現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 歴史の最後を飾ったエアロ武装モデル!アオシマ製プラモ「TRD JZX100チェイサー」を的確なモデリングで!後編【モデルカーズ】

ここから本文です

歴史の最後を飾ったエアロ武装モデル!アオシマ製プラモ「TRD JZX100チェイサー」を的確なモデリングで!後編【モデルカーズ】

掲載 2
歴史の最後を飾ったエアロ武装モデル!アオシマ製プラモ「TRD JZX100チェイサー」を的確なモデリングで!後編【モデルカーズ】

謂わば究極のチェイサー

JZX100型チェイサーをベースに、TRDのエアロパーツ一式を装備したチェイサーTRDスポーツに関して、前編の記事(下の「関連記事」参照のこと)では、その実車とアオシマ製プラモデルについて記述した。ここでは、ベースとなったチェイサーにについてもう少し詳しく述べていくことにしよう。

迫力のスポーツセダン、ここに蘇る!アオシマ製プラモ「TRD JZX100チェイサー」を的確なモデリングで!前編【モデルカーズ】

【画像42枚】ボディ塗装、シャシー、内装と、仕上がっていくスポーツを見る!

車種消滅からおよそ20年、今では懐かしい車名となってしまったトヨタ・チェイサーだが、全盛期には所謂ハイソカーの代表的存在・マークII三兄弟の中でも「スポーティ」を担う次男(?)として、ひときわ若々しい輝きを振りまいていたものである。その登場は1977年、3代目マークIIの兄弟車としてのデビューであった。当時の宿敵・スカイラインを倒すべく、それまでのマークIIでは不足気味だったスポーティ成分を補う存在として、その名に相応しくまさに追撃者として生まれたのが、チェイサーだったのである。

マークIIの前後デザインを変えた兄弟車にすぎないとは言え、グレードはオーナードライバー向けのものに限定し、ワゴンやバンもラインナップされないなど、その性格付けには注意が払われていた。二代目でもそれは同様で、さらに三代目からは4ドア・ハードトップ専用となり、五代目からはスポーティなツアラー系とラグジュアリーなアバンテ系の2モデル構成となるなどして、発展を続けたのであった。

ここでの本題となる六代目・X100型系は1996年9月に発表された。先代で展開されたツアラー/アバンテの2モデル構成はそのまま継承、シャシーなども引き継いでいる。ボディ形式はやはり4ドア・ハードトップ(ピラード)だが、デビュー時には「ダイナミックなスポーツセダン」を売り文句とした。マークIIとの差別化はこの世代ではかなり大きなものとなり、前後ともオーバーハングを短く採った(その差は全長で45mm)スポーティなプロポーションが特徴となる。

搭載エンジンは全て直6ツインカム24バルブとなり(ディーゼル除く)、3Lの2JZ-GE(最高出力220ps)を筆頭に、2.5Lターボの1JZ-GTE(280ps)、同ノンターボの1JZ-GE(200ps)、2Lの1G-FE(140ps)があり、さらに2.4Lディーゼルターボの2L-TE(97PS)を加えて、全部で5種類。サスペンションは前後ともダブルウィッシュボーンで、ツアラー系ではもちろんセッティングが固められている。

ツアラー系のラインナップはまずトップにツアラーVがあり、搭載エンジンの1JZ-GTEはこのモデル専用ユニットとなる。次いで1JZ-GE搭載のツアラーS、そして1G-FE搭載のツアラーで、合計3種類。トランスミッションは3グレードとも4速のオートマチックだが、フレックスロックアップ機構などに3グレードでそれぞれ違いがあり、またツアラーVのみは5速マニュアルも設定されていた。

外観上の特徴として、ツアラー系にはフロントはダークメタリックのグリル、リアは標準でリアスポイラーが装着されたが、アバンテ系でもスポイラーは装着可能であった。その他のエアロパーツとしては、フロントスポイラーやサイドマッドガードがオプションで用意されていた。インテリアはスポーツタイプ・シート(斜め柄の生地が特徴)やリアルカーボンパネルが、3グレード共通の装備となる。

生産終了までの変化はあまり大きくなく…
以後の変化をツアラー系にのみ限定して述べていくと、1997年4月には特装車としてTRDスポーツを発売。1998年8月にはマイナーチェンジで細部を変更、フロントグリルやテールランプなどのデザインを改めている。1999年1月には、全3グレードに特別仕様車グランデパッケージを設定。ボディカラーのクリスタルパールマイカのほか、木目調のインテリアパーツや専用表皮のシートなどを奢ったモデルであった。

2000年12月にはツアラーVとツアラーSに、やはり特別仕様車のリミテッドを追加。これはボディカラーのスーパーホワイトパールマイカや専用表皮のシートなどが特徴である。そして2001年6月、X100型系チェイサーは生産を中止。25年近いチェイサーの歴史にはここで終止符が打たれることとなったのである。

こんな記事も読まれています

ジムニーのルックスを一層精悍に! バックドアヒンジカバーからナンバー枠まで!【特選カーアクセサリー名鑑】
ジムニーのルックスを一層精悍に! バックドアヒンジカバーからナンバー枠まで!【特選カーアクセサリー名鑑】
レスポンス
急遽浮上した、フェルスタッペン”電撃”メルセデス移籍の噂。ウルフ代表はやんわりと否定「今最速はレッドブルだから、そっちを優先するんじゃないか?」
急遽浮上した、フェルスタッペン”電撃”メルセデス移籍の噂。ウルフ代表はやんわりと否定「今最速はレッドブルだから、そっちを優先するんじゃないか?」
motorsport.com 日本版
ステランティスジャパン、プジョー「508」を一部改良 デザインなど変更
ステランティスジャパン、プジョー「508」を一部改良 デザインなど変更
日刊自動車新聞
雪が積もって「コインP」から出庫できない! “不可抗力”でも駐車料金は「満額」支払うべき? 気になる回答とは
雪が積もって「コインP」から出庫できない! “不可抗力”でも駐車料金は「満額」支払うべき? 気になる回答とは
くるまのニュース
日産 商用バン「AD」が安全性アップ 踏み間違い衝突防止アシストを全グレード標準設定
日産 商用バン「AD」が安全性アップ 踏み間違い衝突防止アシストを全グレード標準設定
グーネット
ロールス・ロイス “地上の楽園”にちなんだオープンカー「アルカディア・ドロップテイル」披露
ロールス・ロイス “地上の楽園”にちなんだオープンカー「アルカディア・ドロップテイル」披露
グーネット
マクラーレンの開幕戦6位&8位は今後に向けた「良い兆候」とノリス。苦手傾向だったバーレーンに光明見出す
マクラーレンの開幕戦6位&8位は今後に向けた「良い兆候」とノリス。苦手傾向だったバーレーンに光明見出す
motorsport.com 日本版
ルクレール、ブレーキトラブルで表彰台争いができず「まともに走れる状態ではなかった」フェラーリ/F1第1戦
ルクレール、ブレーキトラブルで表彰台争いができず「まともに走れる状態ではなかった」フェラーリ/F1第1戦
AUTOSPORT web
トヨタ、レクサス「NX」を一部改良 剛性強化や足回り調整で走行安定性を改善
トヨタ、レクサス「NX」を一部改良 剛性強化や足回り調整で走行安定性を改善
日刊自動車新聞
日産「新発想キューブ」実車公開! “レトロ顔”に顔面刷新! メタルなバンパー&オシャブルー採用の「コンパクトワゴン」SETOとは
日産「新発想キューブ」実車公開! “レトロ顔”に顔面刷新! メタルなバンパー&オシャブルー採用の「コンパクトワゴン」SETOとは
くるまのニュース
【RQ決定情報2024】人気ユニットKOBELCO GIRLS&SARDイメージガールが決定
【RQ決定情報2024】人気ユニットKOBELCO GIRLS&SARDイメージガールが決定
AUTOSPORT web
ジープの小型SUV『アベンジャー』に「e-ハイブリッド」を設定
ジープの小型SUV『アベンジャー』に「e-ハイブリッド」を設定
レスポンス
懐かしい顔がパドックに帰ってきた。元F1エンジニアが設立したカーボンニュートラル燃料会社がザウバーのスポンサーに就任
懐かしい顔がパドックに帰ってきた。元F1エンジニアが設立したカーボンニュートラル燃料会社がザウバーのスポンサーに就任
motorsport.com 日本版
100台以上の参加!「A PITオートバックス東雲」が筑波で走行会を開催。チューニングの次はサーキットでの遊び方までバックアップしてくれます
100台以上の参加!「A PITオートバックス東雲」が筑波で走行会を開催。チューニングの次はサーキットでの遊び方までバックアップしてくれます
Auto Messe Web
絶好のドライブシーズン到来!輸入車が春ドライブにピッタリのワケ
絶好のドライブシーズン到来!輸入車が春ドライブにピッタリのワケ
グーネット
最高出力1300hpでハイパーカーの高みに猛ダッシュ!?走りもフォルムも刺激的な超級BEV「ヤンワンU9」がBYDからデビュー
最高出力1300hpでハイパーカーの高みに猛ダッシュ!?走りもフォルムも刺激的な超級BEV「ヤンワンU9」がBYDからデビュー
Webモーターマガジン
5シリーズ買うなら必見!人気の年式やおすすめグレードまで【人気のクルマ中古購入ガイド】
5シリーズ買うなら必見!人気の年式やおすすめグレードまで【人気のクルマ中古購入ガイド】
グーネット
女性ドライバーの増加が唯一の救い! トラックドライバー不足を生む3つの要因とは
女性ドライバーの増加が唯一の救い! トラックドライバー不足を生む3つの要因とは
WEB CARTOP

みんなのコメント

2件
  • なんかいつもこの手の記事の写真は
    微妙なアングル一枚しかないけど、
    もっと画像をつけてもええんやでw
  • 国太郎
    肝心のフロントが見えないよ
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

194.0347.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

45.9510.0万円

中古車を検索
チェイサーの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

194.0347.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

45.9510.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村