21kgの減量と低重心化を達成。もちろんファブリック製ルーフとはいえデイリーユースへの静粛性や耐久性への対策はしっかりとられており、450g/平方メートルという分厚い遮音材を挟み込んだ3層構造のトップは約15秒で開閉し、時速60km/hまで操作が可能となっている。

>>メルセデス・ベンツ SLの買い取り相場を見てみる

ボディシェルには完全新規開発の2+2シーター用アーキテクチャーを採用。軽量かつ高剛性なスペースフレーム構造を持つシャシーは、アルミニウム、マグネシウム、カーボンファイバー等の複合素材で構成され、ねじり剛性が先代比18%向上したほか、横剛性は「AMG GTロードスター」と比べても50%増という。また空力性能の目安となるCd値は0.31をマーク。さらに、フロントエプロンとグリル内には速度に応じて開閉する「AIRPANEL」を初搭載し、リフトの低減と冷却性の向上を両立している。

インテリアは初代SLをオマージュした「ハイパーアナログ」がコンセプトで、センターには角度調整式の大型タッチパネルを装備。シートはスポーティなヘッドレスト一体型となり、ネックエリアに温風を当てる「AIRSCARF」も全車標準となる。後席も2+2としては余裕があり、身長150センチまでの乗員に対応するという。

ローンチ時のパワーユニットは4.0L V8ツインターボのみとなり、SL 63 4MATICが最高出力585hp/最大トルク800Nm、SL 55 4MATIC+が同476hp/700Nmを発生。SLとして初めて駆動方式にAWDを採用し、0-100km/h加速は、それぞれ3.6秒、3.9秒となる。トランスミッションは全車9速ATだ。

このほか後輪操舵機構も搭載し、ダイナミック性能とハンドリングを向上してきた新型SL。ラグジュアリーオープンからスポーツカーへと原点回帰を果たしつつ、2+2化で既存の「Sクラスカブリオレ」ユーザーも取り込む構えだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら